空から降りてくるものたち

音楽や文学、フィギュアスケート、仮想通貨などの雑記ブログです。思付いたことを、そのまま書いているような感じですが、よろしくお願いします。

仮想通貨ブログの記事にグーグルアドセンスは貼れるのか?

スポンサーリンク

 みなさんこんにちは。会計的お仕事女子のあんがお送りするブログ運営記事シリーズです。今回は仮想通貨ブログにもGoogleアドセンスが貼れるのか、記事にまとめてみたいと思います。

 先日、Googleが仮想通貨の広告を2018年6月から禁止することを発表しました。これにより、アドワーズなどの仮想通貨の広告やアドセンスの仮想通貨の広告は2018年6月から消えることになるでしょう。

 しかし、仮想通貨のブログを運営している方にとっては、仮想通貨のブログの記事にアドセンスを貼っていいのかどうか、仮想通貨取引所のアフィリエイトリンクとアドセンスが混在していて大丈夫なのか、ということが一番気になると思います。

 個人的に調べて今後の注意点なども合わせてまとめてみました。それでは、よろしくお願いいたします。

f:id:LukasDecember:20180430165954j:plain

アドセンス禁止コンテンツに追加されたのか

 結論から言いますと、仮想通貨が禁止コンテンツに追加されたわけではないようです。このことから考えると、仮想通貨の記事にアドセンスを貼るのは今のところ問題は無さそうです。仮想通貨取引所のアフィリエイトリンクとの混在も現時点では大丈夫だと考えています。

support.google.com

 ヘルプのやり取りも参照しましたが、今のところ仮想通貨の記事にアドセンスを貼ることは問題ないとの回答もありました。純粋に仮想通貨関係の情報を提供するブログであれば特に問題は無さそうです。

 しかし、今後禁止コンテンツに追加される可能性が無いわけではありませんので、アドセンスポリシーの確認は頻繁に行っておいた方がいいでしょう。 

スポンサーリンク

 

今の記事がアドセンスの禁止コンテンツに該当する可能性

 注意しておきたいのはアドセンスの禁止コンテンツにギャンブルに関するものが入っているところです。仮想通貨投資でもバイナリーオプションや信頼性のあまり高くない一部のICO、レバレッジをかけて手持ち資金の数倍の取引ができるFX取引などはギャンブル性が高いとGoogleに認定される可能性があるかもしれません。これらの記事を書いている方は今後の動きに気を付けていた方がいいでしょう。

f:id:LukasDecember:20180430170106j:plain

 特にバイナリーオプションは仮想通貨購入数分後の価格が上がるか下がるかの2択をして収益を得ようというものですから、ギャンブル性が高いと認定される可能性が高いと思います。

 バイナリーオプションの記事にはアドセンスは貼れなくなる覚悟はしておいたほうがいいでしょう。

 

今後禁止コンテンツに仮想通貨が追加される可能性

  残念ながらこちらはGoogle様のみぞ知るという感じですね。仮想通貨業界の動向も大きく影響すると思います。

 全体としては国による規制が入って投資家保護の動きが強くなってきていますから、このまま順調に規制整備が進めば禁止コンテンツへの追加は回避できるかもしれません。

 取引所の安全性なども影響してくるでしょうから、仮想通貨業界全体でこれ以上マイナス材料が出ないように、システムの整備や資金流出事件の防止などに全力で臨んで欲しいところです。

 

今後のアドセンス収益の見通し

 仮想通貨業界のアドセンスの単価は非常に高いものになっています。みなさんのアドセンスも2017年12月~2018年3月頃までは単価がいつもより高かったのではないでしょうか。

f:id:LukasDecember:20180430170301j:plain

 仮想通貨の広告がアドセンスから撤退することになりますので、仮想通貨の記事を書いていない方もアドセンスの収益が下がる可能性があります。

 実際に私のブログでも、アドセンスの単価は2018年4月あたりから徐々に下がり始めています。6月に先行するかたちでGoogleではいくつかの公告を停止し始めていますので、影響が既に出ている方もいるのではないでしょうか。

 

仮想通貨記事を書く時の注意点

あおるような記事は書かない

 ギャンブル性が高いページと認定されることを先ずは避けなければなりません。またGoogleは消費者保護という観点から今回の仮想通貨広告の禁止を打ち出しています。

 以上のようなことから考えると、購入をあおるような記事や、アフィリエイトリンクのクリックをあからさまに誘導するような記事は、禁止コンテンツに該当する可能性が出てきますので、気を付けましょう。

 私も調子に乗って過激な題名を付けているときもありそうなので、ちょっと自分の記事を点検してみることにします。

 

仮想通貨投資のリスクについても明記

f:id:LukasDecember:20180430170529j:plain

 また、消費者保護、投資家保護の観点から考えると、仮想通貨投資に関するリスクについても合わせて書くようにしなければなら無いと思います。

 アフィリエイトリンクを踏ませたいあまりに、メリットだけ書いてデメリットについては言及しないという記事は消費者保護の観点に反しますよね。

 投資にはリスクがつきものですが、仮想通貨投資のリスクは他の投資よりも現時点では高いものになっています。そのあたりのことも中立性を保ち、正直に書いていくようにしなければならないでしょう。

 

記事の情報は正確に

  また、投資に関する記事ですから、誤った情報は投資家に不当な不利益を与えることになりかねません。今後仮想通貨記事を書いていく方は下調べを十分に行い、憶測のみで記事を書くことは避けた方がいいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

2018年6月以降の注意点

禁止コンテンツに追加されていないか確認

 先ほども少々書きましたが、Googleのアドセンスポリシーが改訂され、仮想通貨が禁止コンテンツに追加される可能性が全くないわけではありません。アドセンスポリシーはこまめにチェックするようにしましょう。

 

Googleからの連絡をこまめにチェック

 サーチコンソールやアナリティクスの連絡先にGoogleから連絡が来ていないかチェックをしていきましょう。

 どちらかと言えばサーチコンソールよりもアナリティクスからの連絡が早いように思います。最新版の連絡は英文で来るのが少々困ったものですけどね…。1か月後くらいに翻訳版で大抵連絡が来ますが、重要そうなものはwebの翻訳ページなどを使ってでも確認しておいた方が無難だと思います。

 

警告が来た場合は書き換えや別ブログとして立ち上げる

 万が一警告が来たとしても、Google様はどのページが規約違反なのか教えてはくれません。自分で規約違反に該当すると考えられるページを探し、書き換えする必要があります。

 警告が来る場合に備えて、警告が来そうなページはあらかじめピックアップしておきましょう。ちょっと怪しいとおもう記事は既に書き直しを始めた方がいいですね。

 どうしても警告を解消できない場合は、アドセンスを貼らない別ブログとして立ち上げ、303リダイレクトをかけるなどの対策が必要になるかもしれません。私も仮想通貨のブログを書いていますが、最終的には別ブログとして立ち上げることも考えています。記事のバックアップなどは取っておきましょう。

 警告を解消できない場合は、アドセンスアカウントの取り消しになります。せっかく頑張って取ったアドセンスアカウントですから、取り消しにならないようにできる限りの対処はしたいところです。

 

 さて、今回はブログ運営の記事として、仮想通貨ブログにアドセンス記事が貼れるかどうかと今後の注意点などについてまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか。あくまでの2018年4月段階でのお話ですので、今後のGoogleアドセンスポリシーの動向には気を付けていきましょう。

 せっかく頑張って取ったアドセンスアカウントですから、取り消しなんて嫌ですよね。それでは、今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。