空から降りてくるものたち

音楽や文学、フィギュアスケート、仮想通貨などの雑記ブログです。思付いたことを、そのまま書いているような感じですが、よろしくお願いします。

【ビットコイン・仮想通貨取引所】初めて買うならここがおすすめ!

スポンサーリンク

 当ブログにお越しいただきありがとうございます。会計関係のお仕事女子、あんがお送りする仮想通貨シリーズ記事です。今回はビットコインなどの仮想通貨を初めて買う方におすすめの取引所をご紹介したいと思います。

 取引所選びはどこでもいいという訳ではありません。取引所によって取り扱っている仮想通貨の種類も違います。また、日本国内に本店を置く取引所もあれば、海外に本店を置く取引所もあります。更に、万が一取引所が倒産すれば、保有している仮想通貨も保証されるとは限りません。取引所の選定はとても大事なんです!

 ちょっと脅かしちゃったみたいになりましたが、そろそろ始めていきますね。どうぞよろしくお願いします。

f:id:LukasDecember:20180401232606j:plain

bitflyer(ビットフライヤー)

f:id:LukasDecember:20180101215124j:plain

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)の購入/販売所/取引所【bitFlyer】

 

 文句なしの最大手です。テレビCMも打っていましたので、知名度も高いのではないでしょうか。仮想通貨投資を考えたときに、まず最初に候補に挙がるのがこのbitFlyer(ビットフライヤー)だと思います。資本金も41億238万円(資本準備金 含2018年3月現在)と他の取引所よりも圧倒的に多く、株主も有名企業が名を連ねています。もちろん金融庁の仮想通貨交換業者登録の取引所です。

 財務力と安心感は国内で1番の取引所でしょう。私もbitFlyer(ビットフライヤー)をメインに使っています。

 

bitflyer(ビットフライヤー)のメリット

  • 国内最大手の信頼性。
  • パソコンのホーム画面が分かりやすい。
  • スマホアプリの使いやすさ。
  • 不正被害の補償がある。(サイバー攻撃による損失も含む)
  • 取引開始まで時間があまりかからない。

 お金のやり取りをするのですから、安心感というのは大事ですよね。また。パソコンのホーム画面の分かりやすさやスマホアプリもよく考えられていて、シンプルで使いやすいです。ちなにみパソコンのホーム画面はこんな感じです。

f:id:LukasDecember:20180326231031j:plain

 左側にメニューがざっと並んでいます。ちなみに「ビットコイン取引所」を選ぶと次のような画面になります。

f:id:LukasDecember:20180326231207j:plain

 

 リアルタイムで売買の様子が左側に表示されます。右の方には価格の変動を表すチャートも表示されます。「数量」で買いたいビットコインの量を指定し、「価格」で希望売買価格を指定します。その後、赤い「コインを買う」ボタンを押すと、更に確認を求められて決定となります。

 またスマホアプリが使いやすいのはとても大切です。出先で確認して「あ!売りたい!」とか「買いたい!」となったときにスマホで取引が簡単にできるのはとても便利です。私も重宝しています。

f:id:LukasDecember:20180401230733j:plain 

 ご覧のようにシンプルで分かりやすく使いやすいですよ。

 また、不正アクセスされた場合でも500万円を上限として保証してくれます。更に、大手取引所でサイバー攻撃に関する損失の補填も行っているのは、今のところbitFlier(ビットフライヤー)だけです。

 どこにしようか迷ったり、1カ所だけで取引を考えている場合はbitFlyer(ビットフライヤー)にしておけば間違いないでしょう。

 また、「すぐに取引を始めたい!」というのであればbitFlyer(ビットフライヤー)1択です。営業日内であれば2日間~3日間ほどで入金を済ませ取引を開始することが出来ます。コンビニ入金を使えばもっと早いです。

 しかも最近、入金のリアルタイム反映ができる「じぶん銀行」振込システムが新設されました。これは嬉しい!

 ちなみに、ビットフライヤーでは、ビットコインは最小0.001BTCから買うことが出来ます。数百円~数千円で仮想通貨投資が始められますよ。

 

bitflyer(ビットフライヤー)のデメリット

  • 手数料が高い(購入価格と売却価格の差が大きい)
  • 取り扱い仮想通貨の種類がやや少ない。
  • アルトコインは販売所しかない。

 bitFlier(ビットフライヤー)でビットコインを買う方法は2種類あります。1つは販売所から購入する方法です。

 販売所から購入する場合、購入価格と売却価格に差をつけて、その分の差額を手数料として徴収し経営を行っています。

f:id:LukasDecember:20180326231504j:plain

 ご覧のように、販売所では購入価格の方が高くなっています。その差額でビットフライヤーが儲けるというわけです。

 もう一つは先ほどご紹介した、取引所から購入する方法です。取引所とはビットフライヤーのページを介してユーザー間で直接ビットコインの取引をする場所です。その場合は差額による手数料(スプレッド)は発生しません。取引所でも手数料はかかりますが、スプレッドがない分、安く済みますよ。bitFlierは取引所は今のところビットコインのみです。

 取引所がビットコインしかないのが残念ですね。出来ればアルトコインの取引所も開設してほしいと思います。ビットフライヤーさんよろしくお願いします!

 取り扱い仮想通貨の種類が少ない点ですが、これはビットフライヤーが取引する仮想通貨を厳選しているからとも言えます。ビットフライヤーが扱っている仮想通貨は比較的信用度が高いと考えてもいいので、私たちのような初心者にとっては逆にメリットと言えるかもしれませんね。

 また、以前はサーバーが遅いと言われていたbitFlierですが、最近改善されてきて、取引中に重たくなることもほとんどなくなりました。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の取り扱い仮想通貨

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアム・クラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコイン・キャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LISK)

 それほど多いほうではないですが、あまりたくさんあっても悩んじゃいますから…。ちなみにモナコインは日本国産の仮想通貨です。仮想通貨で格付けが一番高いイーサリアム(ETH)があるのも嬉しいですね。

 個人的にはライトコイン(LTC)がお気に入りです。海外での信頼度が高い仮想通貨のせいか、割合価格変動が安定しているように思います。

スポンサーリンク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

Zaif(ザイフ)

f:id:LukasDecember:20180226224800j:plain

 Zaif(ザイフ)

 最大手とまではいきませんが、仮想通貨投資をしている方は必ず使っていると言われている取引所です。テックビューロ株式会社が運営し、資本金は8億3,013万円です。仮想通貨取引事業者の中ではまずまずといったところでしょう。もちろん金融庁の仮想通貨交換業登録の取引所です。

 

Zaif(ザイフ)のメリット

  • 手数料が安い。
  • アルトコインの取引所がある。
  • トークンの扱いが豊富。
  • 詳細なローソク足チャート
  • 仮想通貨の定期積立あり
  • ビットコイン(BTC)建てでの取引が可能

 資本力、事業規模などでは最大手のビットフライヤーには劣りますが、手数料の安さを売りに事業展開しています。取引手数料はびっくりのマイナス0.01%~マイナス0.05%です。取引すると逆に最大200円を限度としてお金がもらえます。

    また、アルトコインの取引所があるのが嬉しいですね。取引所では手数料も多少は取られますがユーザ間で直接取引ができるので手数料がかなり安くなります。その他の国内大手は取引所はビットコインのみというところが多いです。アルトコインは販売所で高い手数料を払って買う取引所が多いです。アルトコインの取引所があるのはかなりポイントが高いです。

    パソコンのホーム画面は中級者以上向けという感じです。チャートなども情報量が多く、書き込みなどの簡単なカスタマイズもできます。相場を読む指標になる移動平均線も表示できます。しっかり相場を分析したい人におすすめです。ちなみに取引所の画面はこんな感じになっています。

f:id:LukasDecember:20180304214704j:plain

 また仮想通貨の定期積立もあります。少しずつ仮想通貨投資を始めたいけど、あまり深く分析している時間が取れない方は、ザイフの定期積立にお任せしてみるのもひとつの手ですよ。月1万円くらいから始めれば、少しずつ無理せずに仮想通貨投資が出来ますね。

 定期的に購入していくと、高掴み(高い値段で買ってしまう)のリスクも抑えられますしね。

 

Zaif(ザイフ)のデメリット

  • サーバーがやや弱い。
  • 不正アクセスによる補償がない。
  • PCページやアプリの表示が難しい。
  • 登録と取引開始までに時間がかかる。

 またまだ大手には届いていない分、今後の設備投資やセキュリティーへの注力が期待されます。PCページやアプリは先ほど少々ご紹介したように若干上級者向けといった感じです。自信のある方や仮想通貨投資に慣れてきてから使うのが良いのではないでしょうか。

 サーバーの増強は取引急増の際にタイムラグを生じることなく取引するために必要ですから、ここは頑張ってほしいところです。

 不正アクセスの保証が無い点も気になります。金融庁認可取引所による自主規制団体が立ち上がりましたので今後の進展はありそうですが、二段階認証などの設定はしっかりとしておいた方がいいでしょう。

 次に取引開始までの時間についてです。私、試しに2か所の取引所で同時に口座開設してみたのですが、1番早く取引開始となったのが bitFlyer(ビットフライヤー)でした。ビットフライヤーから数週間遅れてZaif(ザイフ) の口座が開設されました。取引を急ぐ方はビットフライヤーにまず登録し、その後ザイフも併用というのが一番良いように思います。

Zaif(ザイフ)の取り扱い仮想通貨

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ネム(XEM)
  • モナコイン(MONA)
  • ビットコイン・キャッシュ(BCH)
  • Counterpartyトークン
  • ERC20トークン
  • Mosaic

 主要仮想通貨はそれほど多くはないですが、イーサリアムを手数料の安い取引所で扱えるのがいいですよね。またトークンが豊富なのも特徴になっています。

 トークンとは大まかにご説明しますと、既存の仮想通貨をもとに新仮想通貨を発行して、資金調達などに用いられるものです。ICOなどの仮想通貨を用いた資金調達に興味のある方はがいいかもしれません。

 しかし、ICOは発行先の信頼性を見極めるのが難しいという難点があります。Zaif(ザイフ)の選んだトークンですから、信用性は他のトークンよりは高いはずですが、最初のうちはトークンには手を出さないほうが無難かもしれません。

 ちなみに現在仮想通貨は下落傾向で相場が安定してきているので安く買うチャンスですね。Zaif(ザイフ)ではビットコインは最小0.0001BTCから買うことが出来ます。数百円~数千円でも取引が始められます。

 

 

 さて、今回は仮想通貨を初めて買う方向けに、おすすめの取引所としてビットフライヤーとザイフをご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

 仮想通貨の取引所は「取引したい!」と思ったときにすぐに口座開設できるものではありません。最低でも数日はかかります。仮想通貨の取引を少しでも考えているのであれば、口座開設と入金だけでもしておいた方がいいですよ。

 入金も銀行の営業日が土日だと時間がかかるので、ある程度は日本円を入れておいたほうが初動は早くなるでしょう。登録して様子見するだけなら無料ですしね。

 公式ホームページはこちらです↓

 今回の記事が少しでも皆さんの仮想通貨投資をはじめるきっかけの一助となれば嬉しく思います。仮想通貨は価格変動も大きいですから、無理なく始めてくださいね。

 それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました。