空から降りてくるものたち

音楽や文学、お仕事、ブログ運営などの雑記ブログです。思付いたことを、そのまま書いているような感じですが、よろしくお願いします。

ブログとアフィリエイトの関係について

スポンサーリンク

 こんばんは、ここ最近はブログのことについて考えることが多いので、今日はブログとアフィリエイトの関係について書いてみようと思います。1か月と短い期間ではありますが、アマゾンアソシエイトを取得したり、何回かはてなブックマークの新着エントリーに入ったりした経験を基に、ブログを書き続けることと、アフィリエイトということに主に焦点化して書いてみたいと思います。

 f:id:LukasDecember:20170609233806j:plain

ブログを始めたきっかけ

 私がブログを始めたきっかけは短歌でした。最初はうたよみんというアプリと、ツイッターで短歌を投稿し始めたことがきっかけです。短歌を投稿しているうちに「もっと長い文章も書いてみたい」と思うようになりました。

 

 ブログを始める際に、最近の傾向ですからもちろんアフィリエイトのことも調べてみました。いろいろと個人的に調べて、独自ドメインとサーバーか、無料ブログか、無料ブログで独自ドメインかとか、かなり悩みました。

 

 結果的に無料ブログの「はてなブログ」にお世話になることにしました。「はてなブログ」はプロもありますから、最初から独自ドメインという選択肢もあったでしょうが、私がなぜ無料ブログで始めたのか、まずはそこから書いてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

書きたいという欲求に負けました

f:id:LukasDecember:20170609234030j:plain

 ブログをはじめようと色々調べて時間も費やしてみたのですが、「とにかく何か書きたい」という気持ちが強かったんだなと、1か月前の私を振り返るとそのように感じます。アフィリエイトで副収入が得られれば、もちろん嬉しいですけど、書きたい欲求はその金銭的な欲求を上回っていました。

 そこで、「はてなブログでまずはブログの運営をする練習をしてみよう」という感じに心の方向性が決まり、本ブログを書きだしたわけです。

 

アマゾンアソシエイトを知ってから

 音楽が好きですので、最初は自分の好きなアーティストの紹介記事などを書いていました。そうしていくと、「アルバムの写真を載せたいな。でも著作権とかどうなっているのかな…」と考え始めたわけです。

 

 そこで思い出したのがアマゾンアソシエイトの存在でした。「アマゾンアソシエイト」を取ることができれば、アルバムの写真を載せても、無断使用にならないですし、「おまけでアフィリエイト収入が入ればラッキーかな」という軽い気持ちで取りました。

f:id:LukasDecember:20170609234215j:plain

 幸運なことに、音楽の紹介記事やシュチュエーションに合わせたおすすめ音楽などの記事を書いていたので、アマゾンアソシエイトはブログ運営2週間目ぐらいに、そんなに苦労せず取ることができました。まぁ…数回落ちましたけどね。そのときのブログのモチベーションは「アマゾンアソシエイトの審査に通るぞ!」という意気込みで記事を書いていたように思います。

 

 検索の順位的にはマイナーな音楽ばかり紹介していることもあって1ページ目に表示されるようにはなったのですけれども、マイナー路線ぶっちぎりですから、アフィリエイト収入は全く発生していません(;^_^A

 ページビューもそれほど稼いでくれる記事にはなっていないように思います。その頃に書いていた記事はこんな感じでした。


www.music-an.com

 

www.music-an.com

 

www.music-an.com

 

  ご覧の通りブックマークの数を見ても、それほど人気のある記事とはなっていません。その後、アマゾンアソシエイト熱も少々落ち着いてきて、音楽評的な記事ではなく、自分の書きたいことや考えたこと、自分の体験を基にした記事などを書き始めるようになります。

 

自分の考えや体験を基にした記事を書くようになって

 自分の考えや体験を基にした記事を書き始めて、すぐに変化が表れ始めました。そのような記事を書くようになって、いきなりページビューが上がってきたのです。その時の記事はこんな感じでした。

 

 

 ブログの世界でページビューが伸びるのは時間がかかると聞きます。下手をすると年単位を覚悟しなければならないという話もありますので、私の場合、ラッキーな面も多かったと思います。はてなブログなので、つながりやすいという面も多く影響したでしょう。この2つの記事を書いて、個人的に考えたことがあります。

 

アフィリエイトを意識しすぎるとよい記事が書けない

  ブログって皆んさん何のために読むのでしょうか。「自分の知りたい情報を収集するため」とか、「新しい考えに触れたい」とか、そういう考えで読むのではないのかなと思ったのです。アフィリエイト記事は結局は広告ですよね。自分の好きな音楽の書評なら、まだ自分の考えを載せて書くこともできますが、あまりにもアフィリエイトを意識しすぎると「多くの方に読んでいただける記事は書けないのではないかな」と最近思っています。

 

www.music-an.com

 

www.music-an.com

 

 上の2つの記事のブックマーク数と音楽書評記事のブックマーク数を比べていただけるとそのあたりがはっきりするように思います。音楽書評記事のブックマーク数はH29 年6月9日現在で4つです。お仕事体験からなる記事はブックマーク数の合計は21になっています。

 

 そこで考えたことですが「結局は自分の伝えたいことを書かないとページビューにもつながらないのではないか」ということです。好きな音楽の記事でさえ、アフィリエイトを意識しすぎた記事になると、かえってページビューは上がりませんでした。アフィリエイトで副収入を得たいという欲求もありますが、これに自分の考えたことを書きたいという欲求が負けてしまうと本末転倒なのでしょう。

 

最終的には文章が魅力的かどうか

f:id:LukasDecember:20170609235846j:plain

 以上のことから考えていくと、見えてくる答えは一つかなと思います。ブログの本質はアフィリエイトではないということです。自分の考えや体験を魅力的に綴っていけるかどうかなのでしょう。ブログを読みに来ている人はお買い物に来ているわけではないのだと思います。最初から買う気で来る方にならまだしも、「何かを調べよう、調べて文章を読もう」という読者にとって、アフィリエイト記事にはほとんど魅力は感じないのでしょう。やはり「ブロガーは思想と文章力で勝負」ということなのだと思います。ブロガーが目指すのはコピーライターではなく、エッセイストとでも例えればいいのでしょうか。チラシを読んでもらうのではなく、本を読んでもらうとも例えられるかもしれません。読んでいて面白い、楽しい、ためになったと思える記事が書けるかどうかで勝負するとも言えるかな、と思います。

 でも「アフィリエイト収入もちょっとはあるといいな」と思ってしまうのは、許してもらっていいですよね…?

 

 長年ブログを続けている方には「当り前じゃないの」という内容だったかもしれませんが、駆け出しブロガーの端くれとして、備忘録的にでも書いておきたいと感じ、書かせていただきました。自分で振り返りながら書いてみて、「まだまだ修行が足りないな」と感じました。まだ、1か月なのだから当たり前ですね。

 これからも頑張って書き続けていきますので、どうぞよろしくお願いします。個人的な内容の記事になってしまったかもしれませんが、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

ことばの力

ことばの力