空から降りてくるものたち

音楽や文学、お仕事、ブログ運営などの雑記ブログです。思付いたことを、そのまま書いているような感じですが、よろしくお願いします。

ビットコイン・仮想通貨【初心者おすすめ取引所2社】国内が安全!

スポンサーリンク

 当ブログにお越しいただきありがとうございます。会計関係のお仕事女子、あんがお送りする仮想通貨シリーズ記事です。今回はビットコインなどの仮想通貨を購入するときに登録・口座開設が必要な取引所のご紹介をしたいと思います。

 取引所の選定はどこでもいいという訳ではありません。取引所によって扱っている仮想通貨の種類や手数料が違ったりします。また、日本国内に本店を置く取引所もあれば、海外に本店を置く取引所もあります。取引所が倒産すれば、保有している仮想通貨も保証されるとは限りませんからね。取引所の選定は大事です。

 今回は初心者向けということで、日本国内の大手取引所2社をご紹介していきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

f:id:LukasDecember:20180101232751j:plain

国内大手取引所

  • bitflyer(ビットフライヤー)
  • Coincheck(コインチェック)

 現在の段階ではこの3つの取引所が主に挙げられると思います。ただし、2017年12月20日に株式会社DMM.comが株式会社東京ビットコイン取引所を12月12日に株式会社DMM Bitcoinに社名変更し、2018年1月11日に口座開設申込受付開始予定というニュースが入っています。

 実際にDMM Bitcoinが開設されて詳細が判明しましたら、また記事を書いたり、修正しようと思いますのでよろしくお願いします。

 それでは、上記の2つの取引所についてご紹介していきます。

bitflyer(ビットフライヤー)

f:id:LukasDecember:20180101215124j:plain

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)の購入/販売所/取引所【bitFlyer】

 

 文句なしの最大手です。テレビCMも打っていますので、知名度も高いです。まず最初に候補に挙がるのがこのbitFlyer(ビットフライヤー)だと思います。

 会員数もすでに100万人を越えているそうです。私も一番最初はbitflyer(ビットフライヤー)から登録しました。

 

bitflyer(ビットフライヤー)のメリット

  • 国内最大手の信頼性。
  • パソコンのホーム画面が分かりやすい。
  • スマホアプリの使いやすさ。
  • 不正被害の補償がある。
  • 取引開始まで時間があまりかからない。

 やっぱり、最大手の安心感というのは大切ですよね。また。パソコンのホーム画面の分かりやすさやスマホアプリの使いやすさもよく考えられていて、「さすが大手!」といった感じです。ちなみにパソコンの画面はこんな感じです。取引高とかその辺は恥ずかしいので隠しちゃいました(;^_^Aご了承ください。

f:id:LukasDecember:20180106021653j:plain

 左側にメニューがざっと並んでいて、そこからやりたいことを選ぶ感じです。ちなみに「ビットコイン販売所」を選ぶと次のような画面になります。

f:id:LukasDecember:20180101221931j:plain

 購入価格、売却価格も大きく表示され下の方には価格の変動を表すチャートも表示されます。

 またスマホアプリが使いやすいのはとても大事です。出先で確認して「あ!売りたい!」とか「買いたい!」となったときにスマホで取引が簡単にできるのは大変便利です。私も重宝しています。

f:id:LukasDecember:20180106021849j:plain

 ご覧のようにシンプルで分かりやすいですよ。

 また、万が一不正利用された場合でも500万円を上限として保証してくれます。大事なお金を預けるのですから、保証があるかはとても大切ですね。

 どこにしようか迷ったり、1カ所だけで取引を考えている場合はbitFlyer(ビットフライヤー)にしておけば間違いないと思います。

 また、「すぐに取引を始めたい!」というのであればbitFlyer(ビットフライヤー)が一番でしょう。

 私、試しに今回紹介する取引所2つ同時にで口座開設を申し込みしてみたのですが、1番早く取引開始となったのがビットフライヤー、次にコインチェックでした。

 ちなみに、ビットコインは1BTC200万円をうかがう勢いですが、ビットコインは最小0.00000001BTCから買うことが出来ます。数百円からだって始められますよ。

 

bitflyer(ビットフライヤー)のデメリット

  • 手数料が高い(購入価格と売却価格の差が大きい)
  • 取り扱い仮想通貨の種類がやや少ない。
  • アルトコインは販売所しかない。

 bitFlier(ビットフライヤー)でビットコインを買う方法は2種類あります。1つは販売所から購入する方法です。

 販売所から購入する場合、購入価格と売却価格に差をつけて、その分の差額を手数料として徴収し経営を行っています。先ほどの写真に購入価格と売却価格が載っていましたので、改めてご覧ください。

f:id:LukasDecember:20180101223118j:plain

 ご覧のように購入価格の方が高くなっています。その差額で取引所は儲けるというわけです。しかも、その価格は取引所によって若干違いがあります。その差額を使って利益を出すこともできるそうなんですけど、そのお話はまた別の機会に。

 もう一つは取引所から購入する方法です。取引所とはビットフライヤーのページを介してユーザー間で直接ビットコインの取引をする場所です。その場合は差額による手数料(スプレッド)は発生しません。取引の手数料はかかりますが、スプレッドがない分、安く済みますよ。

 取り扱い仮想通貨の種類が少ない点ですが、これはビットフライヤーが取引する仮想通貨を厳選しているからとも取れます。ビットフライヤーが扱っている仮想通貨は比較的信用度が高いと捉えてもいいので、私たちのような初心者にとっては逆にメリットと言えるかもしれませんね。

 アルトコインの取引所がないのはちょっと残念ですね。アルトコインは値動きが激しいので、多少の手数料の高さは気にならないかと思いますが、出来ればアルトコインの取引所も開設してほしいと思います。ビットフライヤーさんよろしくお願いします!

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の取り扱い仮想通貨

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアム・クラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコイン・キャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)

 それほど多いほうではないですが、私のような初心者には十分です。あまりたくさんあっても悩んじゃいますから…。ちなみにモナコインは日本国産の仮想通貨です。最近高騰で話題のイーサリアム(ETH)があるのも嬉しいですね。

スポンサーリンク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

Coincheck(コインチェック)

f:id:LukasDecember:20180101230307j:plain

Coincheck(コインチェック)

  ビットフライヤーと共に人気が高いのがCoincheck(コインチェック)です。ご覧の写真のように、最近出川哲郎さんのCMで知名度を上げてきましたね。

Coincheck(コインチェック)のメリット

  • 国内最大手クラスの信用度
  • 取り扱い仮想通過の種類が多い
  • 不正被害の補償あり
  • スマホアプリも使いやすい
  • ビットコイン建てでアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)が買える

 コインチェックで扱っている仮想通貨は13種類とビットフライヤーの約2倍です。特に最近暴騰して話題をさらっていっるRipple(リップル)の取り扱いもしています。リップルはまだまだ上がっていますね。びっくりです。私もちょっと買っておこう…。

 またアルトコインを買うときにビットコイン建てて買うことが出来ます。値上がりしたビットコインを利用してアルトコインを買うときなどに便利でしょう。

 ビットコイン以外の仮想通貨の売買を考えている方は、Coincheck(コインチェック)も考えていいのではないでしょうか。

 スマホのホーム画面はこんな感じです。

f:id:LukasDecember:20180108003743j:plain

 ビットフライヤーよりは情報量が多く詳細に表示されている感じですね。相場のチャートもすぐに見れます。

 ちなみに、一カ所の取引所だけで口座開設を済ませてしまう方はあまりいないそうです。ビットフライヤーか、コインチェックで悩むなら、両方登録してしまうのがいいかと思います。ビットフライヤーを先に登録して慣れてきたらコインチェックをアルトコイン用として併用するというのがベターでしょう。

 

Coincheck(コインチェック)のデメリット

  • 手数料が高い(購入価格と売却価格の差が大きい)
  • 取引開始まではビットフライヤーよりは時間がかかる。

 こちらはビットフライヤーと一緒ですね。スプレッドの幅は他の取引所との競合によりちぢまっていく可能性もありますし、コインチェックのページを介してユーザー間で直接取引してしまえば関係なくはなります。取引所から直接買うよりはちょっと難しいですけども…。

 先ほども少し触れましたが、ビットフライヤーよりは取引開始までに時間がかかります。コインチェックは登録手続きの数日後、本人確認の書類承認に少々時間がかかります。この承認が済まないと銀行口座に入金できず、取引を始められません。

 「すぐにでも取引を始めたい!」というのであれば、bitFlyer(ビットフライヤー)から口座開設して取引を始め、コインチェックの承認を待つ、という方法がいいのではないでしょうか。

 

Coincheck(コインチェック)の取り扱い仮想通過

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアム・クラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • モネロ(XMR)
  • オーガー(REP)
  • リップル(XRP)
  • ジーキャッシュ(ZEC)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ダッシュ(DASH)
  • ビットコイン・キャッシュ(BCH)

 こうして並べてみると意外と多いですね~(;^_^A初心者の私にはこれでもちょっと把握しきれないかな…。でもアルトコインの取引を考えている方にはとても魅力的ですよね。

 あと、今話題のリップル(XRP)があるのも見逃せません!アルトコインの取引のメインはCoincheck(コインチェック)にしようと考えています。私は手始めにリップルとネムを買いました。イーサリアムは値段が下がってきてからかな…。いつでも取引できるようにとりあえず口座開設と入金は済ませておいた方がいいですよ!

スポンサーリンク

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 また、取引開始となる確認書類の自宅への到着にコインチェックは少々時間がかかります。数週間は見ておいた方がいいでしょう。「すぐに取引したい!」という方は、bitFlyer(ビットフライヤー)を先ず登録して、コインチェックの口座開設は後日ゆっくりでいいかもしれません。

 

 

 さて、今回はおすすめの取引所をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。他の記事や今回の記事でもお話しておりますが、「取引したい!」と思ったときにすぐに口座開設できるものではありません。ビットコインなどの仮想通貨の取引を少しでも考えているのであれば、口座開設だけでもしておいた方がいいですよ。

 「あのとき口座開設しておけばよかった…」とならないように登録だけでも今のうちに済ませておきましょう!2017年の12月にそんな思いをした人はたくさんいるはず…。登録して様子見するだけなら無料です!登録しておけば入金ですぐに取引開始できますからね。

 公式ホームページはこちらです↓

 それでは、今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。