空から降りてくるものたち

音楽や文学、お仕事、ブログ運営などの雑記ブログです。思付いたことを、そのまま書いているような感じですが、よろしくお願いします。

Googleアドセンス審査最新情報!~2017年7月・審査通過の注意事項〜

スポンサーリンク

 先日、念願のGoogleアドセンスの審査を無事通過いたしました。(2017年7月現在)無事合格することができて、正直ほっとしています。しかも1発合格でした。嬉しい♪

 Googleアドセンスの審査基準や審査の過程については、最近目まぐるしく変更が加えられているようです。以前でしたら簡単に審査を通ったようなブログでも、審査に通らないということが増えてきていると聞きます。また1次審査、2次審査と段階があったものが1つにまとめられていました。1次審査はなく、最初からhead部分にコードを貼り付けてすぐに審査という流れになっておりました。

 そこで今回は、Googleアドセンスの審査を受ける際に私が気を付けたことと、その時のブログの状況をご報告して、皆さんの申請の参考にしていただければと思います。

f:id:LukasDecember:20170723025724j:plain

ブログ作成で気を付けていたこと

 まず、当ブログですが、作成当初からGoogleアドセンス申請を視野に入れておりました。申請用のブログを別に作るのは面倒ですからね。googleアドセンス申請を考えている方は、ブログ作成の早い段階から記事の内容がアドセンスの基準を満たすように考えて記事を書くようにしましょう。私も記事を書く際には、ジャンルや内容にそれなりに配慮しながら書いてきたつもりです。それでは、どんなところに気を付けていたのか、まとめてみたいと思います。

  • お酒やたばこに関する情報は一切触れない。
  • 成人向けと思われる情報も一切触れない。
  • How to関連の記事を多くして、読者に役立つ情報を提供する。
  • 時事ネタはできるだけ避ける。
  • 著作権に触れないように記事内容や写真に気を付ける。
  • 1記事1000文字以上となるようにする。
  • 40記事となってから申請する。
  • プライバシーポリシーを作成しておく。
  • お問い合わせフォームを作成しておく。
  • GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールを使用し、お互いを連携させておく。

避けた方がいい記事内容

 お酒やたばこ、成人向けの話題はNGというのは有名なので、ご存知の方も多いと思います。また、最近のGoogleアドセンス審査の傾向ですが、読者に有益であるかというところが大分強調されているようです。なんとなく書いた記事だと審査に通りにくくなるかもしれません。この辺りはアドセンスの規約を確認されるのが一番だと思います。一度は目を通しておきましょう。

 時事ネタは避けた方がいいというのは、ちらっと聞いた程度ですが、ブログの公平性を確保するということを考えると、政治関係のネタは取り扱わないほうが無難かと思い念のためやめておきました。著作権に関しては、特に画像の使用で気を付けていました。アーティストなどの本人画像は使用しない。使用する画像はフリー画像か自分で撮影したもの、スクリーンショットだけとする。以上のようなことに配慮していました。スクリーンショットは引用として分かるように、サイト名が出来るだけ入るような範囲でトリミングをしていました。

 あと著作権に触れないようにということで、youtubeの埋め込みは全くしませんでした。youtubeの埋め込みとアフィリエイトリンクの併用は著作権に違反するようです。音楽関係は特に気を付けてください。Amazonアソシエイトのリンクやアイチューンアフィリエイトのリンクを貼っているので、そのあたりは気を配りました。

 

スポンサーリンク

 

記事の文字数と記事数

 1記事1000文字以上ですが、これは何気なく書いていても2000~3000文字くらい書いてしまうので、苦にはなりませんでした。逆に多くて読みにくくないかちょっと心配でした。

f:id:LukasDecember:20170723030945j:plain

 記事数はある程度なければ心配という情報が多かったので、30記事を越えたら申請しようと思っていたのですが、仕事が忙しかったり、申請手続きをするよりブログを書きたかったり、などなどの理由で遅れてしまい、40記事になった時点で申請をしました。その後、審査期間中も1~2日に1記事程度の更新を続けておりました。合格までに10日以上かかりましたので、合格時点では48記事になっていました。

 

プライバシーポリシーとお問い合わせフォーム

 プライバシーポリシーについては、忘れてしまう方が多いようです。気を付けてください。私は記事として書いて、UPの日時をサイト作成日までさかのぼりました。ページの下側から飛べるようにフッタにリンクを作成しておきました。フッタへのリンクの作成は少々難しいようなので、サイドバーへのリンクの登録でも構わないかと思います。プライバシーポリシーの内容については、以下のブログを参考にさせていただきました。ありがとうございました。

gattolibero.hatenablog.com

 

 お問い合わせフォームについては、グーグルのページから「フォーム」という機能を選んで問い合わせフォームを作成し、サイドバーへリンクを貼りました。こちらも参考にさせていただいたブログがあります。ありがとうございます。

www.mutant-tetsu.com

 

Googleアナリティクスとサーチコンソール

 Googleアナリティクスについては、登録が必須のようです。サーチコンソールについては無くても大丈夫だそうですが、独自ドメインの取得と新アドレスへの移行の時にどうしもて必要だったので登録しておきました。両方を連携させておくと自分のサイトの認証にも役立つので、審査についてよい方向に働く可能性はあるような気がします。余裕のある方はサーチコンソールも入れてアナリティクスと連携させておきましょう。

 

他のブログの情報で得た情報と相違のあるもの

 Googleアドセンス申請についてまとめたブログもいくつか読んでみました。そのブログの情報と実際に違うところがあったものについてまとめてみます。

  • 画像は使用しても問題なかった。
  • Amazonアソシエイトなどのアフィリエイトリンクも貼ったままでOK。
  • はてブやツイッターのリンクボタンも貼ったままでOK。

画像の使用について

 画像については著作権に気を付けてフリー画像や自分で撮影したもの、スクリーンショットのみとしましたが、巷で言われているように、画像は絶対ダメというわけでは無いようです。ちなみにスクリーンショットは引用とみなされるようです。

    また、音楽の記事を多く書いていますが、アーティストの画像は貼りませんでした。更に、先ほども書きましたが、アフィリエイトリンクを貼っている方は、youtubeの埋め込みはしないほうがいいと思います。

 

アフィリエイトリンクについて

 Amazonアソシエイトについてはリンクは貼ったままでしたが、これは逆によかったのではないかと思います。Amazonアソシエイトを利用することで、アーティストなどのアルバムジャケットを著作権に触れずに使用することができます。ただし、Amazonアソシエイトプログラム参加者の宣言をサイドバーに貼っておきました。

 また、アイチューンアフィリエイトやA8など、他のASPのアフィリエイトリンクも貼ったままでした。規約に触れるようなことをしていなければ、アフィリエイトリンクも貼ったままで大丈夫なようです。

f:id:LukasDecember:20170723030036j:plain

 

ソーシャル系のリンクボタンについて

 こちらも外した方がいいという情報が流れているようですが、貼ったままで大丈夫でした。なにかの権利侵害をしていたり、スパム行為を行っていない限り、気にすることは無いと思われます。

f:id:LukasDecember:20170723030521p:plain  

 

審査の日数について

 審査はサイト上では3日程度と書かれておりましたが、こちらは巷の情報通り、長引くことが多いようです。私の場合は10日程度かかりました。中には2週間以上や1か月程待たされた方もいるようです。審査にはある程度日数がかかるのは覚悟しておいた方がよさそうです。

 

 さて、最新情報を出来るだけ早くお届けしたほうが良いかなと考えて、取り急ぎまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。今後Googleアドセンス登録を考えている方の参考になれば幸いです。

 今日はすごく長くなってしまいましたね…。こんなに長いのに最後まで読んでいただき、ありがとうございました。