空から降りてくるものたち

音楽や文学、お仕事、ブログ運営などの雑記ブログです。思付いたことを、そのまま書いているような感じですが、よろしくお願いします。

supercellのおすすめアルバムとおすすめ曲

スポンサーリンク

 皆さんこんにちは。本ページに来ていただき、ありがとうございます。今日はSupercellというアーティストの曲と、おすすめアルバムをご紹介したいと思います。あくまでも個人的な感想を書いていきますので、ご了承ください。

 

Supercellと初音ミクについて

 Supercellというアーティストはryoという方が中心になって作った、音楽ユニットのようなものです。本当に初期のころは人間のボーカルが存在せず、一時期一世を風靡した初音ミクという音声合成ソフトに歌を歌わせるという形で楽曲を提供していました。この初音ミク、プロモーションのされ方のせいもあって、バーチャルアイドルと勘違いされている方が多いのですが、基本的にはパソコンのソフトです。人間の代わりに歌を歌ってくれるプログラミングです。ボーカロイドと呼ばれます。

 最初のアルバムはこの初音ミクを使用して作られましたが、個人的には初音ミクだけでなく、ボーカロイドという技術の完成度が発展途上のため、やはり聞いていて違和感をもつ方がいるかと思います。年々進歩はしていますので、マクロスなどのSFアニメの世界のように、やがて人間のボーカリストにボーカロイドが取って代わるという時代が来る可能性はあります。人間のボーカルでも、CDだとかなり補正が入る方もいるので、そうなると少しボーカロイド的な部分を感じることをもありますけど…。

 セカンドアルバム以降はnagiさん、iこゑださんという人間のボーカリストで曲を発表していっています。

 

Supercellのアルバムとボーカリストについて

 Supercellのおすすめアルバムを考えるとき、先ほど紹介したボーカリストが誰なのかという部分が判断要素の重要な部分になることが多いです。Supercellは、アルバムはまだ3枚しか発売されていませんが、そのすべてでボーカリストが違います。

 1枚目…Supercell→ボーカルは初音ミク(ボーカロイド)

 2枚目…Today Is A Beautiful Day→ボーカルはnagiさん

 3枚目…ZIGAEXPERIENTIA→ボーカルはこゑださん

 

 今のところ発売されているSupercellのアルバムは以上の3枚です。この3名の方のうち(初音ミクに対して名と付けてよいかは迷いますが…)誰の声が気に入るかという点で好きなアルバムがどれになるか左右される面が大きいです。

 

スポンサーリンク

 

おすすめはToday Is A Beautiful Day

 個人的にはnagiさんの声が一番好きです。癖のないきれいな透明感のある声で素直の心の中に入ってくる気がします。こゑださんも、もちろん大変上手な歌い手ですが好き嫌いがはっきり分かれる歌い方をされると思います。こゑださんは抑揚を付けるのを得意としますが、そのあたりで好みが分かれるのでしょう。nagiさんはいい意味で未成熟なのかと思います。その歌声のおかげで、いい大人になった私にも、わずかに残った心の純粋な部分にすっと届くのだと思います。歌詞も全体的に青年時代の苦悩や葛藤を素直に歌ったものが多く、それも魅力の一つでもあります。

 それでは、おすすめの「Today Is A Beautiful Day」の曲について、詳しく紹介していきたいと思います。

終わりへ向かう始まりの歌

 1曲目です。静かなピアノの2分ほどの短い曲です。素直なピアノ伴奏とnagiさんの素直な歌声を楽しめます。

終わりへ向かう始まりの歌

終わりへ向かう始まりの歌

  • supercell
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

君の知らない物語

 2曲目です。アニメ化物語で使用されました。ミドルビートの曲です。この曲を聴くと自己実現を求めてもがいていた若いころを思い出して感慨にふけったりします。

君の知らない物語

君の知らない物語

  • supercell
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

ヒーロー

 3曲目の曲です。ちょっと早めのビートの曲です。歌詞の内容が周りに適応できない少年とそれに寄り添う少女の物語になっています。苦しい青春時代を送った方はかなり共感できるのではないでしょうか。

ヒーロー

ヒーロー

  • supercell
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

うたかた花火

 アルバム後半10曲目の曲で、ピアノ中心で編曲されて少しずつ盛り上がっていくバラードです。失恋の歌です。夏のはかなさと恋のはかなさを感じられます。

うたかた花火

うたかた花火

  • supercell
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

私へ

 アルバム最後の曲となります。これも2分ほどの静かなピアノの曲ですが、「君の知らない物語」のメロディーはそのままに、テンポをスローにして、歌詞を変えてバラードにしています。気が付いたらこの曲ばかり聴いています。昔をそっと思い出したいときや「自分はこれでいいのかな?」と不安になったときに勇気をもらえる曲です。

私へ

私へ

  • supercell
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

Supercellおすすめアルバムのまとめ

  1. 「Today Is A Beautiful Day」がおすすめ
  2. 素直な透明感のあるnagiさんの歌声が魅力的
  3. 自己実現に悩むモラトリアム時代を思い出したり、それに共感できるストレートに表現された歌詞
 ボーカルの好みは人それぞれですので、こゑださんの方が好きという方ももちろん多いと思います。曲の全体的な印象はそれほど変わりませんので、「Today Is A Beautiful Day」が気に入ったという方は、ぜひ「ZIGAEXPERIENTIA」も聴いてみてください。
 最近目立った活動があまり見られなくて残念な「Supercell」ですが、ぜひまたフルアルバムを出してほしいと個人的には思っています。
 以上、自分の思うがままに書いてきましたがいかがでしたでしょうか。最後まで読んでいただいき、ありがとうございました。
 
Today Is A Beautiful Day

Today Is A Beautiful Day

 
 
ZIGAEXPERIENTIA

ZIGAEXPERIENTIA

 
 
初音ミク V4X

初音ミク V4X