空から降りてくるものたち

音楽や文学、フィギュアスケート、仮想通貨などの雑記ブログです。思付いたことを、そのまま書いているような感じですが、よろしくお願いします。

どんなに大暴落しても私が仮想通貨を売らない3つの理由

スポンサーリンク

 皆さんこんにちは。当ブログにお越しいただき、ありがとうございます。会計的お仕事女子のあんがお送りする仮想通貨シリーズ記事です。

 私も仮想通貨投資をしていますが、どんなに暴落しても今まで一回も売ったことがありません。今回は私がビットコインなどの仮想通貨投資が大暴落しても売らない、手放さない理由について記事を書いてみたいと思います。

 大暴落すると思わず売りたくなってしまうのはよく分かります。でも、仮想通貨投資の1つのスタイルの例として、私のような超長期保有者、いわゆるガチホがどのような考えで仮想通貨を持ち続けているか、ご紹介できればと思っています。

 それでは、どうぞよろしくお願いします。

f:id:LukasDecember:20180323020234j:plain

 

理由①仮想通貨の将来性と性能に期待

 私が仮想通貨がどんなに大暴落しても売らいない1つ目の理由は、仮想通貨の性能と将来性に期待しているからです。今までにない技術で作られていることには間違いはなく、今後仮想通貨が様々な分野で活用される可能性を秘めています。

 その可能性を詳しく見ていきましょう。

ブロックチェーンという技術への期待

f:id:LukasDecember:20180323021327j:plain

  仮想通貨はブロックチェーンと言う技術で、その信頼性を保っています。日本語で言うと分散台帳という技術です。仮想通貨の取引を1つのコンピューターで管理するのではなく、不特定多数のコンピューターが計算した結果をブロックとしてつなぎ合わせて取引を記録しています。

 そのため、改ざんがほぼ不可能となっていて、仮想通貨だけなく他の分野のデータ記録などにも応用される可能性が探られています。他の分野でブロックチェーンが用いられたとしても、仮想通貨の価格にどのような影響があるかは分かりませんが、ブロックチェーンという技術のもつ可能性は計り知れないと思っています。

 

決済手段としての期待

  何か物を買うときに現金を払いますが、その代わりとして仮想通貨で支払いが出来るようになってきています。通販サイトではパソコン大手のDELLで採用されています。実店舗でも国内で全国展開するヤマダ電機、ビックカメラやコジマ電気、メガネスーパーなどで支払いも可能になっています。

 各地方の中小のお店でもビットコイン決済を導入するところが増えてきています。決済手段として普及していくと、利用者の拡大の可能性が高くなり、価格の上昇も期待できますよね。

 

契約関係のブリッジ通貨への期待

f:id:LukasDecember:20180323022327j:plain

 主に、イーサリアム(ETH)での話ですが、イーサリアムは取引と同時に契約関係の手続きも一度に処理できる性能を持っています。もし、契約手続きの煩雑な不動産取引などの決済を仲介する通貨(ブリッジ通貨)としてイーサリアムが採用されれば、不動産関係の官公庁や企業は大きな経費削減と取引の迅速化が可能になります。

 

国際送金のブリッジ通貨への期待

f:id:LukasDecember:20180323022340j:plain

  こちらはリップル(XRP)での話になります。国際送金は現在は大変時間がかかる手続きとなっています。数日間以上かかるそうです。

 ここにリップルが国際送金を仲介するブリッジ通貨として導入されれば、ものの数秒で国際送金ができることになります。リップルは最終的には国際送金のブリッジ通貨になることを目標に開発されました。

 企業は出来るだけ手元に現金を置いておきたいですから、リップルによる国際送金で素早く送金手続きが完了するとなればメリットは大きいでしょう。リップルの技術を用いて国際送金を行う試みは実際に始まっています。

 

理由②仮想通貨はこれから手に入りにくくなってくる

仮想通貨の発行上限

  仮想通貨には発行上限というものがあります。この発行上限も私が仮想通貨が暴落しても売らない理由の1つなのです。では、主な仮想通貨の発行上限をまずは見てみましょう。

  • ビットコイン(BTC):2100万枚
  • イーサリアム(ETH):発行上限なし(将来的には2億1000万を上限とする予定)
  • リップル(XRP):1000億枚
  • ライトコイン(LTC):8400万枚

  仮想通貨はマイニングと言われる取引記録を計算する作業の報酬として計算者にその仮想通貨が与えられることで増えていきます。しかし、上記の枚数に達すると手数料がもらえるだけになり、仮想通貨は増えていきません。

 上限があることで希少性が高まり、仮想通貨はその価値を保っていると言えます。(イーサリアムのような例外もありますけどね)

 仮想通貨が発行上限に達してしまうと、それ以上増えなくなるので手に入れることがだんだんと難しくなっていくでしょう。ビットコインは既に発行上限の70%以上に達しています。

 

手に入りにくくなったときに仮想通貨を持っていたい

 この先、仮想通貨が普及していくと、「欲しいけど手に入らない!」となる可能性があるのです。そうなったときにも仮想通貨を手元に残しておきたいという考えから、私は仮想通貨は買ったことはありますが、ご覧のように売ったことは全くありません。

f:id:LukasDecember:20180323015730j:plain

 もし「欲しいけど手に入らない」となった場合、需要と供給のバランスで需要がはるかに大きくなり、仮想通貨の価格が予想以上に高騰する可能性もあります。

 先ほど発行上限を確認した仮想通貨のうち、ビットコインとライトコインが割合に発行上限が少なめですね。これから購入する仮想通貨の候補に入れておくのもいいかもしれません。特に単位量当たりの価格が割とまだ安いライトコインは個人的にはおすすめかなと思っています。

 

理由③ビットコインのマイニング報酬半減期を待っている

 マイニングをすると仮想通貨で報酬がもらえますが、その報酬としてもらえる仮想通貨の量が半分になる時期があらかじめ決められています。そのことをマイニング報酬の半減期と言います。じつはこの3つ目が、私が仮想通貨が暴落しても売らない一番の理由になっています。

ビットコインのマイニング報酬半減期

 本当は半減期は年で決まっているわけでなく、発行量できめられるのですが、現在の発行ペースから予測して、ビットコインのマイニング報酬半減期は次のようなペースで訪れるだろうと言われています。 

  • 2009年:50BTC
  • 2013年:25BTC
  • 2017年:12.5BTC
  • 2021年:6.25BTC
  • 2025年:3.125BTC
  • 2029年:1.5625BTC
  • 2033年:0.78125BTC

  ご覧のように最初の頃はマイニングの報酬として50BTCもらえたのですが、2018年の現在は12.5BTCと半分以下まで減っています。

 この半減期というシステムがある理由はビットコインの発行上限が決まっていることにも関係しています。半減期がないと、マイニングによってあっという間にビットコインが発行上限に達してしまうからです。

 

暴落しても2021年までは売りません

 マイニング報酬の半減期は仮想通貨投資には関係ないと思われがちです。しかしビットコインの相場変動にこの半減期は非常に影響があります。ビットコインの半減期が来た時、その価格は高騰する可能性が高いのです。

 なぜかというと、報酬が減るということはもらえるビットコインが減るということです。半減期以降は手に入るビットコインが減りますので、その分希少性も高くなり、価格も上昇する可能性が高くなるということです。

 なので、私はビットコインをはじめとする仮想通貨がどんなに暴落しても、この半減期までは持ち続けようと思っています。ビットコインは仮想通貨の事実上の基軸通貨になっていますから、ビットコイン以外の他の仮想通貨であるアルトコインもビットコインの価格を追従する傾向にあります。ですからアルトコインも売らずに持ち続けているという訳です。

f:id:LukasDecember:20180323020331j:plain

 実際に2017年末には仮想通貨の価格の暴騰と暴落がありました。この値動きには半減期が関係している可能性があります。

 気を付けたいのは価格の上昇は半減期がくる前に起こる場合が多いということです。半減期前に価格の上昇を期待して、仮想通貨を買う人が多くなります。そして実際に半減期が来ると利益確定で売りを行う人が増え、半減期後に暴落するという仕組みになっています。

 次の半減期は2021年と言われています。最低でもそれまでは、どんなに暴落しても仮想通貨を持ち続けようと思っています。

 しかも、2021年のマイニング半減期で、ビットコインは発行上限の90%近くまでマイニングされてしまうのではないかとも言われています。そうなると更に手に入りにくくなり、希少性が高くなるということです。

 個人的にはできればそのもっと先、半減期が終わる2033年ごろまで持ち続けられればとも考えています。

 

仮想通貨が暴落しても持ち続けるためには

余剰資金で運用

f:id:LukasDecember:20180323020615j:plain

 私も実際に仮想通貨に投資していますが、余剰資金を充てました。暴落しても仮想通貨を持ち続けるためには、例え仮想通貨の価格が0円に限りなく近くなっても生活に支障の出ない範囲で投資していなければなりません。そのためには仮想通貨投資に充てる資金は余剰資金でなければいけませんよね。

 ビットコインなどの仮想通貨は少額でも投資を始められます。無くなっても生活に支障のない余剰資金で投資を始めるべきです。仮想通貨投資に無理は禁物です。

 長期保有を考えているのであれば、暴落時は逆に安く購入できるチャンスだったりします。私もこれまで、暴落時に少しずつでけど買い増しをしてきました。

 

FXには手を出さない

 仮想通貨投資もFX取引が出来ます。簡単に説明すると、取引所に証拠金を収め、レバレッジという仕組みを用いて、手持ち資金以上の取引が出来てしまう仕組みです。FX取引では、損失の割合が一定以上になると強制的に売られてしまいます。強制的に売られてしまうのでFXは長期保有には向かないのです。また損失が大きくなると多額の証拠金の追加を求めらます。ここにはまるリスクがFXにはあります。

 手持ち資金のみで運用することを現物取引と言います。現物取引のみで済ませておけば、価格が回復してくるまで仮想通貨を持ち続けることができます。最悪でも資産が一時的に大きく減るだけで借金まではいかないですしね。

 

 さて、今回は仮想通貨がどんなに暴落しても私が売らずに保有し続ける理由をご説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。

 もし、少しでも興味をもたれたのであれば、「買いたい!」と思ったときにすぐに買えるように準備はしておきましょう。価格が安くなっている現在、逆に購入のチャンスだと思います。

 仮想通貨を買うためには取引所に口座を開設し入金しておく必要がありますが、手続きに数日間~数週間以上待たされることもあります。

 仮想通貨は価格が短期間で大きく動きますから、底値で買えるチャンスを逃さないように、口座開設と入金だけはしておきましょう。

  現在有名で安全性トップクラスの取引所としては…

 があげられると思います。ビットフライヤー紹介記事を貼っておきますね。

www.music-an.com

  ※2018年6月22日追記:現在bitFlierは金融庁からの行政指導対応のため新規登録を受け付けておりません。登録再開しましたらまたリライトいたします。現在は下記のBitbankの登録がおすすめです。

 bitFlierの次に資本力の高い仮想通貨取引所としてはBitbank(ビットバンク)があげられます。国内で人気のリップル(XRP)が板取引というユーザー間同士の直接取引ができるのが魅力的です。板取引だとビットバンクでは手数料は無料です。セキュリティーの高さでも定評があります。

  私は今後も暴落にめげずに仮想通貨を持ち続けて行きたいと思います。今回の記事が皆さんの仮想通貨投資の参考に少しでもなれば嬉しいです。

 それでは、今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。