空から降りてくるものたち

音楽や文学、フィギュアスケート、仮想通貨などの雑記ブログです。思付いたことを、そのまま書いているような感じですが、よろしくお願いします。

仮想通貨【手数料が安い取引所】ザイフ紹介~メリットとデメリット

スポンサーリンク

 こんにちは。当ブログにお越しいただき、ありがとうございます。会計的お仕事女子のあんがお送りする、ビットコイン・仮想通貨投資シリーズ記事です。今回は昨年からの高騰で話題のビットコインなどの仮想通貨を購入できるビットコイン・仮想通貨取引所、Zaif(ザイフ)のご紹介の記事です。

 最近、剛力彩芽さんのTVCMを打ち、話題になりましたね。知名度も上がってきていることと思います。また、仮想通貨の取引に慣れてくると手数料の高さ、スプレッドなどが気になってくると思います。

 そこで今回は、仮想通貨取引所の中でも手数料が安い国内取引所Zaif(ザイフ)についてご紹介していきたいと思います。

 それでは、どうぞよろしくお願いいたします。

Zaif(ザイフ)の紹介

f:id:LukasDecember:20180226224800j:plain

 Zaif(ザイフ)

 最大手とまではいきませんが、仮想通貨投資をしている方は必ず使っていると言われている取引所です。テックビューロ株式会社が運営し、資本金は8億3,013万円です。仮想通貨取引事業者の中ではまずまずといったところでしょう。もちろん金融庁の仮想通貨交換業登録業者です。

 

Zaif(ザイフ)のメリット

  • 手数料が安い。
  • アルトコインの取引所がある。
  • トークンの扱いが豊富。
  • 詳細なローソク足チャート
  • 仮想通貨の定期積立あり
  • ビットコイン(BTC)建てでの取引が可能

 資本力、事業規模などでは最大手のビットフライヤーには劣りますが、手数料の安さを売りに事業展開しています。取引手数料はびっくりのマイナス0.01%~マイナス0.05%です。取引すると逆に最大200円を限度としてお金がもらえます。

    また、アルトコインの取引所があるのが嬉しいですね。取引所では手数料も多少は取られますがユーザ間で直接取引ができるので手数料がかなり安くなります。その他の国内大手は取引所はビットコインのみというところが多いです。アルトコインは販売所で高い手数料を払って買う取引所が多いです。アルトコインの取引所があるのはかなりポイントが高いです。

    パソコンのホーム画面は中級者以上向けという感じです。チャートなども情報量が多く、書き込みなどの簡単なカスタマイズもできます。相場を読む指標になる移動平均線も表示できます。しっかり相場を分析したい人におすすめです。ちなみに取引所の画面はこんな感じになっています。

f:id:LukasDecember:20180304214704j:plain

 また仮想通貨の定期積立もあります。少しずつ仮想通貨投資を始めたいけど、あまり深く分析している時間が取れない方は、ザイフの定期積立にお任せしてみるのもひとつの手ですよ。月1万円くらいから始めれば、少しずつ無理せずに仮想通貨投資が出来ますね。

 定期的に購入していくと、高掴み(高い値段で買ってしまう)のリスクも抑えられますしね。

f:id:LukasDecember:20180228013615j:plain

 Zaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)のデメリット

  • サーバーが弱い。
  • 不正アクセスによる補償がない。
  • PCページやアプリの表示が難しい。
  • 登録と取引開始までに時間がかかる。

 またまだ大手には届いていない分、今後の設備投資やセキュリティーへの注力が期待されます。PCページやアプリは先ほど少々ご紹介したように若干上級者向けといった感じです。自信のある方や仮想通貨投資に慣れてきてから使うのが良いのではないでしょうか。

 サーバーの増強は取引急増の際にタイムラグを生じることなく取引するために必要ですから、ここは頑張ってほしいところです。

 不正アクセスの保証が無い点も気になります。コインチェックほどではないですが、ザイフは何度か不正アクセスの被害を受けています。金融庁認可取引所による自主規制団体が立ち上がりましたので今後の進展はありそうですが、二段階認証などの設定はしっかりとしておいた方がいいでしょう。

 次に取引開始までの時間についてです。私、試しに2か所の取引所で同時に口座開設してみたのですが、1番早く取引開始となったのが bitFlyer(ビットフライヤー)でした。ビットフライヤーから数週間遅れてZaif(ザイフ) の口座が開設されました。取引を急ぐ方はビットフライヤーにまず登録し、その後ザイフも併用というのが一番良いように思います。

Zaif(ザイフ)の取り扱い仮想通貨

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ネム(XEM)
  • モナコイン(MONA)
  • ビットコイン・キャッシュ(BCH)
  • Counterpartyトークン
  • ERC20トークン
  • Mosaic

 主要仮想通貨はそれほど多くはないですが、イーサリアムを取引所で扱えるのがいいですよね。またトークンが豊富なのも特徴になっています。

 トークンとは大まかにご説明しますと、既存の仮想通貨をもとに新仮想通貨を発行して、資金調達などに用いられるものです。ICOなどの仮想通貨を用いた資金調達に興味のある方はがいいかもしれません。

 しかし、ICOは発行先の信頼性を見極めるのが難しいという難点があります。Zaif(ザイフ)の選んだトークンですから、信用性は他のトークンよりは高いはずですが、最初のうちはトークンには手を出さないほうが無難かもしれません。

 

 ちなみに2018年3月現在、ビットコインは1BTC120万円前後です。相場が安定してきているので買いのチャンスですね。Zaif(ザイフ)ではビットコインは最小0.0001BTCから買うことが出来ます。数百円~数千円でも取引が始められます。

 

 さて、今回は初心者の方々向けに、ビットコインをはじめとする仮想通貨の取引所Zaif(ザイフ)についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

 もし、少しでも興味をもたれたのであれば、「買いたい!」と思ったときにすぐに買えるように準備はしておきましょう。「安くなってきたから買いたいな」というときがくると思います。

 仮想通貨を買うためには取引所に口座を開設し入金しておく必要がありますが、手続きに数日間以上待たされることもあります。特にザイフは数週間と長めです。

 仮想通貨は短期間で大きく価格変動しますから、底値で買えるチャンスを逃さないように、口座開設と入金だけはしておくほうがいいでしょう。

 

 今回の記事が少しでも皆さんの仮想通貨投資をはじめるきっかけの一助となれば嬉しく思います。それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました。