空から降りてくるものたち

音楽や文学、お仕事、ブログ運営などの雑記ブログです。思付いたことを、そのまま書いているような感じですが、よろしくお願いします。

ヒートポンプ式ロードヒーティングレポ!~ランニングコスト公開!

スポンサーリンク

 こんにちは。雪国に住んでいるあんです。雪国に住んでいると冬に悩まされるのが雪かきです。仕事から帰ってきて、お家の前に雪がどっさり積もっていると正直かなりうんざりです。雪かき、できればしたくありませんよね。そんなわけで我が家では、数年前に思い切ってロードヒーティングを設置しました。

 ロードヒィーティングとは、路面を温めて雪を溶かしてくれる設備のことです。設置したのは、最近新しい熱源として注目されているヒートポンプ式のロードヒーティングです。

 そこで今回は、ロードヒーティングの簡単な説明や使用レポートを書きたいと思います。設置後数年経ちましたので、ヒートポンプ式ロードヒーティングの使ってみて分かった良い点や課題、実際のランニングコストなども、ご紹介していきたいと思います。それでは、よろしくお願いします。

f:id:LukasDecember:20171008202131j:plain

三菱電機融雪用温水ヒートポンプユニッ:MELSNOW(ロードヒーティング対応/屋根融雪対応):MELSNOW

 

ロードヒーティングの種類

 先ずは簡単にロードヒーティングの種類について簡単にご説明します。熱源によっても大きく分けて4種類になります 。

灯油ボイラー式

 灯油ボイラーで不凍液を熱し、熱せられた不凍液を地面に循環させるものです。

  • 立ち上がりが早く、熱量が多いので、大雪にもある程度対応。
  • 燃料コストが灯油価格に左右される。
  • 最近の灯油価格の傾向だと燃料代が多め。
  • ボイラーの点検と不凍液の交換で維持費がかかります。

ガスボイラー式

 ガスボイラーで不凍液を熱し、熱せられた不凍液を地面に循環させるものです。

  • こちらも立ち上がりが早く、熱量は多め。
  • 燃料コストはガス代金に左右されます。都市ガスであればある程度抑えられるでしょうが、やはりランニングコストは高めです。プロパンだと大変なことになりそう…。
  • ボイラーの点検と不凍液の交換で維持費がかかります。

電気式

 地面に電熱線を埋め込んで、その熱により地面の雪を溶かします。

  • これまた立ち上がりは早め。熱量も電気を使えばその分出ます。
  • 電気代が結構かかります。
  • 不凍液の交換やボイラーの点検がないので設備のメンテナンスはほぼフリー。

ヒートポンプ式

 ヒートポンプという大気から熱を取り出す装置を使って不凍液を熱し、循環させ雪を溶かします。

    • 立ち上がりが遅め。大雪になるとすぐには溶けません。
    • 大気中の熱をコンプレッサーで取り出すので、電気代はお安くなります。
    • 不凍液の循環タイプなので、不凍液交換のコストはかかりますが、ヒートポンプは、ほぼメンテナンスフリー。

スポンサーリンク

1年間のランニングコスト見積

 設置業者に、概算で1年間のランニングコストをヒートポンプ式と電気式で出していただきました。灯油式については、ネットにデータがありましたので、そこから引用させていただきました。灯油式については、近い年度の灯油価格で再計算させていただきました。

 年間の降雪量は約5mです。積雪量は最大で1mほどになります。

 

灯油式ロードヒーティングのランニングコスト概算

  • 1年間の燃料代 68,784円
  • 施工面積20㎡
  • 灯油価格は131.4円/ℓ(2008年)
  • 稼働時間は650時間

融雪総合メーカー 株式会社ヒルコ

※2016年冬季の灯油配達価格は約85円/ℓですので、85円で再計算すると45,146円になります。

 

電気式ロードヒーティングのランニングコスト概算

  • 1年間の電気代 85,136円
  • 施工面積25㎡
  • 電気代は2015年現在
  • 稼働時間は600時間

 

ヒートポンプ式ロードヒーティングのランニングコスト概算

  • 1年間の電気代 40,467円
  • 施工面積25㎡
  • 電気代金は2015年現在
  • 稼働時間は1200時間(熱量が少ないのでほぼつけっぱなしです)

 施工面積に違いがあったり、灯油価格は大きく変動しますので一概に比較はできませんが、ヒートポンプ式の方が施工面積が広いのに、灯油ボイラー式よりヒートポンプ式の方が5,000円ほどお安くなっています。5㎡分お安くなると考えると、ヒートポンプ式の方が概算でも安く済みそうです。

ヒートポンプロードヒーティングの仕組みf:id:LukasDecember:20171008202041j:plain

三菱電機融雪用温水ヒートポンプユニッ:MELSNOW(ロードヒーティング対応/屋根融雪対応):MELSNOW

 

 それでは、実際にかかったランニングコストを見ていきましょう。

ヒートポンプ式ロードヒーティングの実際のランニングコスト

 では、2016~2017年シーズンの我が家のヒートポンプ式ロードヒーティングの電気代を公開したいと思います。

f:id:LukasDecember:20171008201938j:plain

三菱電機融雪用温水ヒートポンプユニッ:MELSNOW(ロードヒーティング対応/屋根融雪対応):MELSNOW

  • ヒートポンプは三菱のメルスノー(後付けヒーターなし)降雪センサー付き
  • 施工面積25㎡
  • 12月 使用電力   84kw     1,327円
  •   1月 使用電力 790kwh 11,173円
  •   2月 使用電力 541kwh   7,996円
  •   3月 使用電力 295kwh   8,883円  

合計 29,379円!

 なんと、最初に業者の方にいただいた概算よりもかなりお安く抑えることが出来ました。天気のいい日以外は、ほぼつけっぱなしで降雪センサーに頼り切りだったにもかかわらず、この価格に抑えられたのはかなり大きいと思います。

 施工部分が南向きであることと、お天気の日にはスイッチを切っておいたのがかなり良かったように思います。歩道の捨てきれない雪を路面にまいて溶かしたりもしていたので、もっとかかるかと思いましたが、これはかなり優秀ではないでしょうか。

 うちの地方の排雪料金が1シーズン契約、週1の計10回で約40,000円前後ということを考えると、排雪よりもお安いです。この点からも、ランニングコストとしては合格だと思います。

 

ヒートポンプ式ロードヒーティングの使用感と弱点

 ただし、ヒートポンプ式ロードヒーティングにも弱点はあります。大雪に弱いというところです。熱量がそれほど多くないので、常に路面を温めて大雪に備えているのですが、年に1,2回ある異常な大雪の時はさすがに溶けきれず、雪かきをしました。

 また、降った雪もすぐ溶けるのではなく、夜から朝にかけて降った雪は朝には少し残っていて、帰宅までに溶けているという感じです。ゆっくりですが確実に溶かすイメージです。「すぐに全部溶けてくれないと困る」という方には、ちょっとお勧めできないかもしれません。それでも朝、積もっていて車が出せないということはありませんでした。車を出す分ぐらいは夜のうちに溶かしてくれます。

 帰ってきてから雪かきをしなくて済むというだけでも、かなり助かるので、このランニングコストを考えると十分合格と言えるのではないでしょうか。

 

      スポンサーリンク

 

 さて、今回はヒートポンプ式ロードヒーティングの記事を書いてみましたが、いかがでしたでしょうか。私の住んでいるところは、あと数か月で雪の便りも届くころになるかと思います。雪が降ってしまう前に、今年の降雪対策をしてみてはいかがでしょうか。

 それでは、今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。