借入金の仕訳【簿記3級】勘定科目と取引例の解説~お金を借りたときは?

借入金の仕訳

 当ブログにお越しいただきありがとうございます。会計的お仕事女子のあんがお送りする簿記3級シリーズ記事です。今回は簿記3級でよく出題される、借入金の仕訳について練習問題を解きながら解説していきます。

  • 借入金とは何?どんな勘定科目?
  • お金を借りた(借金をした)ときの仕訳は?
  • 借入金の利息を払ったら仕訳はどうなるの?
  • 借入金を返済したときの仕訳は?
  • 借入金に関する仕訳の例や練習問題の解説はないのかな?

 などのような疑問やご要望にお応えしていきます。借入金に関する仕訳をマスターし、簿記3級合格へ、確実に一歩近づいていきましょう!

    それでは、よろしくお願いします。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

借入金とは?どんな勘定科目?

  • 借入金とは銀行などから借りた金銭のこと
  • 借りた金銭(借入金)は後日返済することになるので負債の勘定科目
  • 後日借りた金銭を返済するので借入金は債務である。

 企業活動をしていると、資金が不足して銀行などから金銭を借り入れることがあります。借りた金銭は、もちろん後日返す約束で借り入れます。「後日返済する=後日金銭を渡す義務」なので、勘定科目の借入金は負債に分類されます。

 借入金=借金ですから、言葉のイメージから想像しても、借入金が負債の勘定科目に分類されるのは分かりやすいかと思います。

  また、後日金銭を返済する義務なので借入金は債務となります。債権や債務という言葉は簿記でよく使うだけでなく、経済関連のニュースでもよく出てくる言葉です。ビジネスパーソンとしては確実に覚えておきたい言葉の1つです。

 債権や債務の意味を詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

www.music-an.com

借入金の仕訳~取引例による練習問題と解説

 では、いよいよ借入金の仕訳について取引例による練習問題を解きながらご説明していきます。借入金の仕訳は、大きく分けて次の3つになります。

  • 金銭を借りたときの仕訳
  • 借入金の利息を支払ったときの仕訳
  • 借入金を返済したときの仕訳

 それぞれ別の問題を解きながら、分けて解説していきますね。

金銭を借り入れたときの取引例と仕訳

 金銭を借り入れた場合、後日借り入れた金銭を返す義務を負うことになります。後日金銭返す義務なので負債の増加です。ですから借入金勘定(負債)を貸方に仕訳します。ちなみに、後日金銭を返す義務のことは債務といいます。借入金=債務と覚えてしまった方がいいでしょう。

 それでは、実際の取引の例題をみてみましょう。

取引の例:G銀行から現金¥50,000を借り入れた。

仕訳の手順①:現金を借りたので現金(資産)が増加します。資産の増加ですから現金(資産)を借方に仕訳します。

(現   金)50,000 (     )

仕訳の手順②:次に借金をしたので借入金(負債)の増加です。負債の増加ですから借入金を貸方に仕訳します。

(現   金)50,000 (借 入 金)50,000

 

 仕訳は自分が分かりやすいほうから切るのがポイントです。最初に現金(資産)の増加で借方に仕訳するより、先に借入金(負債)の増加で貸方に仕訳する方が分かりやすいときは、借入金(負債)の方から仕訳しましょう。

 借金をして資産が増加するのはイメージしにくいですから、今回の場合は借入金(負債)の増加で貸方から仕訳を切る方が分かりやすいかもしれません。

スポンサーリンク

 

借入金の利息を支払ったときの取引例と仕訳

 次に、 借入金の利息を支払ったときの取引の例題です。借入金の利息を支払ったときは、支払利息(費用)を借方に仕訳します。

取引の例:G銀行からの借入金に対する利息¥1,000を現金で支払った。

仕訳の手順①:利息を現金で支払ったので現金(資産)が減少します。資産の減少ですから現金(資産)を貸方に仕訳します。

(     )    (現   金)  1,000

仕訳の手順②:利息を支払ったので、支払利息(費用)の発生です。費用の発生ですから支払利息(費用)を借方に仕訳します。

(支払 利息)  1,000 (現   金)  1,000

 

 大事なので何度も言いますが、仕訳は自分が分かりやすいほうから切るのがポイントです。最初に現金(資産)の減少で貸方に仕訳するより、先に支払利息(費用)の発生で借方に仕訳する方が分かりやすいときは、支払利息(費用)の発生の方から仕訳しましょう。

借入金を返済したときの取引例と仕訳

 最後に、 借入金を返済したときの取引の例題です。借入金を返済することで債務(金銭を後日支払う義務)が減少します。債務は負債ですから、借入金(負債)の減少として借方に仕訳します。

取引の例:借入期間の満期日となり、G銀行へ借入金¥50,000を返済し、利息¥1,000とともに、現金で支払った。

仕訳の手順①:現金を支払っていますので、現金(資産の)の減少です。現金(資産)の減少ですから貸方に仕訳します。利息を一緒に支払っていますので、借入金の支払額に利息を足すのを忘れずに。

(     )    (現   金) 51,000

仕訳の手順②:さらに借入金を返済して借入金(負債)が減少しています。負債の減少ですから、借入金(負債)を借方に仕訳します。

(借 入 金)50,000 (現   金) 51,000

仕訳の手順③:支払利息(費用)が発生していますから、最後に支払利息(費用)を借方に仕訳します。

(借 入 金)50,000 (現   金) 51,000

(支払 利息)  1,000

           

 仕訳は自分の分かりやすいほうから切るのが基本です。大事なので何度も書きます。借入金(負債)の減少と支払利息(費用)の発生をセットで借方に仕訳をする方が分かりやすい方は、借方から先に仕訳をしましょう。

 とにかく、支払利息(費用)の仕訳を切るのを忘れないように!

 資産や負債、費用、収益の増減で借方になるか、貸方になるのかを再確認したい方はこちらの記事をどうぞ。仕訳の基本なので大事ですよ!

www.music-an.com

借入金の仕訳と勘定科目のまとめ

  • 借入金とは銀行などから借りた金銭のこと(借金)
  • 借りた金銭は後日返済することになるので負債の勘定科目
  • 後日金銭を返済する義務なので、借入金は債務
  • 金銭を借り入れたときは借入金(負債)を貸方に仕訳
  • 借入金の利息を支払ったときは、支払利息(費用)を借方に仕訳
  • 借入金を返済したときは、借入金(負債)の減少として借方に仕訳。
  • 借入金返済時に利息を支払ったときは支払利息(費用)を借方に仕訳するのも忘れずに。

 さて、今回は簿記検定でよく出題される借入金という勘定科目の取引例や仕訳についてご説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。

 ところで、簿記資格を生かして会計や経理の仕事に正社員として就職するには、簿記2級以上の取得が必須です。

簿記2級の難易度を考えると、独学ではなく簿記3級から通信講座でしっかりと基礎固めをしましょう。

また確実に簿記3級を取得したい方も、通信講座を利用をおすすめします。

 私も通信講座で簿記3級と2級を取得し、経理の正社員へ転職しました。メールで質問ができたりスマホやパソコン、DVDなどで講義の動画を見れます。講義の動画は繰り返し何度も見れるので、通学講座より通信講座の方がおすすめです。

 簿記通信講座の徹底比較記事もありますので、どうぞご覧ください。

www.music-an.com

 それでは、簿記検定の試験勉強頑張ってくださいね!見事に簿記3級の試験を突破することを祈っております。そして、ぜひ簿記2級まで取得して経理の正社員としての就職を果たしてください。

 それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

簿記関連人気記事

www.music-an.com

www.music-an.com

www.music-an.com