空から降りてくるものたち

音楽や文学、お仕事、ブログ運営などの雑記ブログです。思付いたことを、そのまま書いているような感じですが、よろしくお願いします。

遠距離恋愛に勇気をくれる歌~おすすめ3曲~

スポンサーリンク

 遠距離恋愛をしているときの気持ちって複雑ですよね。私も遠距離していたことありますが、会えない間に盛り上がる気持ちもあれば、会えなくって寂しいときもあったりします。私はお店におひとり様で入った時などに、「一人だけど、一人じゃないんだぞ!」と妙に強気になってみたりしていました(笑)

 今日はそんな遠距離恋愛に勇気をくれ、心の支えになる、おすすめの曲を3曲ご紹介したいと思います。最後まで読んでいただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

 

f:id:LukasDecember:20170622002455j:plain

 

「奏」スキマスイッチ アルバム『夏雲ノイズ』収録

 しっとりとしたピアノの前奏で始まるバラードです。歌詞の内容は、年齢の離れたカップルの遠距離恋愛という設定になっていると思います。大人の男性が、年下の女性の恋人の成長を見守っているような感じがします。駅のホームで恋人を見送る場面からAメロが始まります。これから遠くに旅立つ恋人を見送っているかのような場面ですが、こんなときに脳裏の多くを占めるのは「何を言ったらいいんだろう」という気持ちだと思います。そんな切ない場面からこの曲は始まります。

 

 そんな切ない場面から始まる曲ではありますが、この曲が遠距離恋愛に勇気を与えると感じるのは、主人公の男性が恋人のことを「たとえどこへ行ったとしても、自分が守ってみせる」という気持ちが、強く表現されているからだと思います。最初の前奏とは裏腹に、非常に盛り上がりを見せるCメロで、この気持ちがストレートに表現されているのが痺れます。

 

 私も実際に遠距離恋愛をしているときに、この曲のこのCメロ部分に大変勇気をもらいました。あと、二人の時間を重ねることが遠距離恋愛の力になることもこの曲から教えてもらったような気がします。この曲は、プロモーションビデオも大変いい感じに仕上がっています。曲の世界観を上手に再現していますので、そちらもぜひ見ていただければと思います。

 

奏(かなで)

奏(かなで)

  • スキマスイッチ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

夏雲ノイズ(初回)(DVD付)

夏雲ノイズ(初回)(DVD付)

 

 

スポンサーリンク

 

「帰りたくなったよ」いきものがかり アルバム『いきものばかり』収録

  ピアノとオーケストラによる感動的に始まる前奏が印象的です。新天地に一人で旅立ってきた主人公という設定で曲は展開していきます。この曲を聴いていて思うのは、題名通り「帰ることのできる場所があるっていいな」ということです。恋人と遠く離れて一人で夢を追いかけて頑張っている方に、大変勇気をくれる曲だと思います。

 

 題名は「帰りたくなったよ」なので、一見後ろ向きな感じがしますが、全く逆です。曲の主人公が帰りたくなったのは「自分の夢や自分の成長を恋人に見せたい」という理由からです。なので、これは個人的な解釈ですが「帰りたくなった」と言いつつも「夢をつかむまで帰らない」という決意を固めた歌にも思えます。

 

 また、この曲の魅力のひとつは、ストリングスの編曲で大変に盛り上がるところだと思います。ちなみに編曲はプロデューサーの島田昌典さんです。大変多くの方のプロデュースをされています。aikoのプロデューサーもしています。聴き込むと、ストリングスアレンジの雰囲気が似ていることに気が付くかと思います。個人的に島田昌典さんのアレンジは大好きです。引くところと出るところを上手に使い分け、感動的に盛り上げていく魅力があると感じています。

 

帰りたくなったよ

帰りたくなったよ

  • いきものがかり
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

いきものばかり~メンバーズBESTセレクション~

いきものばかり~メンバーズBESTセレクション~

 

 

 

「ぼくらが旅に出る理由」小沢健二 アルバム『ライフ』収録

  今までの2曲と比べて、一転雰囲気はすごく明るくなります。最近活動を再開された、小沢健二さんの曲です。復活記念というわけではないですが、ちょっと懐かしい気分もあってご紹介したくなりました。

 

 主人公の恋人が海外へ旅立つという設定だと思います。その恋人を空港へ送りに行くところから、曲の舞台は始まります。この曲の主人公はその別れを悲しいとは全然思っていないようです。「成長するためのしばしの別れ」として快く恋人を送り出す感じの曲になっています。

 

 正直に言って「こんな気持ちになれるってすごいな」と思います。恋人が遠距離になるというと、多少の差はあれ躊躇をもつ方が多いのではないのかと思うのです。遠距離恋愛を大変肯定的にとらえ、お互いの成長の機会として表現されています。曲調も明るく素直な感じです。こんなに明るく遠距離恋愛を始められるなんて、すごい理想的だとも思いますが、そんなことできるのは、小沢健二さんだけかもしれないなんて思ったりもします。ちょっと若いころのCDジャケットが、またなんだか懐かしいですね。

 

ぼくらが旅に出る理由

ぼくらが旅に出る理由

 

 

LIFE

LIFE

  • アーティスト: 小沢健二,スチャダラパー,服部隆之
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 1994/08/31
  • メディア: CD
  • 購入: 11人 クリック: 1,152回
  • この商品を含むブログ (744件) を見る
 

 

 

 さて、今日の記事はいかがだったでしょうか。遠距離恋愛ってちょっと寂しいですけれども、お互いの絆を確かめることができたり、一人の時間で成長出来たり、離れている間に思いが更に深まったりと、いいこともたくさんありますよね。そんな遠距離恋愛をされている方々の応援に、少しでもなれれば嬉しいです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 恋愛をし始めたころにおすすめの曲を集めた記事を書いたこともあります。よろしかったらこちらもどうぞ。

www.music-an.com