前受金の仕訳【勘定科目と取引例の解説】手付金を受け取ったら?~簿記3級

前受金の仕訳

 こんにちは。会計的お仕事女子のあんがお送りする経理と簿記の仕訳解説シリーズ記事です。今回は簿記3級で扱う商品売買のうち、前受金の仕訳について解説していきますね。

  • 前受金とはなに?どんな勘定科目?
  • 前受金を受け取ったときの仕訳はどうなるの?
  • 前受金の仕訳の例や練習問題、解説ってないのかな?

 などの疑問やご要望にお答えしていきますね。前受金の仕訳をマスターして、簿記3級の合格へと一歩近づきましょう! 

 また、経理事務の方で仕訳の例を確認したいという方も是非ご活用ください。それでは、よろしくお願いいたします。

 それでは、よろしくお願いします。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

前受金とはどんな勘定科目?~なぜ負債?

  • 商品の受け渡し前に代金の一部を手付金として受け取った時に使う勘定科目
  • 後日商品を引き渡す義務なので前受金は債務
  • 債務なので前受金は負債の勘定科目

 商品を売るときに、販売契約を確実なものにするため、商品の受け渡し前に代金の一部を内金または手付金として受け取ることがあります。高額の取引の時などは、あらかじめ代金の一部を現金などで受け取っておくと安心ですよね。

 金銭を受け取るので、「前受金はなぜ負債の勘定科目なの?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。そんなときは前受金=債務=負債と覚えてしまってもいいでしょう。

 債務や債券について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

www.music-an.com

 

前受け金の仕訳~練習問題と解説

 それでは、早速前受金の仕訳の処理を見ていきましょう。前受金の仕訳の処理は、内金を受け取ったときと後日商品を引き渡したときに必要になります。

内金または手付金を受け取ったときの取引例と仕訳

  商品を受けたときに、代金の一部を内金や手付金として商品を引き渡す前に受け取った場合は、注文先から受け取った金額を前受金勘定(負債)の貸方に記帳します。

 先ほども少し触れましたが、前受金の発生がなぜ負債の増加になるのかというと、後日商品を引き渡す義務だからです。「お金をもらうのになんで負債の増加なの?」と間違いやすいところですので気を付けてください。

 では、実際の取引の例で仕訳を見てみます。

取引の例:仙台商店と商品¥30,000の販売契約を結び、内金として¥5,000を現金で受け取った。

仕訳の手順①:最初に現金を受け取っているので、現金(資産)の増加として借方に記帳します。

(現   金)  5,000 (     )

仕訳の手順②:内金の受け取りは、後日商品を引き渡す義務なので、前受金(負債)の増加として貸方に記帳し、次のように仕訳します。

(現   金)  5,000 (前 受 金) 5,000

 注意してほしいのは販売契約の¥30,000は仕訳とは関係ないということです。あくまでも内金を受け取ったときに動いた現金などについてのみ仕訳をします。まだ商品を引き渡したわけではないので売上勘定も使いません。

 また、仕訳は自分の分かりやすいほうから切るのがポイントです。現金(資産)の増加で借方に仕訳するよりも、前受金(負債)の増加で貸方に仕訳をする方が分かりやすい方は、前受金(負債)の増加から仕訳を切りましょう。  

 

商品を引き渡した(売り上げた)ときの取引例と仕訳

 内金または手付金を受け取り、後日商品を引き渡したときには、前受金は消滅します。ちょっと変な言い方になりますが、商品を引き渡したので後日商品を引き渡す義務も消滅するからです。

 では、こちらも取引の例で仕訳を見てみましょう。

取引の例:かねて仙台商店から注文を受けていた商品¥30,000を引き渡し、代金のうち¥5,000は注文時に受け取った内金と相殺し、残額は掛けとした。

仕訳の手順①:商品を引き渡したので、まずは売上(収益)の発生として貸方に記帳します。

(     )      (売   上) 30,000

仕訳の手順②:実際に商品を引き渡したので、後日商品を引き渡す義務である前受金(負債)が消滅します。前受金(負債)の減少として借方に記帳します。

(前 受 金)  5,000 (売   上) 30,000

仕訳の手順③: 最後に、残額(¥30,000-¥5,000=¥25,000)は掛けで販売しましたので、売掛金(資産)の増加として借方に記帳し、仕訳の完成です。

(前 受 金)  5,000 (売   上) 30,000

(売 掛 金)25,000 

 売上の内訳の内金と掛け取引を記入するイメージです。売上¥30,000のうち内金(前受金)が¥5,000で掛けによる販売(売掛金)が¥25,000と捉えると分かりやすいと思います。

 大切なのでしつこく書きますが、仕訳は自分の分かりやすいほうから切るのがポイントです。売上(収益)の発生で貸方に仕訳するよりも、前受金(負債)の減少と売掛金(資産)の増加で借方に仕訳をする方が分かりやすい方は、前受金(負債)の減少と売掛金(資産)の増加から先に仕訳を切りましょう。

 また、資産や負債、費用、収益の増減で借方になるか、貸方になるのかを再確認したい方はこちらの記事をどうぞ。仕訳の基本なので大変重要です。

www.music-an.com

 

前受け金の仕訳と勘定科目のまとめ

  • 売上の手付金の処理は前受金という勘定科目を使う
  • 前受金=後日商品を引き渡す義務=債務=負債の勘定科目
  • 前受金を受け取ったときには売上の仕訳は切らない
  • 商品を引き渡したときに前受金を消滅させ、売上を計上
  • 残額は売掛金などで仕訳

 前受金と一緒に覚えると覚えやすい前払金の仕訳の記事もありますので、どうぞご覧ください。

www.music-an.com

 さて、今回は簿記3級の商品売買の仕訳として、前受金の仕訳やどんな勘定科目なのかについてご説明してきましたが、いかがでしたか。

 ところで、簿記資格を生かして会計や経理関係の正社員に就職するには簿記2級以上の取得が必須です。簿記2級の難易度を考えると、独学ではなく簿記3級から通信講座でしっかりと基礎固めをするのがおすすめです。また確実に簿記3級を取得したい方も通信講座を利用したほうがいいでしょう。

 私も通信講座で簿記3級と2級を取得しました。メールで質問ができたりスマホやパソコン、DVDなどで講義の動画を見れます。講義の動画は繰り返し何度も見れるので、通学講座より通信講座の方がおすすめです。

 簿記通信講座の徹底比較記事もありますので、どうぞご覧ください。

www.music-an.com

 それでは、試験勉強頑張ってくださいね!無事に簿記3級の試験を突破して会計職への道に一歩踏み出しましょう!

 今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

簿記関連人気記事

www.music-an.com

www.music-an.com

www.music-an.com