空から降りてくるものたち

音楽や文学、お仕事、ブログ運営などの雑記ブログです。思付いたことを、そのまま書いているような感じですが、よろしくお願いします。

仕事効率化ツール〜マウスで入力効率化〜

スポンサーリンク

 仕事って、出来る限り効率的に速く進めたいですよね。しかも、簡単にそれが出来れば嬉しいことこの上ないと思います。簡単に仕事を効率化するには、ツールを購入して活用するのが手っ取り早く、誰にでも出来るのでおすすめです。「大人はお金で時間を買う」とも言えるかもしれませんね。

 そこで、今日はパソコンのマウスを交換して、ちょっとした設定をするだけで出来る、仕事効率化についてご紹介したいと思います。

 

f:id:LukasDecember:20170623195437j:plain

割り付けボタン付きのマウスの活用

 スタンダードなWindows用のマウスは左クリック、右クリック、ホイールの3つの操作系で構成されているかと思います。しかし、ちょっとお値段は上がりますが、この3つの他に追加で機能を割り当てられるボタンの付いているマウスがあります。

 

 この割り付けボタン付きのマウスを上手に使うと、ワードやエクセルへの文字などの入力がすごく楽になるのです。先ずは、私の使っているマウスの画像でご説明したいと思います。

f:id:LukasDecember:20170623195739j:plain

 マウスの左側面にボタンが2つ付いているのがご覧いただけると思います。デフォルトでは、ページの進む、戻るなどのボタンになっていますが、私は別の機能を割り当てています。割り当てられる機能は多くの動作の中から選べます。私の場合、文章や資料を作成する仕事が多いので、ショートカットキーのコピー、切り取りの機能を割り当てています。貼り付けはセンターのスクロールホイールを押し込むことで出来るようにしてあります。

 

 そうすることで、いちいちコピーや貼り付けをしたいときに、ショートカットキーを押したり、右クリックのメニューを開かずに、マウスのボタン操作だけで完結できます。連続で貼り付けたいときなどに特に効果的です。仕事上文章を作成することが多い方は、先ほどの3つの機能の割り付けがおすすめです。ほかのお仕事をされている方は別の機能の方がいい場合もあるでしょう。自分の良く使う機能を割り付けることをお勧めします。

 

スポンサーリンク

 

 私の使っているマウスは、ロジクールのマウスです。割り付けボタン付きのマウスは安価なものからちょっとお値段の高いものまで色々なメーカーから出ております。ロジクールはどちらかといえば高い方のマウスになりますが、機能割り付けの簡単さや、操作の快適性などから考えても、ロジクールのマウスがおすすめです。

 

 マウスを購入した後、専用のサイトからset pointというアプリケーションをダウンロードしインストールします。このset pointは、マウスの実物画像を表示してどのボタンにどの機能を割り付けるのか指示できるので、とても操作が分かりやすいです。ロジクールをおすすめする理由は、このsetpointが使いやすいというところが大変大きいのです。

 

setpointのインストール

 では、setpointのインストールと機能の割り付け方法を簡単にご紹介します。先ずはロジクールのサイトにアクセスします。普通にグーグルなどの検索エンジンで「ロジクール setpoint ダウンロード」と入力してアクセスします。自分のロジクールのマウスが接続されていれば、自動的にOSやマウスの合致したsetpointアプリケーションを選択してくれます。そうでない場合は手動で選ぶことになる可能性がありますので、あらかじめマウスは接続しておいてください。「ダウンロードボタン」をクリックして、直後に出る「実行」ボタンを押し、setpointをインストーラーを起動させます。

f:id:LukasDecember:20170623203707j:plain

 そうすると、コンピューターの変更許可をWindowsが求めてくるので「はい」を選んで変更を許可してください。するとsetpointセットアップ画面が出てきますので「次へ」をクリックします。その後は自動的に進みます。

 

f:id:LukasDecember:20170623203733j:plain

 

 

setpointの設定

 setpointをインストールするとパソコン画面の右下にマウスのみか、マウスとキーボードのマークが出るようになります。まず、これをクリックします。

f:id:LukasDecember:20170623185652j:plain

 

 そうすると、メニュー画面が起動しますので「マウスおよびキーボードの設定」を選んで左クリックをしてください。

f:id:LukasDecember:20170623184229j:plain

 

 setpointの起動画面が立ち上がります。多少立ち上がりに時間がかかるときがありますので焦らないで待ってみてください。ただし、自分の使用しているマウスをPCに接続していないと、起動してもマウスの設定をいじれませんので、ご注意ください。次にボタンを選択して、「機能の選択」をクリックします。

f:id:LukasDecember:20170623201607j:plain

 そうすると機能一覧が表示されますので、割り付けたい機能を選択して適用ボタンをクリックしてください。

f:id:LukasDecember:20170623201948j:plain

 ご覧のように、自分のマウスが表示されますので、大変操作性がよいです。他のボタンにも同じように機能を割り付けていきましょう。ただし、左クリックと右クリックはいじらないほうが無難です。ここが変わってしまうと非常に使いにくくなると思うのでご注意ください。

 

 以上の機能を自分のマウスに付け加えることで、予定表の作成や文章の作成、画像などのデータの移動作業が大変楽になりました。あまりにも楽なので、職場と自分の家に同じマウスを2つ買ってしまったほどです。同じマウスを使ってみたいという方は、載せておきますので、よろしかったらどうぞ。

 

ロジクール パフォーマンス マウス m950t M950t

ロジクール パフォーマンス マウス m950t M950t

 

 

  今日は久々にお仕事効率化の記事を書いてみましたがいかがでしたか。自分の身に周りにあるものをちょっとグレードアップさせると仕事も意外と捗ります。お金がかかるのが少々抵抗あるかもしれませんが、会社の物だけだと限界があります。自腹を切らないと効果の上がるものってなかなか手に入らないですしね。それでは、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。