空から降りてくるものたち

音楽や文学、フィギュアスケート、仮想通貨などの雑記ブログです。思付いたことを、そのまま書いているような感じですが、よろしくお願いします。

仮想通貨は「終わった」と思われるぐらいでちょうどいい

スポンサーリンク

 皆さんこんにちは。当ブログにお越しいただき、ありがとうございます。会計的お仕事女子のあんがお送りする仮想通貨シリーズ記事です。2018年1月末の暴落で「仮想通貨は終わった」とまで言われていますが、その状況を分析してみたいと思います。

 仮想通貨は本当に終わったのか?将来性はないのでしょうか?個人的には「終わった」とは思っていません。しかし、世間的には「終わった」と思われている方が投資する側としてはメリットがあるように思います。

 それでは詳しく解説していきますね。どうぞよろしくお願いします。

f:id:LukasDecember:20180228012032j:plain

世間から注目され過ぎると暴騰する

 ビットコインをはじめとする仮想通貨は、まだまだ黎明期です。世間に出たばかりのブロックチェーンという技術の上に成り立つ通貨です。通貨としての本来の利用法である決済手段としては、まだまだ普及し始めたばかりですが、投資先としては2017年12月~2018年1月までの暴騰でかなり注目を集めました。

 仮想通貨は本来であればその性能を考えて価値が決まるものと思いますが、通貨としての普及がまだまだ進んでいない現状から、投機的な見方で捉えられることが多いです。

 そうなってくると「買いたい!」と思う人が増えれば増えるほど相場が上がっていくことになります。

 マスコミの報道やSNSの拡散などにより、2017年12月から物凄い勢いで暴騰していきました。いわゆるバブル状態であったことは間違いありません。 

 暴騰すれば必ず暴落するのは仮想通貨だけでなく不動産や株式も同じです。想定を上回る暴騰は暴落の危険性を常にもつこととなり、高掴みしやすくなったり、価格の大幅な変動に対する不安感も高まりますので、底値で買うタイミングを見失ったりしやすくなります。

 

少し冷え込んでいるくらいの方が相場は安定

  コインチェックのネム流出事件などもあり、2018年1月末から相場は一気に下落しました。ここで「仮想通貨は終わったな」と思われた方も多いかもしれません。200万円を超える値を付けていた仮想通貨の代表格であるビットコインは一時、60万円代まで下落しました。

 しかし、その後値を回復してきています。一時期のような常軌を逸するような暴騰や暴落も落ち着き、価格変動も以前よりは安定してきました。それでも歴史の浅い仮想通貨ですから、株式や為替相場などと比べると価格変動は大きいですけどね。

 価格変動が安定してくると相場も読みやすくなりますし、万が一高値で買ってしまう高掴みをしてしまったとしても、損失が価格変動が激しいときよりは抑えられます。

 新規参入を考えている方は、仮想通貨投資を始めやすくなっていると言えるのではないでしょうか。

 

チャートの移動平均線から見る現在の適正価格

 では、現在の仮想通貨の価格が果たして適正なのかをちょっと考えてみましょう。ここで参考になるのがチャートの移動平均線というものです。移動平均線にはいろいろな種類があるのですが、そちらの詳細は以下の記事を参照してください。

www.music-an.com

現在のビットコインの値動き

 少々話がそれましたが、仮想通貨の代表格であるビットコインの2018年3月末現在のチャートを見てみましょう。

f:id:LukasDecember:20180401143116j:plain

みんなの仮想通貨

 

 ご覧のように赤色の25日移動平均線の延長線上かその下で値動きをしている感じになっています。移動平均線に重なって相場が動く場合は、価格変動はあまり大きくならずに横ばい、その下だと弱い下降トレンドになることが多いです。

 この調子ですと、相場は多少の高騰と下落を繰り返しはしますが、横ばいか少しずつ値を下げていくことが予想できます。また、25日移動平均の傾きは右肩上がりですから、上昇トレンドの可能性もあります。

 仮想通貨の値動きは数か月から数年単位で考えた方がいいです。目先の乱高下に気を取られてはいけません。ビットコインのマイニング報酬半減期が2020年~2021年ごろに控えていることを考えると、個人的にはやがて上昇相場に転じる可能性が高いと考えています。大まかに説明すると、ビットコインはこれからどんどん手に入りにくくなり、希少価値が上がるということです。

 また、暴騰前の2017年8月頃を見ると、25日移動平均線よりやや上の弱い上げトレンド相場でした。現在の価格がその頃からの25日移動平均線延長線上にきていることから考えて、以前の相場と同じような状況に戻ったとも考えられます。2017年10月あたりは1BTC=50万円前後でしたからね。

 

もし2017年12月~2018年1月のバブルが無かったら

 ここでちょっと面白いことをしてみたいと思います。2017年12月~2018年1月までのバブル的暴騰がもし無かったらと考えてみます。

 試しに上のチャートの2017年12月~2018年1月を切り取って、2018年3月からのチャートにくっつけてみましょう。そのチャートが下のようになります。

f:id:LukasDecember:20180401144500j:plain

みんなの仮想通貨

 ご覧のような結果になりました。やや下降トレンドですが、正常な相場に戻っていることが分かると思います。あのバブルがいかに異常だったかも分かりますね。

 あのバブルが無ければ25日移動平均線ももっと下になりますし、弱い上げトレンドと考えることもできます。

 現在のビットコインの相場は適正価格であり、しかも安い時期と考えます。つまり新規参入するのにはいいタイミングだということです。

 

信用度の高い大手の参入が控えている

 さらに、今後の仮想通貨市場の動きですが、大手投資系会社の仮想通貨取引市場への参入が控えています。

 株式FX投資大手のDMMグループ、株式会社ネクストカレンシーが今春の新規参入を計画し、事前登録も開始しています。今期の春ごろに取引開始となる予定だそうです。

prtimes.jp

 

   また、SBIホールディングスというソフトバンク系列の会社が仮想通貨取引所事業への参入を発表し、今期の夏ごろの取引所開設を目指しています。

www.nikkan.co.jp

 

 さらに先日、インターネット証券大手のマネックスグループがコインチェックを買収するとのニュースが入ってきました。

www.nikkei.com

 大手の新規取引所の参入が増えるとなると、さらなるユーザー層の拡大が予想されます。

 基本的に仮想通貨を買う人が増えれば増えるほど価格は上昇していきますから、今後もユーザー層の拡大で値上がりの可能性が高いと考えています。大手の新規参入が控えていることから考えても、「仮想通貨は終わった」とは言えないと考えます。

 しかも、仮想通貨取引所事業には他の大手投資系列、銀行系列の企業からはまだ動きがありません。マネックスが参入となると、他の大手証券会社も動き出す可能性が高くなってきます。

 マネックスの動きもあってか、2018年5月2日にウォール街の投資大手、ゴールドマンサックスも仮想通貨投資に参入するとのニュースが入ってきました。数週間以内の取引開始を目指すようです。

dialog-news.com

 もし、他の大手投資関連企業も追従して参入してくると、さらに仮想通貨取引を行うユーザーが増え、価格が更に上昇する可能性もあります。

 仮想通貨取引事業への新規参入の情報にはアンテナを張っておいた方がいでしょう。

 

安く買えて返ってお得

 将来的にゆるやかな上昇相場が予想されると考えますが、現在は価格が横ばい、下落傾向になっています。仮想通貨は価格変動が大きいので横ばい、弱い下落傾向といっても急騰や急落しながら相場は進みます。

 急落したら逆に買いのチャンスです。相場全体は安定感を取り戻しつつあるようですので、急落後も価格を回復する動きになることが多いです。短期売買の方は回復してきたら売りのチャンスでしょう。ここでもチャートを見てみましょう。

f:id:LukasDecember:20180228224414j:plain

みんなの仮想通貨

  価格が1BTC=100万円を回復してきた2月中旬を中心に見てみます。2月14日まで暴落したのち上昇に転じ、2月21日ごろに120万円を突破しました。その後、急落して100万円代まで落ちたかと思えば、2月26日からまた急騰し始め120万円をうかがう勢いで上昇し、いったんまた下落しています。

 横ばい傾向なので以前より安定した相場とは言え、仮想通貨特有の大きな価格変動に変わりはありません。急騰後には必ず急落がありますので、そこが買いのチャンスとなるでしょう。暴落幅も2018年1月頃よりかなり縮小していますので、暴落しているときに買う勇気も出やすいと思います。今後も何度か安く買えるチャンスが来るはずです。

 25日移動平均線も上昇傾向に転じていますので、何度か下落するでしょうが、全体的には今後も値が上がる時期は必ずあると思います。

 値が上がってきたら短期売買の方は売りのチャンスになるでしょう。仮想通貨は価格変動が激しいですが、そのおかげで暴落で買い、暴騰で売るという短期トレードで利益を出しやすい相場になっています。

 短期でトレードする方は、後々の確定申告に備えて売買の記録をまめにつけておいた方がいいですよ。後、利益確定後は税金を払うだけの現金は残しておきましょう。

 それが面倒という方は、長期保有で暴落したときに買い増しという投資スタイルがあっているかと思います。それでも確定申告に備えて売買の記録は付けておきましょうね。

 

 さて、今回は現在の仮想通貨相場をチャートなどを見ながらご説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。もし、少しでも興味を持たれたのであれば、「買いたい!」と思ったときにすぐに買えるように準備はしておいた方がいいでしょう。価格が安い現在は逆に購入のチャンスだと思います。

 仮想通貨を買うためには取引所に口座を開設し入金しておく必要があります。手続きには数日間~数週間以上待たされることもあります。

 仮想通貨は価格変動が短期間で大きく動きますから、底値で買えるチャンスを逃さないように、口座開設と入金だけはしておきましょう。

  現在有名な取引所としては…

 があげられると思います。安全性もトップクラスで口座開設までの対応も素早いですす。ちなみにビットフライヤーの詳細をまとめた記事がありますので、よかったら参考にしてください。

www.music-an.com

 また、bitFlierの次に資本力の高い仮想通貨取引所としてはBitbank(ビットバンク)があげられます。国内で人気のリップル(XRP)が板取引というユーザー間同士の直接取引ができるのが魅力的です。板取引だとビットバンクでは手数料は無料です。セキュリティーの高さでも定評があります。

 

 最近、世間的には冷え込み気味に思われている仮想通貨市場ですが、少しずつ価格を上げてきています。相場も以前より安定的になってきているので、新規参入しやすくなってきてました。今回の記事が仮想通貨投資に興味のある方の参考になれば幸いです。

 それでは、今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。