空から降りてくるものたち

音楽や文学、フィギュアスケート、仮想通貨などの雑記ブログです。思付いたことを、そのまま書いているような感じですが、よろしくお願いします。

coincheck(コインチェック)NEM流出事件のまとめ

スポンサーリンク

 当ブログにお越しいただき、ありがとうございます。今回は2018年1月26日の仮想通貨取引所coincheck(コインチェック)での仮想通貨NEM(XEM)の不正流出事件についてまとめておきたいと思います。

 仮想通貨投資をおすすめする立場として、看過できませんし、今後の仮想通貨の動きも気になるところです。私自身、コインチェックをおすすめしていた時期もありますので、みなさんには大変ご迷惑をおかけいたしました。申し訳ございません。

 現時点である程度コインチェック側の対応の方向性が見えてきましたので、まとめておきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

f:id:LukasDecember:20180129010519j:plain 

流失したNEM(XEM)の日本円による保証が決定

corporate.coincheck.com

 流失したNEM(XEM)の日本円による補償が決定しました。投資されていた方は一安心というところかと思いますが、内容をざっとまとめてみたいと思います。

  • 流失総額 : 5億2300万XEM (日本円換算約580億円)
  • 保有者数 : 約26万人
  • 補償方法 : NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金
  • ネムの補償価格 : 1XEM=88.549円
  • 補償時期:現在検討中
  • 返金原資:自己資金

 気になるのはNEM(XEM)の補償価格算出方法です。流失時の価格ではなく、流出後の売買停止からこのプレスリリースまでの期間でのザイフでの取引を参考にした加重平均となっているところです。

 流失直前には100円ほど値を付けていましたので、約12円ほど安い価格で保証価格が算定され、補償額は580億から460億円に圧縮されました。この辺は私もコインチェックでNEM(XEM)を保有しておりましたので、個人的に問い合わせてみたい部分です。

 また、この状況から推測すると、コインチェックは予想以上に自己資金を持っていたということになるか、自己保有の仮想通貨をある程度売却して補償額を賄うということが考えられるかと思います。

 財務状況がかなり良かったというのは朗報ですが、財務状況の良い割にはセキュリティー対策が進んでいなかったとも捉えられます。

 更に、1月26日の記者会見時には補償の有無を明言していませんでした。あくまで推測ではありますが、そのことから考えると仮想通貨の相場が戻るのを待ちたかったということも考えられます。

 NEM(XEM)は世界全体の取引量から考えてもcoincheckの取引量ではそれほど多い割合ではないと思います。ネムの時価総額は10位で時価総額1位のビットコインの約20分の1にあたります。ビットコインや他のアルトコインは売買のためにネム以上に保有しているはずですから、放出して補償額を確保するという選択肢を取ったのかもしれません。

 また、coincheckのビットコイン取引所は生きています。事件後、そこから得られる手数料収入の減少を確認し、今後の事業継続が可能かどうかの判断もしたかったのではないでしょうか。

 補償が可能になったということは事業継続の見通しもついたという可能性が高いです。また、そこから考えると他の通貨の棄損や補填のためにユーザーの方々の資産を使うということも可能性が低くなったように思います。

 coincheck側の動きの憶測はここまでにしておきますが、ユーザーの方々が気になるのはやはり補償のことだと思います。多額の資産を預けている方々もいらっしゃることと思います。

NEM(XEM)補償に対する課税について

 難しいのはネムを補償額より低い時点から持っている方々です。その方々が20万円以上の補償を受ける際に気になるのは、税金だと思います。20万円以上の利益確定には確定申告が必要だからです。しかし今回の日本円による補填は、利確ではなく補償なので確定申告では対象外になる可能性もあります

www.nikkei.com

 2018年2月27日追記です。政府がネム補償についてのコメントを発表しました。「損害賠償であっても課税所得になりうる」という内容です。

 あくまで憶測ですが、ネムの補償価格である1XEM=88.549円より安い価格で購入されている方は所得とみなされ課税される可能性がありそうです。それ以上の価格で購入されている方は損失になりますから課税されない可能性もあると思います。また、補償時のネムの価格と比べて、課税額を決定する可能性もあるかと思います。現在のネムの価格であれば補償額の方が高いことにもなります。その差額分を所得とみなされて課税される可能性もありそうです。

    どちらかといえば取得時の価格と比べて収益が上がった場合に課税されるというのが自然な気もします。

 いずれにせよ、正式決定ではないようですから、政府からの追加の詳細コメントとコインチェックからのアナウンスが待たれるところかと思います。

 

coincheckの売買停止や対応の流れ

 簡単にではありますが、流出後のcoincheckの動きもまとめておきたいと思います。

  1. 2018年1月26日11:00頃 coincheckが保有するNEM(XEM)のほぼ全ての流出に気付く
  2. 2018年1月26日12:07 NEM(XEM)の入金を停止
  3. 2018年1月26日12:38 NEM(XEM)の売買を停止
  4. 2018年1月26日12:52 NEM(XEM)の出金を停止
  5. 2018年1月26日16:33 日本円を含めた全通貨の出金停止
  6. 2018年1月26日17:23 取り扱い全アルトコインの売買停止
  7. 2018年1月26日18:50 クレジット、ペイジー、コンビニ入金の停止
  8. 2018年1月26日23:30 日本証券取引所において緊急記者会見
  9. 2018年1月27日23:00 流失したNEM(XEM)を日本円で補償するプレスリリース
  10. 2018年1月28日13:20 日本円以外の取り扱い通貨全ての入金を停止
  11. 2018年2月9日22:19 日本円の出金が2月13日より申込順に再開のアナウンス
  12. 2018年2月16日23:58 日本円の出金、入金、BTC売買はサービス提供中、BTC以外の仮想通貨売買は一時停止中のアナウンス(問い合わせに対する回答)
  13. 2018年3月9日16:03 不正出金の概要・原因とセキュリティー強化、NEMの補償についてのアナウンス(3月12日の週に日本円による補償を実施)
  14. 2018年3月12日18:03 3月12日からのETH、ETC、XRP、LTC、BCH、BTCの出金、ETH、ETC、XRP、LTC、BCHの売却再開
  15. 2018年3月12日18:52 3月12日中にNEMの日本円(1NEM=88.549円)での補償実施
  16. 2018年3月22日20:29 LSKとFCTの出金と売却の再開
  17. 2018年4月3日 インターネット証券会社大手のマネックスグループがコインチェックの買収を検討

 2018年2月9日に出た2018年2月13日からの日本円の出金再開のアナウンスです。

corporate.coincheck.com

 先日動かしていなかった日本円を試しに出金してみましたが、無事に銀行口座に振り込むことができました。

NEMの補償と一部仮想通貨売却開始のアナウンスです。

corporate.coincheck.com

corporate.coincheck.com

 補償が正式決定されました。私のNEMも無事に日本円としてcoincheckの口座に入金されました。取引再開よりも日本円の出金と仮想通貨の売却が先になりましたね。1ユーザーとしては日本円の出金と仮想通貨の売却ができるようになったのは嬉しいですが、coincheckから資金が流出していかないかちょっと心配です。

 coincheckはNEMやXRPを手軽に購入できる取引所だっただけに、事業継続、セキュリティー強化もしっかりと視野に入れてほしいと思います。個人的にはcoincheckに入れてあるXRPはそのまま保有し続けるつもりです。また、購入再開になったらNEMをまた買いたいとも思っています。値がかなり落ちているので、買い時かなと個人的には考えています。

 coincheckには是非、事業継続を目指してこれから先も頑張ってほしいところです。

 また、coincheckの補償が実施されたせいか、相場に安心感が戻ったのかもしれません。仮想通貨は3月13日時点では上昇傾向となりました。

 

 さらに、インターネット証券会社大手のマネックスグループがコインチェックの買収に乗り出すようです。

www.nikkei.com

 買収が成立した場合、経営陣は刷新され、コインチェック創業者の和田晃一良社長と、大塚雄介取締役は取締役から外れる予定だそうです。マネックスグループから取締役が出されると予想されています。

 これで一連のコインチェック事件は落ち着いたことになるのではないでしょうか。仮想通貨相場も安心感からか価格が上がる動きが見えてきています。

NEM(XEM)財団の動き

 事件後、早々にNEM(XEM)の開発元であるNEM(XEM)財団が流失したネムの追跡を開始しています。不正流出させたアカウントの仮想通貨の入れ物であるウォレットにマーク付けをして追跡をしていました。

 また、そのアカウントから送金されたウォレットにもマーク付けをし、そのマークがついているウォレットからのネムを取引しないよう、世界各国の取引所に識別方法と共に連絡を入れていました。

 しかし、先日NEMの追跡を断念し、マークを外したとのニュースが入ってきました。NEMを盗んだハッカーが、他のユーザーなどにNEMをばらまいたのが原因のようです。一部の取引所でも換金されてしまったとの報道も入っています。

 不特定多数のユーザーにばらまかれてしまったため、換金停止はかえって取引を抑制し、NEMの価値を下げると判断したのではないでしょうか。 

 

コインチェック事件の影響とその後の動き

自主規制団体の1本化

www.nikkei.com

 今まで2つに分かれていた仮想通貨の自主規制団体が、今回の事件を機に1つにまとまることになりました。これで統一化された自主規制が行われるようになり、安全性は今より高まることになりそうです。

 今後、このような流出事件が二度とないように、新団体には頑張っていただきたいところです。

 

事件後の仮想通貨価格

 今回のcoincheckの事件を受けて、仮想通貨の価格は一時的には下落しました。しかし、反発して現在は事件前の水準かそれ以上の価格になっている仮想通貨もあります。

f:id:LukasDecember:20180129004359j:plain

みんなの仮想通貨

 補償確定のアナウンスが早く出たおかげで、仮想通貨業界への影響は最小限に食い止められたのではないでしょうか。こうしてチャートを見てみると、イーサリアムがあまり影響を受けなかったようです。また、3月12日の補償後の相場も上昇傾向になってきています。このまま正常化していくといいですね。

coinchoice.net

 2018年1月24日にアメリカの格付け会社Weissにより、仮想通貨の格付けが発表されました。ご覧のようにビットコインはC+、イーサリアムはBでした。イーサリアムが今回の件であまり暴落しなかったことを考えると、この格付けはある程度信頼できるものと思います。

 

 さて、今回は私自身の反省の意味も込めて、coincheckのNEM(XEM)流出事件の概要をまとめてみました。私もcoincheckのユーザーの1人ですので、早々に補償が決まったことには一安心しましたが、日本円の出金など待たれる案件も多いことと思います。今後は自前のウォレットを用意するなどの対策も考えていかなければならいかもしれません。

 今回の事件で仮想通貨の未来が無くなってしまうのではないかと危惧しましたが、相場の動きを見る限り、そのあたりは回避できたのではないでしょうか。仮想通貨の浸透が遅れたり、イメージが悪化することになるのが残念ですけれども…。

 私の記事で、ご迷惑をおかけした方々にはお詫び申し上げます。申し訳ありませんでした。これからも仮想通貨の記事については少しずつですが続けて書いていきたいと思っております。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。