空から降りてくるものたち

音楽や文学、フィギュアスケート、仮想通貨などの雑記ブログです。思付いたことを、そのまま書いているような感じですが、よろしくお願いします。

【簿記3級】受かるコツ5つ~めざせ1発合格!

スポンサーリンク

 当ブログにお越しいただき、ありがとうございます。会計的お仕事女子のあんがお送りする簿記3級シリーズ記事です。今回は簿記3級の合格のコツを5つご紹介します。私は日商簿記2級と3級をもっているのですが、私の受験体験から感じた受かるコツなどを交えてお話していきたいと思います。

 簿記3級の検定試験は合格率約40%です。効率的に勉強して出来るだけ短期間で確実に合格したいですよね。

 それでは、今日もよろしくお願いいたします。

f:id:LukasDecember:20180513192841j:plain

 

受かるコツ①お金の流れをイメージしながら学習

f:id:LukasDecember:20180513164609j:plain

  簿記3級は個人商店を経営していく中でのお金の流れをどのように帳簿に記録していくかを問われる資格です。その記録をするときに行う作業を仕訳と言います。ですから、商品を仕入れて現金を支払ったり、商品を売って売上を現金で受け取ったりという流れを頭の中でイメージしながら仕訳することが受かるコツになります。

 実際の取引場面がどのような流れで行われているか、想像できるようになると仕訳もしやすいという訳です。そのためには、自分がその個人商店を経営しているつもりになって簿記の学習をするといいでしょう。

 自分事として考えると不思議と場面のイメージがしやすくなります。単なる暗記でも、もちろん合格はできますが、取引場面をイメージできる方が記憶の定着も確実ですし、実際に仕事に就いてから帳簿を付けるときにも役立つはずです。

 

受かるコツ②最初は速さよりも正確さを重視

f:id:LukasDecember:20180513164942j:plain

 試験には時間制限がありますから、最終的にはもちろん帳簿作成や仕訳の速さを求められます。しかし、実際に仕事に就いてから帳簿がボロボロでは資格を取った意味がありません。

 また、最初の仕訳を間違えると連鎖的に間違いが発生してしまうこともあります。そうなると、試験でも最終チェックをしていくときに、間違いを見つけることが難しくなってしまいます。

 ミスは少ないほうが最終チェックに掛かる時間も少なくて済みますし、修正も最小限で済みます。ですから、最初のうちは問題文をしっかりと読んで実際の取引場面のイメージをもち、正確に仕訳することに重点を置きましょう。

 仕訳に慣れてくると帳簿作成の速さは自然と上がってきます。受かるコツとしては最初から速度アップはねらわず正確さを重要視しましょう。その方が最終的には速度アップにもつながるのです。

 

受かるコツ③借方、貸方と損益計算書と貸借対照表の構成を覚える

 簿記でもっとも多く行う作業が仕訳です。仕訳とは先ほどもちょっと書きましたが、取引を簿記の帳簿に記入するために行う作業のことです。

 例えば「商品を現金300,000円で売った」という取引を帳簿に記録するとします。その場合、次のような仕訳を行います。

  • 借方 現金 300,000  貸方 売上 300,000

 このように、取引をいくつかの要素に分解(仕訳)して帳簿に記録するのが簿記の特徴です。分解は左側と右側に行われます。簿記では左側を借方(かりかた)、右側を貸方(かしかた)といいます。これは決まりなので覚えるしかありません。

 また、簿記で扱う帳簿は複式簿記といいます。上の例だと家計簿の場合は収入の欄に金額を記入するだけで終わりますが、複式簿記ではその収入の性質が分かるように分解(仕訳)して記録します。これは、簿記の最終目標が、損益計算書と貸借対照表という2つの帳簿を決算で作成するためです。

 ちょっと詳しくご説明しますと、先ほどの仕訳では現金が借方(左側)に入りましたが、これは貸借対照表の左側に現金が記載されるので借方(左側)に仕訳されます。また、売上は損益計算書の貸方(右側)に記載されるので貸方に入るという仕組みになっているのです。

 そんなわけで、仕訳を素早く正確にするために損益計算書と貸借対照表の構成をまずは覚えるのが受かるコツとなります。

 

貸借対照表の構成

f:id:LukasDecember:20180504011530j:plain 

  • 借方(左側)に「資産」
  • 貸方(右側)に「負債」と「純資産」

 この貸借対照表の配置を覚えないと簿記の基本である仕訳ができませんので、絶対に覚えてくださいね。「借方は資産…」と文章で覚えるよりは上の図を何も見ないで描けるようになるまで、ボックス図を何度も描いた方が覚えが数段速いと思います。イメージで覚える方が記憶はしっかり定着しますよ。

 ちなみに、「資産」の代表例は現金の増加や建物などです。「負債」の代表は借入金の増加ですね。「純資産」というのは資本金など、会社を立ち上げるときに必要な資産のことです。

 

損益計算書の構成

f:id:LukasDecember:20180504011501j:plain

  • 借方(左側)に「費用」と「利益」
  • 貸方(右側)に「収益」

 こちらの損益計算書の配置も絶対暗記です!こちらも、上の図を何も見ないで描けるようになるまで、ボックス図を何度も描いて覚えましょう。

 ちなみに、「費用」の代表例は仕入などです。「利益」の代表は当期純利益ですね。「収益」の代表は売上です。

 

 貸借対照表と損益計算書に出てきた「資産」や「負債」「純資産」「費用」や「利益」「収益」にどんなものがあるのか詳しく知りたい方は、こちらの記事を参照してください。

www.music-an.com

 

 貸借対照表と損益計算書の構成を覚えると、仕訳するときに使う勘定科目(現金や売上など)が借方か貸方のどちらに入るかすぐにイメージできます。また、知らない勘定科目が出てきてもその言葉のイメージから貸借対照表や損益計算書のどこに位置づけられるのか予想できるので、勘定科目の暗記が効率的にできるようになりますよ。

 簿記の学習で、よくみなさんが迷うのが、勘定科目を先に覚えるか、貸借対照表と損益計算書を先に覚えるかという部分です。貸借対照表と損益計算書の構成を先に覚える方が絶対に効率的に学習が進みます。これが一番の簿記3級に受かるコツです。

 

受かるコツ④電卓はしっかりしたものを買う

  最終的に簿記の試験に受かるには、正確さと速さの両面を求められます。速さについては慣れももちろん必要ですが、物で補える部分は即効性があるので、是非良い電卓を使ってください!たまにスマホの電卓で受験している方もいますが、電卓を使いこなせるほうが受験では絶対に有利です。スマホの電卓ですと、どんなに打ち慣れても速さに限界がありますからね。

 ちなみに、私がお仕事で使っている電卓はこちらです。簿記3級の受験の時から使っています。

  こちらは税計算ができる本格的なものです。税理士や会計士まで目指す方は買っておいて損はないですよ。

 「ここまで必要ない」という方はこちらの電卓がおすすめです。

カシオ 本格実務電卓 デスクタイプ 12桁 DS-12WT-N

カシオ 本格実務電卓 デスクタイプ 12桁 DS-12WT-N

 

  個人的に電卓はCASIOがおすすめです!キーが打ちやすくてタッチの感触がよく、最終的な計算の速さが全然違いますよ。他社の物も試しにいくつか使ってみたことがありますが、やっぱりCASIOが一番でした。

 実務でもエクセルや会計ソフトを使うまでもないちょっとした計算の時に意外と使いますから、簿記3級合格だけでなく、会計関係への就職まで考えている方は絶対に良い電卓を買いましょう!

 

受かるコツ⑤定期的に過去問を解く

 過去問を解いていくと、次のようなメリットがあります。

  • 過去問を解いて出題傾向がつかめる。
  • どのくらいの速さで解いていけばいいのか時間配分の感覚がつかめる。

  これは試験対策に当てはまる部分ですね。簿記3級の試験は出題傾向が毎回あまり変わりません。数字などの内容を変えてきますが、作る帳簿は同じことが多いです。

 ですから、過去問を徹底的に解いて出題傾向をつかみましょう。でも、過去問を解き始めるのは、ある程度簿記の学習に慣れてきて、仕訳がスムーズにできるようになってからにしてくださいね。まったく知識がないのに過去問から始めても、どうしてそうなるのか分からないので、歯が立ちません。

 また、試験なのでもちろん制限時間があります。過去問を解くときには時間を図って解くようにしましょう。そうすると、実際の試験でどの問題にどれくらい時間をかけるか、最終チェックにどのくらい時間をとれるのかなど、時間配分が分かります。ペース配分って試験に受かるためにはかなり大切です。

 時間配分が分かると、想定外の問題に遭遇したときにも、どの程度時間をかけていいのか、他の問題とのバランスから考えることもできるので、イレギュラーな事態に対しても強くなりますよ。万が一イレギュラーがあっても絶対合格したいですよね。

 過去問の傾向と対策についての詳しい記事はこちらです。

www.music-an.com

 過去問のAmazonリンクも貼っておきますね。参考にどうぞ。

合格するための過去問題集 日商簿記3級 '18年6月検定対策 (よくわかる簿記シリーズ)

合格するための過去問題集 日商簿記3級 '18年6月検定対策 (よくわかる簿記シリーズ)

 

 

 さて、今回は簿記3級に受かるための5つのコツをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。「これから簿記を学習し始めます」という方の参考になるように書いてきたつもりです。もっと詳しいことはさらに記事を追加していきたいと思いますので、またよろしくお願いいたします。

 「ちょっと大変そうだな…」と思った方は、独学ではなく通信講座もよいですよ。私も通信講座で簿記2級まで取得しました。最近の通信教育は、メールで質問などができたりDVDで講義のVTRを見れます。講義のDVDは繰り返し何度も見れるので、個人的には通学講座より通信講座の方がおすすめです!

 試しに資料請求だけしてみても、簿記がどんな資格か情報を無料でもらえます。情報はたくさん集めておいて損はないですからね。また、就職の面接対策講座もありますので、就職・転職の際にも役に立つでしょう。

 公式HPはこちらです。よかったらどうぞ。

たのまな

 さらに、手軽に始めてお安く済ませたい方はオンライン通信講座がおすすめです。興味がわいてきたら是非公式HPだけでもご覧になってみてはいかがでしょうか。無料体験もできますよ!公式HPはこちらです。

 オンライン通信講座の解説記事もありますので、よかったらどうぞ。

www.music-an.com

 みなさんが簿記3級に合格して会計職の扉をたたくお手伝いができれば嬉しいです。会計職を盛り上げていきましょう!

 それでは、今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

<簿記関係の記事はこちらです。よかったらご覧ください。>

www.music-an.com

www.music-an.com