空から降りてくるものたち

音楽や文学、お仕事、ブログ運営などの雑記ブログです。思付いたことを、そのまま書いているような感じですが、よろしくお願いします。

スピッツで1番おすすめのアルバムは?~偽りでもいいから隣にいたい~

スポンサーリンク

 スピッツを聴き始めたのは今から20年ほど前です。こんなこと言うと年齢がばれますね(笑)でも、それくらい長い間聴いてきたと思っていただければ幸いです。多感な時期にスピッツという感性を刺激してくれるアーティストに出会えて、本当によかったと思っています。おすすめのアルバムを紹介してしまう前に、まずは私が考えるスピッツの魅力を書いてみたいと思います。

スピッツの魅力

  1. 草野 マサムネさんの歌詞の素晴らしさ
  2. 程よいギターサウンド
  3. 草野マサムネさんの声質
  4. 切ないバラードが多い
  5. なぜか一人ハード路線の三輪さん
  6. 難解過ぎない曲構成とコード進行
 以上のように考えれば考えるほどいろいろ出てくるのですけど、ここは何とか一つに絞ってみたいと思います。一つに絞るとすれば
 
  草野 マサムネさんの歌詞の素晴らしさ
 
 これしかないと個人的には思っています。特に、心情を何かに例える比喩が素晴らしいです。日常にある、ありふれた事柄を使っているのですけど、それがありふれた表現になっていないところが大変魅力的だと個人的には思っています。例えば「バスの揺れ方…」などなど。あと、たまにちょっとエッチになったり、やんちゃになるのもいいですよね。私の周りのスピッツを好きな方は、文学好きな方が多いような気がします。
 

スピッツで一番お勧めのアルバム

 それでは、スピッツの一番の魅力が歌詞の素晴らしさであると勝手に決まったところで、個人的に一番お勧めのアルバムをご紹介いたします。それは…

『フェイクファー』です。

 この『フェイクファー』はスピッツの歌詞の素晴らしさを存分に味わえるアルバムだと個人的に思っています。そんな『フェイクファー』の中から、特におすすめの曲について、いくつか見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

「冷たい頬」

 ミドルテンポのバラードです。ギターの印象的なアルペジオの前奏で始まります。歌詞の一番最初が、まず印象に残るかと思います。「あなたのことを深く愛せるかしら」と始まるのですから。おもわず自分の恋愛経験を振り返ってしまいませんか?「わたしのこと好きって言ってくれるけど…。」みたいな感じだと思います。でも、主人公は勇気があるなと思います。そんな相手の頬に触れてみる場面が後から出てくるのです。

 「架空の日々」「恋が幻でも」など、アルバムの題名『フェイクファー』を連想させるような歌詞も散りばめられていて、アルバムの世界観を表す曲の1つにもなっていると思います。

 Aメロのあと、サビに入るシンプルな構成ですが、サビからドラムスが入り、曲が盛り上がっていきます。4分打ちを強調したドラムがまるで「ドキドキする心臓の鼓動みたい」と個人的には思っています。サビの後に入るBメロがまた、切ない雰囲気を出していて、いい感じになっています。

 

冷たい頬

冷たい頬

  • スピッツ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

「運命の人」

 リズム隊がしっかり入っているミドルテンポの盛り上がる曲になっています。この曲もまた、印象的な歌詞から始まります。先ほど書きました「バスの揺れ方で人生の意味が分かった日曜日」と始まるのです。「バスの揺れ方ってどんな揺れ方かな…走行中は割と緩やかで止まる直前は大きく揺れるな。止まる直前に大きく揺れるということは、停滞する前に人生は大きく揺れるということかな?」とかとか、「バスが揺れると好きな人に自然に寄りかかれるな。それが人生の意味かな?」とかとか…色々妄想しちゃいます。

 マサムネくんの歌詞は、このように解釈が広くとれるので楽しいですよね。「余計なことはし過ぎるほどいいよ」など、恋愛だけでなく人生の意味についても考えられる歌になっているのは、マサムネくんらしいと思います。

 ギターのカッティングも効いていて、ノリノリで聴ける歌です。サビになると開放感のあるアルペジオで、気持ちよくマサムネくんの高音ボーカルに浸ることができます。少ししゃがれたハスキーボイスなのがまたいいですよね。

 

運命の人(Album Version)

運命の人(Album Version)

  • スピッツ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

「仲良し」

 アコースティックギターの前奏から始まる、テンポが割と早めのバラードです。印象的な歌詞のところは「悪ふざけで飛べたのさ 気のせいだと悟らずにいられたなら」という部分です。これもアルバム題名の『フェイクファー』につながる感じがしますね。「飛べたつもりでも、それは気のせいだと分かっているんだけれども…。」という恋に届きそうな気がしたけれど届いていなかった、でもそれには目をつむっていたい、というような感情が込められているような気がして切なくなります。3分もない短い曲ですけれども、非常に印象に残る曲だと思います。

 

仲良し

仲良し

  • スピッツ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

「楓」

 ピアノの前奏から始まるミドルテンポのバラードです。恋人と別れて、一人で歩いて行く決意をするけれども…どこまで行けるだろうというような感情を歌った曲です。「僕のままでどこまで届くだろう」という歌詞が一番印象に残ります。どこまで行けるだろうではなく「どこまで届くだろう」とするところや、一人になってしまったことを「僕のままで」と言い表すところにマサムネくんの言葉を選ぶセンスを感じます。

 

楓

  • スピッツ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

「フェイクファー」

 いよいよ一番お勧めする曲の「フェイクファー」です。アルバム表題曲であるとともに、アルバム最終曲として収録されています。

 エレキギターのみのアルペジオの伴奏と、マサムネくんのボーカルのみで静かに始まります。途中からドラムスが激しく8分打ちでフェードインしてきて、まるで揺れ動く感情の激しさを表しているように聞こえます。

 「フェイクファー」を最初に聴いたとき、私、体が固まったのをいまだに覚えています。優しく初々しい恋愛を歌った歌なのですけど、表題通り「フェイク」だったのです。「君の想いが偽物でも構わないけれど、僕の想いが本物なのは変わらないよ」というような気持ちが、曲に込められていて切なくなります。他の曲とは違い、苦しい気持ちを表すようなギターサウンドの荒々しさもまたいい感じです。

 私が一番印象に残っているのは「二人は箱の外へ 未来と別の世界 見つけた そんな気がした」の部分です。やっぱり「そんな気がした」だけだったんですよね。恋愛の儚さというのを改めて思い知らされるような曲で、リリースされてから20年以上たちますが、いまだに心に刺さる曲です。

 

フェイクファー

フェイクファー

  • スピッツ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

 活動歴の長いスピッツですから、最近のアルバムから聴き始めた方も多いかと思います。昔のアルバムも聴いてみたいと思ったら、ぜひ、『フェイクファー』をどうぞ。きっとしびれますよ。

 

 勝手にいろいろ感じたことを書いてきましたが、いかがでしたでしょうか。最後まで読んでいただいてありがとうございました。みなさんのアクセスがブログを書く意欲につながります。よかったら、また読みに来ていただければと思います。よろしくお願いします。

フェイクファー

フェイクファー

  • アーティスト: スピッツ,草野正宗,笹路正徳,棚谷祐一
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルJ
  • 発売日: 2008/12/17
  • メディア: CD
  • 購入: 2人 クリック: 13回
  • この商品を含むブログ (6件) を見る