【簿記3級】前払金の仕訳【練習問題と解説】前払金とは?

  当ブログにお越しいただきありがとうございます。会計的お仕事女子のあんがお送りする簿記3級シリーズ記事です。今回は簿記3級で扱う商品売買のうち、前払金の仕訳について解説していきます。

  • 前払金とはなに?
  • 前払金を支払ったときの仕訳はどうなるの?
  • 前払金の仕訳の練習問題はないのかな?

 などのような疑問にお答えしていきますね。前払金の仕訳をマスターして、簿記3級合格に一歩近づいていきましょう!

    それでは、今回もよろしくお願いします。

f:id:LukasDecember:20180902002102j:plain

目次

前払金とは

  商品を注文したとき、つまり仕入れたときにその契約を確実なものにするため、商品を受け取る前に代金の一部を内金や手付金として支払うことです。日常のお買い物でも車など高額の商品の支払をするときに、内金を前払いすることがあるかと思います。それと同じです。

 

前払金の仕訳~練習問題と解説

 それでは、早速前払金の仕訳の処理を見ていきましょう。前払金の仕訳の処理は、内金を支払ったときと後日商品を受け取ったときに必要になります。

内金や手付金を支払ったとき

 商品を注文したときに、代金の一部を内金または手付金として前払いしたときは、注文先に支払った金額を前払金(資産)の増加として借方に記帳します。

 前払金の発生がなぜ資産の増加になるのかというと、後日商品を受け取る権利だからです。「お金を払うのになんで資産の増加なの?」と間違いやすいところですので気を付けてください。

 では、実際の取引の例で仕訳を見てみます。

取引の例:札幌商店と商品¥30,000の仕入契約を結び、内金として¥5,000を現金で支払った。

仕訳の手順①:現金を支払ったので、現金(資産)の減少として貸方に記帳します。

(     )     (現   金) 5,000

仕訳の手順②:内金の支払いは、後日商品を受け取る権利、つまり前払金(資産)の増加として借方に記帳し、仕訳は次のようになります。

(前 払 金) 5,000 (現   金) 5,000

 注意してほしいのは仕入契約の¥30,000は仕訳とは関係ないということです。あくまでも内金を支払ったときに動いた現金などについてのみ仕訳をします。まだ商品が動いたわけではないので仕入勘定も使いません。

 

後日商品を受け取った(仕入の)とき

  内金や手付金を支払い、後日商品を受け取ったときには、後日商品を受け取る権利(前払金)が消滅します。こちらも取引の例で仕訳を見てみましょう。

取引の例:かねて札幌商店に注文していた商品¥30,000を受け取り、代金のうち¥5,000は注文時に支払った内金と相殺し、残額は掛けとした。

仕訳の手順①:まず、商品を受け取ったので仕入(費用)の発生として借方に記帳します。

(仕   入)30,000 (     )

仕訳の手順②:次に、実際に商品を受け取ったので、後日商品を受け取る権利である前払金(資産)が消滅します。前払金(資産)¥5,000の減少として貸方に記帳します。

(仕   入)30,000 (前 払 金)  5,000

仕訳の手順③:残りの金額(30,000-5,000=25,000)は掛け取引による仕入れなので、買掛金(負債)の増加として貸方に記帳し、次のように仕訳します。

(仕   入)30,000 (前 払 金)  5,000

            (買 掛 金)25,000

 

前払金の仕訳のまとめ

  • 仕入の手付金の処理は前払金勘定を使う
  • 前払金は支払うが商品を受け取る権利なので資産の増加で仕訳
  • 商品を受け取ったときには前払金を消滅させ、仕入を計上
  • 残額は買掛金などで仕訳

 

 さて、今回は簿記3級の商品売買の仕訳として、前払金の仕訳についてご説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。

 ところで、簿記資格を生かして会計や経理関係の仕事に就くには簿記2級以上の取得が必須です。簿記2級の難易度を考えると、独学ではなく簿記3級から通信講座でしっかりと基礎固めをするのがおすすめです。また確実に簿記3級を取得したい方も通信講座を利用したほうがいいでしょう。

 私も通信講座で簿記3級と2級を取得しました。メールで質問ができたりスマホやパソコン、DVDなどで講義の動画を見れます。講義の動画は繰り返し何度も見れるので、通学講座より通信講座の方がおすすめです。

 簿記通信講座の徹底比較記事もありますので、どうぞご覧ください。

www.music-an.com

 

 それでは、試験勉強頑張ってくださいね!無事に簿記3級の試験を突破することを祈っております。

 今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

簿記関連人気記事

www.music-an.com

www.music-an.com

www.music-an.com