空から降りてくるものたち

音楽や文学、お仕事、ブログ運営などの雑記ブログです。思付いたことを、そのまま書いているような感じですが、よろしくお願いします。

作曲の仕方~コードが分かれば曲が作れる!①~音階、調について~

スポンサーリンク

 今日は作曲の方法やコツについてお話していきたいと思います。みなさんは、「作曲したい」と思ったことありませんか?簡単に作曲ができて、自分のイメージ通りの曲が作れたら楽しそうですよね。私が作曲したいと思ったきっかけは、ちょっと偉そうですけど「世の中に自分の聴きたい曲がない…これは自分で作るしかない!」と思ったことがきっかけでした。後から考えると、まだまだ、聴いたことのない曲は世の中に溢れていて、全然そんなこと無かったんですけど…。

 そんなわけで、作曲の仕方のコツをいくつかお話していきたいと思います。細分化してちょっとシリーズ化する予定です。コードについて解説し、コードを利用して作曲するというのを最終目標にしたいのですが、その作曲するための素地として、まずは音階や調についてお話していきたいと思います。

f:id:LukasDecember:20170719001936j:plain

 

スポンサーリンク

 

音階について

ハ長調(Cメジャー調)とは?

 西洋音楽は大きく分けて2つの調があります。1つは長調(メジャー調)もう1つは短調(マイナー調)です。今回は話を分かりやすくするため、長調(メジャー調)だけに話題を絞っていきたいと思います。

  先ずは、その中でも一番簡単なハ長調(Cメジャー調)からお話したいと思います。下の鍵盤をご覧ください

f:id:LukasDecember:20170718213627j:plain

 ピアノの白い鍵盤だけを使って「ドレミファソラシド」と聞こえる音階がハ長調です。なぜハ長調と言うのかというと、「ドレミファソラシド」と聞こえる音階を和名に直したときに「ハニホヘトイロハ」となります。その「ハ」を「ド」にして始まる音階を使った長調なので「ハ長調」というのです。同じように「ドレミファソラシド」を英語に直すと「CDEFGABC」と表記します。「ド」が「C」から始まる長調(メジャー調)なのでCメジャー調というのです。

 ここで大事なのはハ長調(Cメジャー調)の曲は基本的には、メロディーも伴奏も「ドレミファソラシド」と聞こえる「CDEFGABC」の部分しか使わないということです。例外的に転調などもありますが、これを覚えておくだけで、大分使う音数が減ると思います。それだけでも、いざ、「作曲をしよう」というときに、大変さが軽減されると思います。

 

へ長調(Fメジャー調)とは?

 次は、ヘ長調を見てみたいと思います。ここで注意しなくてはならないのは「ドレミファソラシド」は移動するもので、「ハニホヘトイロハ」と「CDEFGABC」は移動しないということです。固定ドという考え方もありますが、ややこしくなるので、「ドレミファソラシド」は移動するものと基本には捉えていた方が分かりやすくなると思います。移動する方を階名、固定されている方を音名と言います。文章で考えても難しいと思うので、実際にヘ長調の様子を鍵盤で見てみましょう。

f:id:LukasDecember:20170718234411j:plain

 ごらんのようにFから弾き始めてB♭を弾いて音階を重ねると「ドレミファソラシド」と聞こえます。へ(F)をドにする長調なので、ヘ長調(Fメジャー調)なのです。ヘ長調では基本的には、メロディーでも伴奏でも、このFをドにして「ドレミファソラシド」と聞こえる「FGAB♭CDEF」しか使いません。ヘ長調のファにあたるB♭は和名では変ロと言いますが、英語表記で覚えてしまった方が、後々コードを覚えるときにも対応していて覚えやすいです。そのため、音名は英語表記で覚えるようにした方が、作曲するためには後々楽になってくると思います。

 

ト長調(Gメジャー調)について

  たくさんの調がありますが、全て見ていては大変なので、次のト長調で今回は最後にしたいと思います。仕組みが分かれば、他の調は移動させるだけなので、コツがつかめるかと思います。

 では、ト長調(Gメジャー調)では、どこがドになると思いますか?そうです。Gがドになります。では、実際の鍵盤を見てみましょう。

f:id:LukasDecember:20170719002125j:plain

 ご覧のようにト長調(Gメジャー調)ではドはGになっています。Gをドにして始めて「ドレミファソラシド」と聞こえるのがト長調(Gメジャー調)です。察しの良いかたはもうお気づきかと思いますが、ト長調(Gメジャー調)では、基本的にはメロディーでも伴奏でも、Gをドにして「ドレミファソラシド」と聞こえる「GABCDEF♯G」しか使いません。

 

 以上のようにどの調でも「ドレミファソラシド」と聞こえる部分しか基本的には使わないということを覚えておくと、作曲する際にも、編曲をする際にも、伴奏を演奏するときにも大変便利になってきます。

 コードを使って伴奏をしながら作曲していくときに、このきまりを覚えていると大変便利ですので、予備知識としてまずはこちらを覚えておきましょう。

 

 

 今日はかなりマニアックなお話をしてみましたが、いかがでしたでしょうか。音楽の記事を書くのが好きな私ですので、一度シリーズ化してみたいと思っていた事柄を書いてみました。

 次回からはいよいよ、作曲に便利なコードについてお話していきたいと思います。かなり趣味の世界に偏っていますが、出来るだけ簡単に作曲できる方法について書いていきたいと思いますので、お付き合いいただけると嬉しいです。今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

作曲少女~平凡な私が14日間で曲を作れるようになった話~

作曲少女~平凡な私が14日間で曲を作れるようになった話~

 

 

続きはこちらです。 

www.music-an.com