空から降りてくるものたち

音楽や文学、フィギュアスケート、仮想通貨などの雑記ブログです。思付いたことを、そのまま書いているような感じですが、よろしくお願いします。

【簿記3級】頻出!勘定科目一覧~試験直前最終チェックに!

スポンサーリンク

  当ブログにお越しいただき、ありがとうございます。会計的お仕事女子のあんがお送りする簿記3級シリーズ記事です。今回は簿記3級の試験で頻出、よく出題される勘定科目を一覧にまとめてみました。日頃からこまめにチェックしていくと自然と覚えられると思います。また、試験直前の最終確認やチェック用などにも使っていただけると思います。

 それでは、今日もよろしくお願いいたします。

f:id:LukasDecember:20180630001718j:plain

 

勘定科目の覚え方

 まずは、一覧にまとめるまえに、勘定科目の効率的な覚え方について簡単にご説明しておきますね。以前の記事でも解説しましたが、丸暗記はあまりお勧めしません。貸借対照表と損益計算書の構成を覚えてから、それと関連させて勘定科目を覚えるのが理想的なパターンです。仕組みが分かると覚えやすいですからね。参考記事を載せておきますので、よかったらご覧ください。

www.music-an.com

www.music-an.com

www.music-an.com

スポンサーリンク

 

簿記3級頻出勘定科目一覧

資産の勘定科目

f:id:LukasDecember:20180630001028j:plain

  • 現金(紙幣や硬貨、小切手、為替証書、配当金領収書、公社債利札など)
  • 建物(店舗、倉庫、事務所など)
  • 備品(机、椅子、金庫、パソコンなど)
  • 車両運搬具(トラック、営業車など)
  • 土地(店舗や倉庫、駐車場のための敷地など)
  • 貸付金(貸した現金を後日受け取る約束をしたもの)
  • 手形貸付金(現金を貸し付け、借用証書の代わりに約束手形を受け取ったとき)
  • 売掛金(商品を売ったときに代金を後日受け取る約束をしたもの)
  • 前払金(商品を買ったときに内金として払い後日商品を受け取る権利
  • 他店商品券(商品の販売代金を他店発行の商品券で受け取ったとき)
  • 当座預金(取引専用の無利息の口座、小切手の発行ができる)
  • 受取手形(商品を売上げたときの代金を、後日を受け取る約束で約束手形を受け取ったとき) 
  • 有価証券(株式や公社債。取得手数料は購入代金に上乗せ)
  • 未収入金(商品以外の取引で後日代金を受け取る場合)
  • 立替金(従業員に給料を前貸ししたり、商品を売った発送料を建替えたとき)
  • 仮払金(従業員の出張旅費を出張前に概算払いしたとき)

 ここで注意してほしいのが、現金勘定です。簿記3級の場合、すぐに現金に換金できるものは現金勘定として処理します。売り上げを小切手や為替証書(送金時の証明書)などで受け取った場合は、現金勘定で処理します。

 配当金領収書とは株式を保有しているともらえる配当金が出たときに送られてくるものです。現金勘定の借方で処理しますが、貸方には受取配当金(収益)で仕訳します。

 また、仮払金は仮に払うので負債と間違えやすいです。出張終了後旅費が確定したときに戻ってくる可能性があるため資産と覚えるといいでしょう。

 

負債の勘定科目

f:id:LukasDecember:20180630001506j:plain

  • 借入金(借りたお金を後日支払う約束をしたもの)
  • 手形借入金(現金を借り入れ、借用証書の代わりに約束手形を振出したとき)
  • 買掛金(商品を仕入れるときに、すぐに現金で払わず後日払う約束をしたもの)
  • 前受金(商品の注文を受けたときに受けとった内金。後日商品を引き渡す義務
  • 商品券(商品券を発行し、後日商品を引き渡す義務
  • 当座借越(当座預金の残高を下回って小切手を発行したときなど)
  • 支払手形(支払代金の代わりに後日支払う約束で約束手形を振出したとき)
  • 未払金(商品以外の取引で、後日支払いをする場合)
  • 預り金(給料支払いの際の源泉所得税などを税務署に払う前に一時的に預かっている場合)
  • 仮受金(出張中の従業員が取引先から送金してきたが内容が不明な場合)

 当座借越は当座預金0円以下になってしまったときに使用する勘定科目です。当座預金は銀行との借越契約により決められた限度額まで一時的に借金をして小切手を発行することができます。借金なので負債になります。

 注意してほしいのは預り金と仮受金です。預り金は現金を預かっているので資産のように思いますが、後日支払い義務があるため、負債となります。

 また、仮受金も現金を受け取るので資産のような気がしますが、後日現金や売掛金などに振り替える都合上、負債として扱います。

 

資本の勘定科目

  • 資本金(営業を開始するため、または事業拡大のための元入れ)

 ただ単に買う場合は現金が貸方に記載されて、現金の減少などで仕訳しますが、元入れとなる場合は資本金の貸方に記載され、資本金の増加として仕訳されます。

 また、お店の現金を店主の個人的な用途に使った場合(家計の食費など)は資本金の減少として仕訳するので、借方に仕訳されます。

スポンサーリンク

 

費用の勘定科目

f:id:LukasDecember:20180630001529j:plain

  • 仕入(商品を購入するときの支出)
  • 給料(従業員に支払う賃金や手当)
  • 水道光熱費(店舗などの営業にかかる電気、ガス、水道代金)
  • 通信費(電話料金や郵便切手、ネット使用料)
  • 消耗品費(用紙、筆記用具、照明器具、プリンタのインク代金など、使うと減ってしまうもので割合安いものを買ったときの支出)
  • 支払家賃(建物を営業用に借りたときの支出)
  • 支払地代(土地を営業用に借りたときの支出)
  • 支払手数料(取引の仲介をしてもらったときに支払う手数料など)
  • 支払利息(銀行などからの借入金に対して支払った利子)
  • 雑費(特定の勘定科目に該当しない少額の支出)
  • 発送費(商品の発送運賃を負担した場合の支出)
  • 手形売却損(持っている約束手形を入金期日前に銀行に割引いた(売った)ときの手数料)
  • 有価証券売却損(株式や社債を売って損失が出たとき
  • 修繕費(建物や車両などを修理したときの支出)
  • 広告宣伝費(広告を打った時の支出)
  • 旅費交通費(従業員の出張などの支出)
  • 減価償却費(建物などの価値の減少額)
  • 保険料(建物などの損害保険の料金)
  • 租税公課(店舗の固定資産税や収入印紙代金)

  ここで注意したいのは修繕費です。建物などを純粋に修理した場合は修繕費で仕訳しますが、修理によって使用可能期間が延長されたときなど、資産価値が上がった場合は建物(有形固定資産)そのものの金額を増加させます。

 また、後日代金を受け取る約束で受け取った手形は、受取期日前に銀行などに売却することができます。そのことを割引といいます。しかし、受取期日前ですのでその日数分金額が差し引かれることになります。その差し引かれて銀行に支払う手数料を割引き料と言うのですが、割引き料と仕訳はせず「手形売却損」という勘定科目で仕訳します。

 さらに、少々難しいのが減価償却費です。建物や車両は購入した瞬間から価値が少しずつ減っていきます。簿記ではその減っていった価値も費用として計上するのです。買って終了ではないところに企業の黒字決算の難しさがあったりします。

収益の勘定科目

  • 売上(商品などを販売して得た収入)
  • 受取手数料(取引の仲介などをして得た手数料収入)
  • 受取利息(預貯金や貸付金の利子)
  • 受取配当金(株式を所有しており、その配当金を受け取ったとき)
  • 有価証券利息(公社債の利息を受け取ったとき)
  • 有価証券売却益(株式や公社債を売って得をした時の収益)
  • 受取家賃(建物を貸したときの収入)
  • 受取地代(土地を貸したときの収入)
  • 固定資産売却益(建物などを売却したときに出た利益)

 

利益の勘定科目

  • 当期純利益(1年間の利益)
  • 当期純損失(1年間の損失)

  決算時に1年間の収益と費用から計算されます。

その他の勘定科目

  • 現金過不足(帳簿と実際の現金が合わない場合に一時的に使用)

 現金化不足勘定はあくまでも一時的な処理です。帳簿と実際の現金の不一致の原因が分かったときには相殺仕訳をして現金過不足勘定はただちに消去します。

 

 今回は、簿記3級の試験で頻出の勘定科目を一覧にまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。試験直前の最終確認に活用したり、普段からコツコツ見て勘定科目を覚えるために使っていただければ嬉しく思います。

 独学ではなく、確実な簿記資格取得を考えている方は通信講座がよいですよ。私も通信講座で簿記2級まで取得しました。最近の通信講座は、ネットを活用して質問などができるので、通学の講座とほとんど遜色ないと思います。

 試しに資料請求だけしてみても、簿記がどんな資格か情報が無料でもらえるのでいいですよ。公式HPはこちらです。よかったらどうぞ。

たのまな

 

 それでは、お勉強頑張ってくださいね♪合格目指して頑張りましょう!今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

<簿記3級関連記事です。よかったらこちらもどうぞ>

www.music-an.com

www.music-an.com