空から降りてくるものたち

音楽や文学、フィギュアスケート、仮想通貨などの雑記ブログです。思付いたことを、そのまま書いているような感じですが、よろしくお願いします。

【簿記3級】簿記とは?いったいどんな資格なの?

スポンサーリンク

 いよいよ新シリーズ開始です。会計的お仕事女子のあんが簿記3級について解説していきたいと思います。会計的お仕事女子のあんはもちろん簿記資格持っていますよ。日商簿記2級ですけどね。一般企業や会計事務所の会計職なら2級で十分なんです。もちろん3級も2級も一発合格でした!すいません、自慢です(;^_^A

 まずは簿記3級の基礎知識として、簿記とは何なのか、一体どんな資格なのか概要を記事にまとめていきたいと思います。

 それにしても、とうとう仕事のネタを出すことになってきました…ネタ切れではありません!仕事のネタですし、受験体験ももちろんありますので、かなり詳しくお話しできると思います。

 それでは、今日もよろしくお願いいたします。

f:id:LukasDecember:20180504154705j:plain

 

簿記資格の種類 

 なんと簿記の資格は一つではありません。主催団体によって種類があり、日商簿記、全商簿記、全経簿記など3種類あります。

  • 日商簿記…日本商工会議所が主催。
  • 全商簿記…公益財団法人全国商業高等学校協会が主催。
  • 全経簿記…公益社団法人全国経理教育協会。

 簿記の資格にはなんとご覧の3種類もあるのです。一番難易度が高く、就職や転職にも有利とされるのが日商簿記です。

 全商簿記は、おもに商業高校の学生が受験する簿記資格になります。難易度はこの中では一番易しくなっています。

 全経簿記は企業の経理職に就いた人が日商簿記の練習として受けることが多いそうです。難易度は日商簿記と全商簿記の中間くらいになっています。

 就職や転職の資格として目指すなら、日商簿記を選びましょう。たまに間違って日商を受けるつもりが違う種類の簿記資格を受けてしまった…なんて人がいます。みなsなんも気を付けてくださいね。

スポンサーリンク

 

簿記の役割とは

 簿記の役割は、ひとことで言えば商業企業の活動を帳簿に記録することです。商業企業の活動ですから具体的には売上や仕入れはもちろんのこと、会社の建物を作ったり、店舗や土地を購入したり、営業に必要な車を買ったりなど、お金がかかわる様々な企業の活動を帳簿に記録し整理していきます。

 

簿記で作る帳簿の種類~財務諸表

損益計算書

f:id:LukasDecember:20180504011501j:plain

 企業が1年間でどれだけのもうけを出したか分かるようにするのが、損益計算書という書類です。決算の時に作ります。

 企業がどれだけ儲かっているか、逆にどれだけの損失があるのか、その企業の1年間の経営状態を明らかにする書類です。よく新聞で純利益とか営業利益とかの言葉が出てきますが、この純利益や営業利益は損益計算書を作ることで求められます。

 

貸借対照表

f:id:LukasDecember:20180504011530j:plain

 企業が持っている資産や借金の量が分かるようにするための書類を貸借対照表と言います。企業の財務状態を明らかにするための書類です。これも決算の時に作ります。

 その企業が持っている土地や建物などの資産の額、逆に抱えている借金の額などが記載されます。その企業の基礎体力を見ることができる書類です。

 

 主な帳簿は上記の「損益計算書」と「貸借対照表」の2つですが、日々の取引の記録や、月末締めのため、決算の準備のために作る書類などはもっとたくさんあります。損益計算書や貸借対照表、その他の書類についてはとても重要なので、別の機会にもっと詳しくご紹介しますね。

 

財務諸表を作る時期

  損益計算書や貸借対照表などの財務諸表は1年ごとに作成します。ちなみにこの1年間を「会計期間」と言います。

 1年のスタートを「期首」終わりを「期末」と呼びます。スタートから終わりまでの期間を「期中」と言います。「期首」と「期末」は基本的にはその企業が自由に決めることができますが、簿記3級では1月1日~12月31日を会計期間として固定し、試験をすることが多いです。

 

 

日商簿記3級検定試験の時期

f:id:LukasDecember:20180504011740j:plain

 毎年6月、11月、2月の日曜日に行われるのが通例です。6月は第二日曜日に、11月は第3日曜日に、2月は第4日曜日に行われることが多くなっています。

 ちなみに今年の試験の日程ですが

  • 平成30年6月10日(日):1~3級
  • 平成30年11月18日(日):1~3級
  • 平成31年2月24日(日):2~3級

 ご覧のようになっています。2月だけは1級の検定は行われません。このような試験スケジュールになっているので、最初に受ける月で3級を取得し、その次の次の試験で2級を取得するというパターンが多いです。

 例えば、6月に3級を取り、2月に2級を取るという受験プランや、11月に3級を取り、翌年の6月に2級を取るといった感じです。

 簿記2級取得まで目指すのであれば、簿記3級の学習が生かせるうちに、一気に取得してしまう方がおすすめですよ。私も6月に3級、2月に2級というパターンで取りました。

 

日商簿記試験の受験料

  • 1級:7,710円
  • 2級:4,630円
  • 3級:2,800円

  意外とお安くないですよ。受験料を無駄にしないためにも、しっかり勉強してくださいね。

 

合格まではどのくらいかかるの?

  • 簿記3級:2ヵ月~3か月
  • 簿記2級:6ヵ月~8か月

 先ほど書きましたが、6月に簿記3級を取ってその後2月に簿記2級を取るという日程に合わせて学習していく方が多いのです。簿記3級の学習を4月から始めて2か月で合格というのがよくあるスケジュールです。なかには数週間で集中して学習し合格してしまう方もいますけどね。

 その後、2級の学習に継続して突入し、2級は6ヵ月~8ヵ月くらい学習期間をかける方が多いように思います。ちなみに簿記2級には3級には無い、工業簿記という工業製品の原価などを求める計算の試験もあります。

 

簿記3級の合格率

  • 第141回(平成27年11月):26.1%
  • 第142回(平成28年2月):26.6%
  • 第143回(平成28年6月):34.2%
  • 第144回(平成28年11月):45.1%
  • 第145回(平成29年2月):47.4%
  • 第146回(平成29年6月):50.9%
  • 第147回(平成29年11月):40.3%
  • 第148回(平成30年2月):48.9% 

 困ったことに、毎回難易度が一定という訳ではないのです…。ちょっと運が悪いと難しい回にあたってしまうこともあります。商工会議所さんも試験の難易度が一定になるように頑張っているとは思うのですけど、新傾向の追加などがあったときには、やはり合格率は下がる傾向にありますね。

 「絶対1回で合格したい!」という方はあまり出題されていない帳簿類も作成できるようにしておいた方がいいでしょう。

 

簿記3級は会計職の登竜門

f:id:LukasDecember:20180504011931j:plain

  簿記3級は合格率はそれほど低くはないですが、会計職の登竜門として捉えられています。簿記3級合格後は2級へ、その後税理士や公認会計士へとステップアップしていく方も多いです。

 会計職の方にとっては、キャリアアップを目指すには必須の資格です。将来性も高い資格と言えるのではないでしょうか。

 

 さて、今回は簿記3級の資格について概要をまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。簿記とはどんな資格なのか、大まかなイメージを掴んでいただけたのではないかと思います。簿記は会計職を目指す方にとっては必須の資格です!あんも同業として仲間が増えるのはとても嬉しいです!試験勉強頑張ってくださいね。

 独学ではなく、確実な簿記資格取得を考えている方は通信講座がよいですよ。私も通信講座で簿記2級まで取得しました。最近の通信教育は、メールで質問などができたりDVDで講義のVTRを見れます。講義のDVDは繰り返し何度も見れるので、個人的には通学講座より通信講座の方がおすすめです!

 試しに資料請求だけしてみても、簿記がどんな資格か情報を無料でもらえます。情報はたくさん集めておいて損はないですからね。また、就職の面接対策講座もありますので、就職・転職の際にも役に立つでしょう。

 公式HPはこちらです。よかったらどうぞ。

たのまな

 

 みなさんが良いご縁に巡り合え、順調にキャリアアップされていくことを祈っております。そのためには、簿記3級の試験突破を先ずは頑張りましょう!

 それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 この記事がみなさんの簿記資格取得の助けとなり、キャリアアップのお手伝いになれば嬉しく思います。簿記3級の試験突破を先ずは頑張ってくださいね!

 それでは、今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

<簿記関係の記事はこちらです。よかったらご覧ください。>

www.music-an.com