空から降りてくるものたち

音楽や文学、フィギュアスケート、仮想通貨などの雑記ブログです。思付いたことを、そのまま書いているような感じですが、よろしくお願いします。

【ビットコイン・仮想通貨の将来性】持ってないのも不安です!

スポンサーリンク

 皆さんこんにちは。当ブログにお越しいただき、ありがとうございます。会計的お仕事女子のあんがお送りする仮想通貨シリーズ記事です。

 仮想通貨はcoincheck事件などでイメージが悪化してしまいましたが、私は持っていないのも仮想通貨の将来性を考えると逆に不安だと思っています。最近仮想通貨は暴落していますが、私は一度も仮想通貨を売ったことがありません。逆に暴落したときに買い増しをしているくらいです。

 今回は、なぜ私が仮想通貨を持っていないのも逆に不安と考えるのか、仮想通貨の将来性を考えながら記事にまとめていきたいと思います。

 それでは、どうぞよろしくお願いします。

f:id:LukasDecember:20180413004106j:plain

本来は決済用の通貨

 個人的に仮想通貨は投機の対象ではないと思っています。本来は決済用の通貨であり、仮想通貨それぞれが持つ性能に将来性を感じ投資しておくものなのではないでしょうか。

 

仮想通貨の投機的な動きと将来性の関係

f:id:LukasDecember:20180413004136j:plain

  確かに現在の仮想通貨は価格の乱高下が激しいため、投機的な側面がクローズアップされています。しかし、価格変動が落ち着いてきたときにどのような展開となるのか、経済的に見て仮想通貨の位置づけがどのようになされるのか、私はその将来を見てみたいのです。

 

国など公的機関の介入と仮想通貨の将来性

 こちらは最近動きが多くなってきましたね。取引所の登録性が導入されたり、行政指導が頻繁に入るようになって、みなし登録業者の淘汰が進んでいます。

 これは一時的には仮想通貨の価格は冷え込みますが、長期的に考えれば信頼できる取引所のみ残ることになますから、仮想通貨業界の将来性にとっては良いことだと思います。これにより仮想通貨が投資先として安全なものになっていくといいですね。

 

仮想通貨に発行上限があることと将来性の関係

発行上限に達したらどうなるか?

 仮想通貨は取引情報の処理を行うマイニングという計算作業をパソコンですることで、その報酬として仮想通貨が発行され増えていきます。

f:id:LukasDecember:20180413004213j:plain

 しかし、無限に増える訳ではありません。多くの仮想通貨には発行上限があります。その発行上限に達すると、マインングをしても仮想通貨はそれ以上発行されなくなります。発行上限が決まっていることで、仮想通貨は希少性を保ち、その価値と将来性を高めているとも言えます。 

 私が仮想通貨を持っていないと不安な理由の1つが「この発行上限がある」ということです。発行上限に達すると、仮想通貨は手に入りにくくなるでしょう。手に入りにくくなったときに仮想通貨の価値がどうなっているのか大変興味があります。

 そうなったときにも手元に仮想通貨を置いておきたいので、私は仮想通貨の将来性を信じて売らずに持ち続けています。

 

ビットコインのマイニング半減期と将来性の関係

 ビットコインはマイニングの報酬によって増えますが、そのマイニングの報酬はいつまでも同じではありません。マイニングの報酬が半分になる「半減期」というのがビットコインには設定されています。発行上限に達する前に段階的にマイニングで増える量が減っていくというわけです。

 ビットコインのマイニング半減期は、現在のマイニングペースから推測して、次のようなペースで訪れると予想されています。年の右側は報酬としてもらえるビットコインの量です。

  • 2009年:50BTC
  • 2013年:25BTC
  • 2017年:12.5BTC
  • 2021年:6.25BTC
  • 2025年:3.125BTC
  • 2029年:1.5625BTC
  • 2033年:0.78125BTC

 このままのペースで行くと、次の半減期は2021年ごろになりますね。おそらくこの周辺で仮想通貨の値動きに大きな変動があると思われます。

 2017年12月~2018年1月にも、ものすごい暴騰がありましたね。2017年のマイニング半減期が影響している可能性があります。

 マイニング報酬の半減期があることで仮想通貨に希少性を感じ将来性があると考えているという訳です。私は少なくとも2021年の半減期までは私は仮想通貨を持っていたいと思います。

 

持ってないのも逆に不安

 発行上限に達したり、マイニングの半減期が来て仮想通貨が手に入りにくくなったとき、全く手元に仮想通貨がないのも逆に不安だと私は思っています。

 ビットコインのマイニングが全て終了し、これ以上手に入らないとなったときに相場がどのように動くのか、もしくはビットコインの存在価値がどのようになっているのか、とても興味があります。

 手に入りにくくなってから手に入れようとするのは至難の業です。今後手に入りにくくなった時に手元に仮想通貨が全くないのも不安なので、仮想通貨は売らずに持ち続けています。

 

全ての仮想通貨が生き残れるのか

 現在、仮想通貨の種類は1000種類を越えています。ICOという仮想通貨を用いた資金調達が流行り、そのせいもあって仮想通貨の種類は近年激増しました。

f:id:LukasDecember:20180413004410j:plain

 正直に言って全ての仮想通貨に将来性があるわけではなく、全仮想通貨が生き残れるわけではないと思います。草コインと呼ばれるマイナーな仮想通貨のほとんどは淘汰されていくでしょう。

 現在主要通貨とされる仮想通貨を数種類、分散投資で持っておくのが理想的だと思います。

 また、ビットコインよりも後発で性能の高いイーサリアムやライトコイン、リップルなどの仮想通貨も広がってきています。性能面ですぐれている分、ビットコインより主要アルトコインの方が将来性は高いかもしれません。

 

仮想通貨に通貨としての将来性はあるのか? 

世界統一通貨としての将来性は?

 可能性は0ではありませんが、正直に言ってビットコインなどの仮想通貨が世界統一通貨になる可能性はかなり低いと思います。もしそうなったとしてもかなり先の話か、もっと性能が高い後発の新しい仮想通貨の可能性が高そうです。

 また、世界統一通貨となるためには、もっと相場が安定する必要があります。これほど乱高下が激しい通貨では、決済手段としては使いにくいですよね。 

 

ブリッジ通貨通貨としての将来性は?

 ブリッジ通貨として採用される方が、世界統一通貨となるよりは可能性が高いと思います。ブリッジ通貨とは、現在の法定通貨(円やドル)を送金や決済する際に橋渡しをする通貨のことです。

 リップルやイーサリアム、ライトコインなどにその将来性と可能性があるように思います。では、私が個人的にブリッジ通貨になる可能性のあると考えている仮想通貨を見ていきましょう。

リップルの将来性

f:id:LukasDecember:20180413004459j:plain

  • 送金速度が数秒と格段に速い。
  • 国際送金の際のブリッジ通貨となる可能性がある。
イーサリアムの将来性

f:id:LukasDecember:20180413004510j:plain

  • 決済と同時に契約情報の処理ができる。
  • 不動産関係など契約が複雑な取引のブリッジ通貨となる可能性がある。
ライトコインの将来性

f:id:LukasDecember:20180413004526j:plain

  • 決済処理量と速度がビットコインより高性能。
  • ヨーロッパで人気があり、割合価格が安定している。
  • ビットコインに代わる仮想通貨の基軸通貨となり、決済用ブリッジ通貨の可能性がある。

 ざっとですが、簡単にまとめると以上のような将来性がこの3つの仮想通貨にはあるのではないでしょうか。実際、リップルは国際送金のブリッジ通貨となることを目標に開発された仮想通貨です。リップルそのものが使われるか、リップルの技術のみ使われるかどうかはまだ不透明ですけどね。

 どの仮想通貨を買うか迷っている方は参考にしていただければと思います。

仮想通貨の種類についてもっと知りたい方はこちらの記事もどうぞ。

www.music-an.com

ブロックチェーンという技術の将来性

 現在の仮想通貨が全て残ることは恐らくないでしょうが、仮想通貨を支えるブロックチェーンという技術は、間違いなく本物です。多くの経済関連の専門家もそのように語っています。

www.bloomberg.co.jp

 

 ブロックチェーンとはざっくり説明すると取引を多くのコンピューターで分散台帳として処理し、その中から一番信頼性の高い記録を採用してブロックのように次々とつなげて取引の記録をする仕組みになっています。

f:id:LukasDecember:20180413004607j:plain

 多くのコンピューターが取引記録に関わることで、改編などの不正がほぼ不可能と言われています。仮想通貨以外の分野に今後活用される可能性は非常に高いです。

 そうなったときに、仮想通貨の価格がどうなっているのか、個人的に楽しみというのも私が仮想通貨をもち続けている理由の1つです。

 

信用度の高い大手の参入と仮想通貨の将来性

 次は仮想通貨市場参入の動向を見てみましょう。意外とニュースになっていませんが、大手投資系会社の仮想通貨取引市場への参入や大手投資関連グループの取引参入が軒並み控えています。

 まず、株式FX投資大手のDMMグループ、株式会社ネクストカレンシーが今春の新規参入を計画し、事前登録も開始しています。今期の春ごろに取引開始を目指しています。私も試しに事前登録してみました。初心者の方々をターゲットにするようですが、どんな取引所になるのか今から注目しているところです。

prtimes.jp

 

   また、ソフトバンク系列のSBIホールディングスが仮想通貨取引所事業への参入を発表し、今期の夏ごろの取引所開設を目指しています。

www.nikkan.co.jp

 

 さらに先日、インターネット証券大手のマネックスグループがコインチェックを買収するとのニュースが入ってきました。

www.nikkei.com

 大手の新規取引所の参入が増えるとなると、ユーザー層の拡大が予想されます。しかも大手ですからメンツがかかっているので万全に準備を整えるはずです。取引所の信用度も上がりますよね。

 基本的に仮想通貨を買う人が増えれば増えるほど価格は上昇しますので、今後もユーザー層の拡大で値上がりの可能性が高いのではないでしょうか。大手の新規参入が控えていることから考えても、仮想通貨の将来性は高いと言えるでしょう。

 そしてついに、2018年5月2日にウォール街の投資大手、ゴールドマンサックスも仮想通貨投資に参入するとのニュースが入ってきました。数週間以内の取引開始を目指すようです。顧客からの要望が多く、それにこたえる形での参入だそうです。

dialog-news.com

 ゴールドマンサックスも動いたとなると、他の大手投資関連企業も追従して参入してくる可能性が高くなります。さらに仮想通貨取引を行うユーザーが増え、価格が更に上昇する可能性もありますね。

 仮想通貨取引事業への新規参入の情報にはアンテナを張っておいた方がいでしょう。

 

 さて、今回は仮想通貨の将来性について記事をまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

 もし、少しでも興味をもたれたのであれば、「買いたい!」と思ったときにすぐに買えるように準備はしておきましょう。価格が安くなっている現在、逆に安く買えるチャンスだと思います。

 仮想通貨を買うためには取引所に口座を開設し入金しておく必要がありますが、手続きに数日間~数週間以上待たされることもあります。

 仮想通貨は価格変動が短期間で大きく動きますから、底値で買えるチャンスを逃さないように、口座開設と入金だけはしておきましょう。

  現在有名で安全性トップクラスの取引所としては…

 があげられると思います。ビットフライヤー紹介記事を貼っておきますね。

www.music-an.com

  ※2018年6月22日追記:現在bitFlierは金融庁からの行政指導対応のため新規登録を受け付けておりません。登録再開しましたらまたリライトいたします。現在は下記のBitbankの登録がおすすめです。

 また、bitFlierの次に資本力の高い仮想通貨取引所としてはBitbank(ビットバンク)があげられます。国内で人気のリップル(XRP)が板取引というユーザー間同士の直接取引ができるのが魅力的です。板取引だとビットバンクでは手数料は無料です。セキュリティーの高さでも定評があります。

 

 私は仮想通貨を持っていないのも逆に不安に感じるので、暴落にもめげずに仮想通貨を持ち続け、買い増し続けて行きたいと思います。今回の記事が皆さんの仮想通貨投資の参考に少しでもなれば嬉しいです。

 それでは、今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。