簿記で就職や転職できる仕事【何級がどんな仕事に有利?】1級,2級,3級別解説

簿記で就職してから使う電卓

  会計的お仕事女子のあんがお送りする簿記資格シリーズ記事です。簿記資格取得を目指す方は、お仕事や転職や就職に生かそうと考えている方がほとんどですよね。そんな場合…

  • 日商簿記3級でも経理に就職や転職はできるの?
  • 日商簿記2級をもっていればどんな仕事に就けるのかな?
  • 日商簿記1級で就職できるのはどんな仕事?
  • 日商簿記の何級をもっていれば就職活動は有利になるの?
  • 日商簿記の資格をもっていれば正社員になれる?
  • 日商簿記1級、2級、3級を生かせる就職先は?

 などのようなことが大変気になるかと思います。今回は私の簿記資格受験の経験や転職経験などをもとにして、詳しく解説していきます。私は日商簿記2級と3級をとって他の職種から経理職に転職しましたので、信頼性の高いお話ができるかと思います。

 簿記をもっていると、どんな仕事に就職や転職ができるのか、分かりやすいように級別にまとめました。今回の記事を参考にされて、簿記資格を取得し、キャリアアップや就職、転職、再就職などを果たしてください!

 それでは、よろしくお願いいたします。

目次(タップできます)

簿記で就職や転職に有利なのは日商簿記だけ!

 詳しい解説の前にちょっと注意事項です。簿記の資格の種類は実は1種類ではありません。試験の主催団体によって簿記資格は日商簿記、全商簿記、全経簿記と3種類あります。

 しかし、就職や転職で有利になるのは日商簿記だけです。その分、難易度も他の簿記検定より高いのですけどね。就職や転職に生かすために簿記資格取得を考えている方は絶対に日商簿記にしましょう。注意してくださいね。

 

簿記が就職や転職の役に立つ仕事や業種

 まずは簿記の資格が役に立つ仕事や業種をざっとですが見てみましょう。

  • 一般事務
  • 企業の経理部門
  • 会計事務所
  • 税理士事務所
  • 営業職
  • 製造業
  • 金融
  • 商社
  • コンサルティング会社

 どうでしょう?予想より多いのではないでしょうか。簿記と聞くと、会計関係の仕事への就職が真っ先に浮かぶかと思いますが、簿記の資格を持っていると企業の財政状況が数値で分かるようになるため、簿記の資格が就職や転職に役に立つ仕事は意外と幅広くなります。

 簿記の資格をもっていると、「取引先の財務諸表を読むことができる」「自分の会社がどのような状態か把握できる」など、簿記の知識は業種・業界に関係なく、あらゆるビジネスシーンで役立ちます。

 取引先の財務諸表を読むことができれば、それを材料に取引先に合わせて営業をかけることができます。金融関係の仕事であれば融資をするかどうかの判断にも生かせます。財務状況を読めますのでコンサルティング的な業務も可能です。

 また、簿記2級では工業製品の原価を計算する工業簿記も学びますので、製造業に就職して原価計算などを行う仕事に就くこともできるでしょう。 

 このように幅広く就職や転職に役立つ簿記の資格ですが、簿記の資格を取って就職や転職を目指す方は、経理などの会計関係の仕事を目指す方が多いと思います。

 そこで今回の記事では、経理などの会計関係の仕事に就職や転職することに絞ってお話を進めていきたいと思います。

 

簿記が想定している企業規模から転職・就職先を考える

 では、簿記の資格がどのような規模の企業に求められるのかをご紹介していきたいと思います。日商簿記は1級、2級、3級とありますが、それぞれの簿記の資格がどの程度の企業規模を想定しているかを先ずは知っておきましょう。

 そうすることで、自分が就職や転職したい企業の規模から、簿記を何級まで取っておいた方がいいのかの予想することができます。

 簿記資格取得の前に就職活動の準備として、あらかじめ何級の簿記資格をもっていることが就職の条件になるかなど、求人動向を調べておきたい方はミイダスというサイトがおすすめです。私も現在の経理職への就職活動をするときに使いました。

 公式HPはこちらからです。

適性検査LP

 

簿記3級は小規模株式会社

 日商簿記3級が想定している企業規模は小規模の株式会社です。以前は個人事業主でしたが実務重視の新傾向が採用され、個人事業主から小規模株式会社へと変更になりました。小規模株式会社なので、仕訳という日常的なお金に関する企業活動の記録と簡単な決算書類の作成がメインとなります。

 簿記3級での出題科目は商業簿記の1科目だけになっています。

 

簿記2級は中規模株式企業

簿記2級で就職や転職できる中小企業

 簿記2級の出題科目は、商業簿記と工業簿記の2科目です。簿記2級は中規模企業での経理業務を想定しています。

 ですから簿記3級の学習内容に加えて、株式に関する業務や連結決算時の業務などについての学習が加わります。また、簿記3級との大きな違いに、工業簿記という分野が入ってきます。

 工業簿記は製造メーカーが製品を作るときの原価計算をするものです。原価が分かると利益もはっきりしますよね。簿記2級の原価計算はそれほど難しくないですが、簿記2級の試験を突破するときにも、この原価計算が出来るかどうかが大きなポイントとなります。

 また先ほど少し触れたように、新傾向の問題として、簿記2級でも1級対象であった連結決算の分野が一部降りてきました。中規模の企業でもグループ企業化しているところもありますしね。実務重視の傾向がより強まったと言えるでしょう。はっきり言って簿記2級は問題がかなり難しくなってきています。

 簿記2級の想定企業規模が中規模の株式会社ですから、簿記を生かして正社員への就職や転職を考えるなら簿記2級まで取得しておくことをおすすめします。簿記2級まで取得するなら、独学より通信講座を利用して簿記3級からしっかり基礎固めをしたほうがいいですよ。

 簿記2級の難易度を甘く見てはいけません。しかし、計画的に学習を続け、継続的に努力できる方ならほぼ確実に取得できる資格でもあります。

 

 簿記の通信講座の徹底比較記事もありますのでどうぞご覧ください。

www.music-an.com

 

簿記1級は東証1部上場のような大企業

簿記1級で就職や転職できる大企業のビル

 簿記1級になると想定する企業は上場企業のような大企業です。簿記2級までの決算処理は基本的に1社内のみでの決算業務か簡単な連結決算の知識が一部問われる程度ですが、簿記1級になると、グループ会社全体の決算処理を行う連結決算業務に関する問題も本格的に入ってきます。

 子会社を多く持つ企業などの経理業務が対象となってくるわけです。簿記1級の出題科目は、商業簿記・工業簿記・会計学・原価計算の4科目です。2級とは比べものにならないほど難しい内容になってきます。

 また、外貨換算会計と言って、海外の企業との取引も視野に入れた問題も出題されます。簿記1級だと企業規模がかなり大きくなりますね。

 

簿記3級で就職・転職できる仕事

  • 中小企業の経理補助職
  • 大企業の経理補助職(派遣社員)

 日商簿記3級は小規模株式会社を想定していますので、中小企業の経理への就職や転職が考えられます。

 ただし、日商簿記3級で大企業への経理補助職に就職するには派遣社員での就職となる求人がほとんどです。実際気に経理での就職求人を調べてみると、簿記3級で募集しているのは派遣での就職が多いのが分かるはず。

簿記3級で派遣の経理として就職した女性

 しかし、経理などの会計職は実務で経験を積んでいった方が重宝されます。会計のお仕事はいつも試験のように決まったことばかりではありませんからね。イレギュラーももちろん発生します。そのようなときの対応を学ぶには資格を持ちつつ現場で経験を積むことも大切です。

 ですから、簿記3級をとって派遣で就職して実務経験を積み、簿記2級を取得してから正社員として就職するというのはいい転職方法なのです。派遣社員であれば簿記3級でも大企業への就職が狙えますからね。

 簿記3級から派遣社員で就職して経理の実務経験を積み、キャリアアップを考えている方は、未経験者OKの求人に強いウィルオブという派遣会社がおすすめです。 

  • 創業22年の東証一部上場企業「ウィルグループ」のグループ会社の安心感
  • 全国の業界大手企業の求人多数。
  • 全国で1%程度しか認定されていない「優良派遣事業者」の認定を受けている
  • 経験者、未経験問わず仕事を紹介

 と経理未経験者とって嬉しい特徴があります。経理未経験から経理派遣に就こうと考えている方は登録しておきましょう。

 また経理経験者にとっても「有料派遣事業者」の認定を受けている安心感や大手企業の求人が多いところが魅力になるかと思います。

 

 また、第二新卒やフリーター、社会人未経験の方々向けの就職求人を扱うサイトもあります。リクナビやリクナビネクストでおなじみのリクルートキャリアが運営する就職求人紹介サイト就職Shopです。就職Shopの特徴は…

  • 経験よりも人物重視の選考なので、書類選考なしの求人が多い。
  • 採用後にしっかり育成をしたいという企業の求人が多い。
  • 求人企業は全て取材し、職場の雰囲気や働き方の情報を集めている。
  • 事務や企画、技術系の職種での募集が多数ある。
  • 内定者の4人に3人は正社員未経験
  • 社会人経験のない方の就職あっせんの実績も多数。
  • 未経験から正社員への就職を目指す方に向けた求人も多い。

 と、こちらも経理未経験で経理への就職を目指す方々にとって心強い求人サイトになっています。経理未経験で経理職への就職を考えている方はこちらも登録しておくべきです。

 

 抱えている求人内容は派遣会社や就職求人サイトによって違いますから、派遣会社や就職求人サイトは複数登録しておいた方がよりよい求人を見付けることができます

 ちなみに、経理事務に派遣で就職するメリットやデメリットについてまとめた記事や未経験から経理事務に就職や転職する方法をまとめた記事もありますので、良かったらご覧ください。

www.music-an.com

www.music-an.com

 

簿記2級で就職・転職できる仕事

  • 中小企業の経理や会計職(正社員)
  • グループ企業化していない大企業の経理職(正社員)
  • 税理士や公認会計士の会計事務所(正社員)

 簿記2級の想定している企業規模は中規模中小企業です。ですから、中小企業の経理職への就職を狙っていくといいでしょう。

 ただし、就職や転職では実務経験者の方が優遇されますから、簿記3級を取って派遣で実務経験を積んでおくのはやはり必要かなと思います。

 しかし、最近の人手不足の影響か、転職サイトでは未経験歓迎で簿記2級をもっていれば経理職(正社員)への応募はOKという企業が増えてきているのも事実です。私が経理職に就職した頃には考えられませんでしたが…。人手不足の今は経理への就職のチャンスかもしれません。

簿記2級で会計事務所に就職した男性

 なかでも特に、グループ企業化はしておらず、知名度がそれほど高くないが、販売や製造のシェアが高い中規模~大企業の正社員経理職もおすすめです。グループ企業化していないので、連結決算業務がそれほど煩雑ではありませんから簿記2級でも対応可能です。また、このような企業は本業の経営状態が良好な場合が多いですから、就職や転職先としてはかなりおすすめとなります。

 また、簿記2級所持の条件でよく就職や転職の求人を見かけるのが税理士や公認会計士の事務所の会計事務です。税理士事務所や会計事務所へは簿記2級を持っていれば未経験で会計補助職として就職できるところがけっこうあります。

 簿記は税理士や公認会計士への登竜門でもありますから、最終的に税理士や公認会計士を目指す方は税理士事務所や会計事務所に就職や転職するのもいいでしょう。

 実務経験を積みながら税理士や公認会計士を目指すことができます。ただし、税理士と公認会計士の試験はかなり難関ですから、覚悟は必要です。

 簿記2級を既にお持ちの方や、これから簿記2級を取得予定の方はマイナビエージェントという転職サイトがおすすめです。マイナビエージェントの特徴は…

  • 業界大手の安心感と求人数の多さ
  • 自分で求人を探さなくても自分に合った求人を提案してくれる。
  • 経理を中心とした管理部門の専任チームがある
  • 経理業務を理解した専任チームが経理特有の転職時期やアピールポイントなどをサポートしてくれる

 といった大手の強みと専任チームによる職種特化サイトの両方のいい面を持っているところです。

 大手の強みを生かし求人数も多いので、経理未経験者にも親身に対応してくれます。簿記2級で経理(正社員)の就職や転職を考えている方は、登録必須の転職エージェントです。

人材紹介・転職なら「マイナビAGENT」

 

 では次に、簿記資格取得後の就職や転職の計画の代表的な例を見てみましょう。

日商簿記2級・3級取得後に正社員を目指す就職、転職計画の例

  1. 簿記3級を取って派遣社員の経理として就職
  2. 実務経験を積みながら簿記2級を取得して正社員に転職
  3. または簿記2級まで取得してから税理士事務所や会計事務所、派遣社員の経理で実務経験を積む
  4. その後一般企業の経理職へ正社員として転職
  5. さらに税理士資格を取得して税理士事務所に就職、または独立

 税理士事務所や会計事務所に就職するメリットは、経理や会計関係の仕事しか扱わないところです。特に帳簿整理だけでなく決算業務に多く関わることができますから、かなり経理職としての実力が上がります。

 ただし、会計事務所や税理士事務所は激務のところが多いので、実務経験を積むために短期間だけと割り切って就職したほうがよいでしょう。しかし、税理士事務所で頑張れるようならば、税理士資格を取得して独立を目指すという道も考えられます。ただし、かなり険しい道のりであることは覚悟しておいてくださいね。

 時間的に余裕をもちながら実務経験を積むのであれば、派遣社員での就職の方がいいと思います。私の場合は簿記3級取得後に派遣社員で経理の仕事に就職し、仕事をしながら簿記2級を取得。その後、規模が大きめの企業の経理正社員へ転職という道を進みました。

 

簿記1級で就職・転職できる仕事

  • 上場企業の会計職や将来の会計管理職候補
  • 税理士を目指し独立開業への第1歩

 簿記1級資格保持者を対象とした就職や転職求人の多くは、上場企業の経理職や会計職になります。

 しかし、ここでも就職・転職には実務経験を求められることが多いです。特に簿記1級所持の場合は、子会社を持つ大企業が求人をしていることが多いですから、連結決算処理の実務経験がある方が重宝されます。

簿記1級で就職できる大企業のビル内部

 簿記2級まで取り、中小企業や会計事務所、税理士事務所で経験を積んでいきながら簿記1級を取得。その後、子会社もあるような中小企業で連結決算の実務経験もして大企業への転職を目指すというのが理想的な転職やキャリアアップ計画になるでしょう。

 また、簿記1級は税理士試験の受験要件にもなっています。(大学の専攻によっては例外あり)税理士になり独立を目指す方は、簿記1級までの取得も視野に入れておきましょう。

 また、経理職への就職は年齢が上がってくると実務経験無しでは厳しくなってきますが、「簿記1級をもっていれば、未経験で多少年齢が高くても派遣でなら就職先に困らない」とも言われています。難関資格ではありますが、定年後の再就職を考えている方は簿記1級まで目指してみるのも手です。

 

 以上のように実務経験者が重宝される経理職ですが、最近の人手不足の傾向もあって、未経験でもOKという求人が増えてきています。先ずは簿記3級や2級を取得して就職や転職活動に備えましょう。

 また、先ほど少々お話したように転職サイトなどに登録して、求人情報を探ってみるのも大事です。

 私はミイダスというサイトを利用しました。ミイダスのいいところは…

  • 職務経歴書などの入力は、ほぼ選択式なので登録がとっても楽
  • 転職別、年齢別、学歴別の年収データ(200万人以上)がすべて公開されているので、どんな人が、どんな仕事に転職できたかが分かる。
  • 職種別、年齢別、学歴別の転職実績が公開されているので、どんなキャリアの人材が転職できているのか知ることができます。
  • 適性チェックで自分のセールスポイントが分かる。

 以上のような特徴がありますので、就職や転職の計画を立てるのにはちょうどいいサイトです。「とりあえず自分にどんな求人の可能性があるのか」「簿記の資格を持っているとどんな求人があるのか」などを知りたい方にもぴったりです。よかったら使ってみてください。

 公式HPはこちらからどうぞ。

適性検査LP

 

簿記で就職・転職できる仕事のまとめ

  • 就職や転職で生かせる簿記は日商簿記だけ
  • 派遣社員での就職や転職なら簿記3級でOK
  • 簿記を生かして正社員として就職や転職をするなら2級以上が必須。
  • 簿記2級で正社員として就職や転職できるのは中小企業の経理職や会計事務所、税理士事務所など
  • 簿記1級で就職や転職できるのは大手企業の経理職
  • 簿記1級は税理士試験の受験資格でもある(例外あり)
  • 経理への就職は基本的には実務経験重視。派遣社員からのキャリアアップも視野に入れる。
  • 最近は人手不足なので、簿記2級を持っていれば、未経験でも経理への就職や転職のチャンスあり。

 

 さて、今回は日商簿記の資格をとったら就職や転職にどのように生かせるのか、まとめてきましたがいかがでしたでしょうか。資格を持っていると自分の自信にも繋がりますし、就職や転職活動の方向性もしっかりと決まってよいですよ。

 何度も書いていますが、簿記で正社員での就職や転職を考えている方は簿記2級までの取得が必須です。

 簿記2級まで取得するなら難易度を考えて通信講座を利用したほうが結果的に近道ですよ。私も通信講座で簿記2級まで取得しました。

 簿記資格の通信講座徹底比較記事もありますのでどうぞご覧ください。

www.music-an.com

 みなさんが簿記の資格を取得して無事に就職や転職を果たし、会計職として順調にキャリアアップされていくことを祈っております。私も同じ会計職仲間が増えるのはとても嬉しいです。

 それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

簿記関連人気記事

www.music-an.com

www.music-an.com

www.music-an.com