空から降りてくるものたち

音楽や文学、フィギュアスケート、仮想通貨などの雑記ブログです。思付いたことを、そのまま書いているような感じですが、よろしくお願いします。

ビットコイン・仮想通貨取引所【初心者はまずここ!】安全性重視!

スポンサーリンク

 当ブログにお越しいただきありがとうございます。会計関係のお仕事女子、あんがお送りする仮想通貨シリーズ記事です。今回はビットコインなどの仮想通貨を購入するときに登録・口座開設が必要な取引所から、ビットフライヤーを取り上げてご紹介をしたいと思います。

 取引所の選定はどこでもいいという訳ではありません。取引所によって扱っている仮想通貨の種類や手数料が違ったりします。また、日本国内に本店を置く取引所もあれば、海外に本店を置く取引所もあります。取引所が倒産すれば、保有している仮想通貨も保証されるとは限りませんからね。取引所の選定は大事です。

 今回は初心者向けということで、日本国内の最大手取引所、ビットフライヤーをご紹介していきます。どうぞよろしくお願いします。

f:id:LukasDecember:20180101232751j:plain

国内大手取引所

  • bitflyer(ビットフライヤー)
  • DMM Bitcoin(ディーエムエム ビットコイン)

 現在の段階ではビットフライヤーが最大手の取引所として挙げられると思います。しかし、2017年12月20日に株式会社DMM.comが株式会社東京ビットコイン取引所を12月12日に株式会社DMM Bitcoinに社名変更し、2018年1月11日に口座開設申込受付開始しました。

 DMMは株式FX投資の大手です。信頼性もかなり高いと思いますが、DMM BitcoinはFX取引がメインです。正直に言ってFX取引は手持ちの資金以上の投資が出来てしまうため、初心者の方々にはリスクが高過ぎてお勧めできないと考えています。

 また、coincheckはという取引所もありますが、こちらは2018年1月26日現在、顧客の仮想通貨ネムの不正流出事件があり、ビットコイン以外の全仮想通貨が取引停止になっています。coincheckの登録は避けるべきと思います。

 

bitflyer(ビットフライヤー)

f:id:LukasDecember:20180101215124j:plain

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)の購入/販売所/取引所【bitFlyer】

 

 文句なしの最大手です。テレビCMも打っていましたので、知名度も高いです。資本金も41億円以上と、国内ではトップとなっています。財務力的な安定感から考えても、まず最初に候補に挙がるのがこのbitFlyer(ビットフライヤー)だと思います。

 会員数もすでに100万人を越えているそうです。私もbitflyer(ビットフライヤー)をメインに仮想通貨投資をしています。

 

bitflyer(ビットフライヤー)のメリット

  • 国内最大手の信頼性。
  • パソコンのホーム画面が分かりやすい。
  • スマホアプリの使いやすさ。
  • 不正被害の補償がある。(サイバー攻撃による損失も含む)
  • 取引開始まで時間があまりかからない。

 やっぱり、最大手の安心感というのは大切ですよね。また。パソコンのホーム画面の分かりやすさやスマホアプリの使いやすさもよく考えられていて、「さすが大手!」といった感じです。ちなみにパソコンの画面はこんな感じです。取引高とかその辺は恥ずかしいので隠しちゃいました(;^_^Aご了承ください。

f:id:LukasDecember:20180326230749j:plain

 左側にメニューがざっと並んでいて、そこからやりたいことを選ぶ感じです。ちなみに「ビットコイン販売所」を選ぶと次のような画面になります。

f:id:LukasDecember:20180326225324j:plain

 購入価格、売却価格も大きく表示され下の方には価格の変動を表すチャートも表示されます。販売所はビットフライヤーから直接ビットコインなどを買うときに使います。

 次に、「ビットコイン取引所」を見てみましょう。

f:id:LukasDecember:20180326225542j:plain

 取引所では直接ビットコインを保有するユーザ間で売買ができます。ビットフライヤーが仲介する形で手数料がかかりますが、販売所のスプレッドよりもかなり安く済みますので、慣れてきたら取引所を使う方がいいでしょう。

 

 またスマホアプリが使いやすいのはとても大事です。出先で確認して「あ!売りたい!」とか「買いたい!」となったときにスマホで取引が簡単にできるのは大変便利です。私も重宝しています。

f:id:LukasDecember:20180401230733j:plain

 ご覧のようにシンプルで分かりやすいですよ。

 また、万が一不正利用された場合でも500万円を上限として保証してくれます。大事なお金を預けるのですから、保証があるかはとても大切ですね。大手取引所でサイバー攻撃に関する損失の補填も行っているのは、今のところbitFlier(ビットフライヤー)だけのようです。

 どこにしようか迷ったり、1カ所だけで取引を考えている場合はbitFlyer(ビットフライヤー)にしておけば間違いないと思います。

 また、「すぐに取引を始めたい!」というのであればbitFlyer(ビットフライヤー)が一番でしょう。取引開始までの書類の承認が早いことでも有名です。営業日内であれば2日間~3日間ほどで取引を開始することが出来ます。

 ちなみに、ビットコインは最小0.001BTCから買うことが出来ます。数百円~数千円で仮想通貨投資が始められますよ。

 

bitflyer(ビットフライヤー)のデメリット

  • 手数料が高い(購入価格と売却価格の差が大きい)
  • 取り扱い仮想通貨の種類がやや少ない。
  • アルトコインは販売所しかない。

 bitFlier(ビットフライヤー)でビットコインを買う方法は2種類あります。1つは販売所から購入する方法です。

 販売所から購入する場合、購入価格と売却価格に差をつけて、その分の差額を手数料として徴収し経営を行っています。先ほどの写真に購入価格と売却価格が載っていましたので、改めてご覧ください。

f:id:LukasDecember:20180326224301j:plain

 ご覧のように購入価格の方が高くなっています。その差額で取引所は儲けるというわけです。

 もう一つは取引所から購入する方法です。取引所とはビットフライヤーのページを介してユーザー間で直接ビットコインの取引をする場所です。その場合は差額による手数料(スプレッド)は発生しません。取引の手数料はかかりますが、スプレッドがない分、安く済みますよ。しかし、ビットフライヤーは今のところビットコインの取引所しかありません。

 取り扱い仮想通貨の種類が少ない点ですが、これはビットフライヤーが取引する仮想通貨を厳選しているからとも取れます。ビットフライヤーが扱っている仮想通貨は比較的信用度が高いと捉えてもいいので、私たちのような初心者にとっては逆にメリットと言えるかもしれませんね。

 アルトコインは値動きが激しいので、多少の手数料の高さは気にならないかと思いますが、出来ればアルトコインの取引所も開設してほしいと思います。ビットフライヤーさんよろしくお願いします!

 また、以前はサーバーが重たい傾向がありましたが、サーバー増強により改善されたようです。最近は取引が集中しても遅くなることがほとんどなくなりました。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の取り扱い仮想通貨

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアム・クラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコイン・キャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LISK)

 それほど多いほうではないですが、私のような初心者には十分です。あまりたくさんあっても悩んじゃいますから…。ちなみにモナコインは日本国産の仮想通貨です。仮想通貨で格付けが一番高いイーサリアム(ETH)があるのも嬉しいですね。

スポンサーリンク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

 さて、今回はおすすめの取引所としてビットフライヤーをご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。仮想通貨の取引所は「取引したい!」と思ったときにすぐに口座開設できるものではありません。最低でも数日はかかります。仮想通貨の取引を少しでも考えているのであれば、口座開設と入金だけでもしておいた方がいいですよ。

 入金も銀行の営業日が土日だと時間がかかるので、ある程度入れておいたほうが初動は早くなるでしょう。登録して様子見するだけなら無料ですしね。

 公式ホームページはこちらです↓

 ※2018年6月22日追記:現在bitFlierは金融庁からの行政指導対応のため新規登録を受け付けておりません。登録再開しましたらまたリライトいたします。現在は下記のBitbankの登録がおすすめです。

 それでは、今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。