プログラミング教育は小学校1年生からするの?【入学前の準備は?】

小学校1年生と母親がパソコンでプログラミング教育を受けている

 2020年度の4月からいよいよプログラミング教育が小学校でも必修化されます。プログラミング教育の小学校での必修化と聞いて…

  • 小学校で必修化されるなら小学校1年生からプログラミング教育をするの?
  • 小学校1年生でもプログラミング教育はできるの?
  • 子どもが小学1年生になるんだけど、プログラミング教育の準備はしておいた方がいいのかな?

 などのような疑問を持つ方が多いのではないでしょうか?特に自分のお子さんが入学を控えていたり、小学校1年生だったりする親御さんは気になってしょうがないですよね。

 2024年度からは大学入試でもパソコン入力が導入される予定になっていたり、「子ども1人にパソコン1台の体制を整えよう」という政策が決定したりするなど、学校にどんどんパソコンが入ってくる予定になっています。

 そこで今回は、このような疑問にお答えすべく記事をまとめてみました。今回の記事を参考にして入学の準備を進めていただいたり、お子さんの将来に備えたりしていただければと思います。

目次

 小学校のプログラミング教育は1年生からするのかの記事をまとめるにあたって、情報の信頼性を考え、文部科学省のホームページを参考にさせていただきました。ちょっとお固いページですが、本体の方をご覧になりたい方はこちらをどうぞ。

www.mext.go.jp

 この記事では文部科学省のホームページを参考に、もっと簡単に分かりやすくご説明していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

プログラミング教育は小学校1年生からもする!

 結論から言いますと、小学校1年生からプログラミング教育をする可能性がかなり高いです。ただし、プログラム言語でプログラミングしたりするわけではありません。文部科学省も小学校のプログラミング教育では、プログラム言語を使うことを想定してはいません。

 しかし、幼稚園でパソコン学習をするところがかなり多くなってきているとはいえ、小学校1年生ではパソコンを使える子もかなり少ないでしょう。ではいったいどのようにして、小学校1年生でプログラミング教育が行われるのでしょうか。

 次の章から詳しくご説明していきます。

 

小学校1年生からプログラミング教育が行われる理由

小学校1年生がプログラミング教育を受けている様子

 アンプラグドというパソコンを使わないプログラミング教育の方法もありますが、2024年度の大学入試でのパソコン入力導入を考えると、アンプラグドのプログラミング教育はあまり良い方法とは個人的には思えませんので、パソコンを使ったプログラミング教育ということで話を進めていきます。

 私が個人的に考える、小学校1年生でもプログラミング教育がパソコンで行われるという理由は以下の5つです。

  • 小学校のプログラミング教育がプログラムを書くことを目的としていない。
  • 小学校のプログラミング教育は思考力を育てることが目的である。
  • 小学校1年生でも扱えるプログラミング体験ソフトがある。
  • プログラミング教育の目的は小学校6年間を通して達成するのが現実的。
  • 小学校1年生の段階ではプログラミング教育の準備をする段階。

 小学校のプログラミング教育はプログラム言語を使ってプログラミングすることを目的としていません。小学校のプログラミング教育の目的は、論理的に考える力を高めることと、日常生活にパソコンやプログラミングが非常に役立っていることを知ることですから、難しいプログラム言語の学習は必要ありません。

 また、小学校1年生でも簡単に扱えるように工夫されたプログラミング体験ソフトが開発されています。電源の入れ方、シャットダウンの仕方、マウスの操作方法など、パソコンの基本的な使い方を習得すれば使うことのできるソフトです。

 代表的な小学校1,2年生向けのプログラミング体験ソフトには「ビスケット」というものがあります。

 また、プログラミング教育の最終的な目的は小学校の6年間を通して達成されればよいと考えるのが現実的でしょう。発達段階の全く異なる小学校1年生と6年生に同じようなことをさせるのは不可能です。

 これは他の教科でも同じですよね。小学校1年生の算数はたし算とひき算が中心ですが、小学校6年生の算数になれば円の面積や立体の体積、速さの求め方なども出てきます。難易度が小学校1年生と6年生で違うのはプログラミング教育でも同じです。

 このことを踏まえると、小学校1年生で行われるプログラミング教育は、その後の学年でプログラミング教育をするための準備をする段階と捉えればよいかと思います。

 

小学校1年生からするプログラミング教育の学習例

 小学校の1年生ではパソコンの基本的な使い方から始め、パソコンの使い方に慣れてきたらプログラミング学習に挑戦してみるというのが無理のない流れなので、このパターンで行われる可能性が高いです。

 小学校の1年生からするプログラミング教育の学習の内容が分かると、お子さんがどんな準備をすればいいのか分かりやすくなりますので、参考例として小学校1年生がプログラミング学習にたどり着くまでの流れを提示してみます。

  1. パソコンの各部名称や基本的な注意事項などを確認
  2. お絵かきソフトなどを使ってパソコンの基本的な使い方を覚える。
  3. パソコンで描いた絵の保存や印刷などをしてその方法を覚える。
  4. 小学校1年生向けのプログラミング体験ソフトを用いてプログラミング学習を行う。

 最初はパソコンの基本的な部分の各部の名前などを確認することから始めることになるでしょう。おそらく小学校1年生なので、ほとんどの子がパソコンを使うのが初めてという可能性も高いです。

 覚える名前は電源ボタン、キーボード、マウス、マウスの左クリック、右クリックぐらいになると思います。あとパソコンを立ち上げた直後の画面のことをディスクトップというのも覚えておくと後々お子さんが便利だと思います。

 次に注意事項ですが、パソコンがすぐに動かなくてもクリックをし続けない、電源ボタンで電源を落とさずにシャットダウンという機能を使うなど、パソコンを壊さないための注意事項を確認します。

 その後、お絵かきソフトなどでパソコンでお絵かきなどをすることになるでしょう。お絵かきというと学習のような気がしませんが、パソコンでお絵かきをするためには、ペンの太さや色を左クリックで選択したり、線を描くためにマウスの左クリックでドラッグしたりとマウスの基本的な操作を自然と行うことになります。

 ある程度パソコンで絵が描けるようなったら、その絵を保存したり印刷したりするとパソコンソフトの一般的な操作方法にも触れることができます。

 そこまでできるようになったら、小学校1年生でも扱えるように開発された「ビスケット」というプログラミング体験ソフトを使ってプログラミング学習をするという流れが考えられます。

 

小学校1年生におすすめのプログラミング体験ソフト

 小学校1年生のお子さんでも使えるプログラミング体験ソフトの代表は「ビスケット」です。「コンピューターは粘土だ!!」というキャッチフレーズのとおり、小学校1年生でも粘土遊びをするように、プログラミング体験ができるということを目標にして開発されています。

 

プログラミング体験ソフト「ビスケット」の使い方

小学校1年生向けのプログラミング体験ソフトであるビスケットの操作画面

ビスケット viscuit | コンピュータは粘土だ!!

  1. 動かしたい絵をパソコンで描く
  2. 動かしたい絵をいくつか左側の水槽のようなところにドラッグして入れる
  3. 眼鏡のアイコンを右側にドラッグ
  4. 眼鏡の左側に描いた絵を入れる
  5. 眼鏡の右側に描いた絵を少しずらして入れる
  6. ずらして入れた向きに絵が動く

 本当にざっくりと簡潔にご説明すると以上のようになります。1人で遊ぶだけでなく学級全体で水槽を作ったりできるので、小学校の1,2年生でのプログラミング教育に使いやすいソフトです。

 説明の動画もありますので、よかったらご覧ください。音声は入っていませんのでご了承ください。


ビスケットビデオ-かんたん1

 

小学校入学前にしておくプログラミング教育の準備

 以上のような学習が小学校1年生の生活科で行われる可能性が高いです。それを踏まえて小学校入学前のお子さんが入学前に準備しておけることをいくつか挙げてみます。

  • パソコンの基本的な操作に慣れておく
  • パソコンでお絵かきなどを出来るようにしておく
  • プログラミング体験ソフトを使ってみる

 以上のような準備をしておくと万端でしょう。パソコンの基本的な操作は、電源を入れる、マウスを使えるようになる、シャットダウンなどが出来ていれば十分だと思います。タブレットはマウスの使い方を覚えられないので、あまりお勧めしません。

 パソコンでお絵かきをするソフトは私が調べた限りでは、残念ながらあまりいいものが出回っていないようです。Windows10に付属のペイントやフリーソフトを使用する手もありますが、小学校1年生には少々難しいかも…。

 プログラミング体験ソフトは「ビスケット」を先ずは使ってみるのがいいと思います。ビスケットはインターネット上に公開されていますので、パソコンとインターネット環境さえあればだれでも使うことができますよ。

 ただし、お子さんが通う学校で「ビスケット」を使うかどうかは申し訳ないのですが保証ができません。その学校がどのプログラミング体験ソフトを使うか分かりませんし、アンプラグドと言ってパソコンを使わない方法を選択する可能性もあるからです。

 個人的には2024年度の大学入試パソコン入力に備えることを考えて、パソコンを使わないアンプラグドのプログラミング教育にはあまり賛成ではないのですけれども…。

 以上のような条件を全て一度にクリアしたいとお考えになるなら、地域のパソコン教室のプログラミング教育体験教室をご利用になるのがよいかと思います。

 

プログラミング教育は小学校1年生からするの?と親がしておくべき準備のまとめ

  • 小学校のプログラミング教育は1年生からでもする可能性が高い。
  • 小学校1年生は最初のうちはパソコンの基本的な操作から学習。
  • 小学校1年生でも簡単に使えるプログラミング体験ソフトを使ってプログラミング教育を行う。
  • 入学前の準備はパソコンの基本的な操作とプログラミング体験ソフトの使い方が分かれば十分
  • プログラミング教育の体験をしたければ、自宅でするよりもプログラミング体験教室の方がいい。

 

 さて、今回は小学校のプログラミング教育が1年生から行われるのかということについて記事をまとめてきましたがいかがでしたか。

 2020年度のプログラミング教育の小学校での必修化、2024年度の大学入試のパソコン入力導入などに備えて、ご家庭でも準備を進めることをおすすめします。特に2024年度の大学入試は大変気になりますよね。

 準備をしっかりとして、お子さんの将来の可能性が少しでも広がっていくよう、この記事がお役に立てれば幸いです。

 それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 小学校プログラミング教育関連人気記事

www.music-an.com

www.music-an.com